DEVRIM KAVALLI / DAL DALA

カラン傘下の新興 “Z” から、ドイツ生まれのクルド系女性歌手、デヴリム・カヴァリ、こちらがファースト・アルバムです。クルドはもちろん、アルメニアやザザ人のいにしえの古謡に材を求め、霧煙る深い森を彷徨うような、ミスティックなナンバーを歌い綴ります。サズ、竪琴、カヌーン、ネイ、ドゥドゥーク、ギター等によるバッキングも、単なるハルク風とは …

続きを読む>

DILEK TURKAN / SUYA SELDOM

>前2011年作ファースト・ソロはカラン・レーベルからのリリースでした。1978年生まれ、トルコ古典声楽女性歌手、ディレク・チュルカンのトルコ・ソニーへ移籍しての2015年新作です。00年代後半からは、カランのスタジオ・ミュージシャン達から成るインストゥルメンタル・ユニット“インジェサス” のメイン・ヴォーカルをもつとめていましたが、卒業?去年の>インジェサ …

続きを読む>

MAR MAR AYE / THE PLEASANT MORNING SONGS

>こちらでもご紹介に預かりました(無断リンク陳謝!)〜 コレまでCDRでしか入ったことのなかったミャンマー名歌手、マーマーイエ後期の代表作と言ってもイイでしょう。で、正規盤CDということに…(これまで、CDRでお買い上げの皆さん、すみません!)。ミャンマー仏教歌謡のたおやかさ、たっぷり楽しめる内容です。お顔の感じからして米国亡命(98年)以前の9 …

続きを読む>

JACKIE OATES / THE SPYGRASS & THE HERRINGBONE

  遅くなりました。イングランドのウェスト・ ミッドランドはスタッフォードシェア出身の女性歌手、 ジャッキー・オーテス2015年春の新作〜 ソロ6作目となります。 今作はトラッドな感覚+プライヴェートな感覚も滲む フォーキーな作風ですが、相変わらず聴き応えあり!

続きを読む>

NYNKE / ALTER

★ニンケ/オルター 希少言語フリジア語で歌う女性シンガーが誘う無国籍ヨーロッパ歌謡の世界! オランダ北部のフリースラントと呼ばれる土地は、希少言語語が公用語として使われているなど、特有の文化を持っている。そんなフリースラントから登場したニンケは、フリジア語を使った歌詞をメインにした独自の歌唱スタイルを持つ実力派の女性歌手だ。本作はその彼女が2013年に発表し …

続きを読む>

MAMY KANOUTE / MOUSSO LOU

バオ・シソコのプロデュース。元バーバ・マールのバックヴォーカリスト、マミ・カヌーテの野心作。 ダカールでシソコ系・カヌーテ系のグリオ家族を総動員してコラ、バラフォン、ギター、女声コーラ スを固め、さらに壮麗なストリングス隊を加え…。バーバ・マール、ディディエ・アワディ、バオ・ シソコ、ウーテル・ヴァンデナベールなどが参加。美しく調和に満ち、繊細で …

続きを読む>

ドー・カインズィンシュエ / BEAUTY OF TRADITION ミャンマー伝統音楽の旅で見つけた仏教の歌

*重要なお知らせ!>http://www.airplanelabel.com/myanmar/movie.html >https://twitter.com/maynmar_ap 昨年発売された前作>「BEAUTY OF TRADITION」に続く、ミャンマー古典音楽最新現地録音盤第二作。女性歌手カインズィンシュエをフィーチャーし、仏教の歌を掘り下げた内容。 …

続きを読む>

ANNA SATO 里アンナ / TSUMIGIUTA 紡唄

その圧倒的な声と歌唱力で聞く者の心を惹きつける里アンナ。満を持して、全編ふるさとの奄美の島唄の演奏と唄をひとりでやり遂げたアルバム『紡唄』を発表します! ●今まで7枚のアルバムをリリースしており、全曲が島唄というアルバムも2枚発表していますが、すべてをひとりでやっているというのは今回が初の試みです! ●アルバム・タイトルの『紡唄』は、祖父から紡がれた唄、そし …

続きを読む>

MINYESHU / BLACK INK

再々々々々々入荷 !! いつものように>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝!)。オランダ在住のエチオピア人美形シンガー、2013年作です。オランダのクラブ系ユニットZUCO 103の中核、Stefan KrugerとStefan Schmidらがプロデュースや作曲で参加し、アコースティック楽器からエレクトロニカまで自在に行き来しながらも、エチオピア音階 …

続きを読む>

DILEK KOC / SOUVUNIR DE SALONIQUE

タイトルは『サローニキの思い出』とでも、サローニキ(もしくはサローニカ)といえば、ギリシャ第2の都市、テッサロニキのこと。アテネと同じく港湾都市で、ビザンティン帝国、オスマン・トルコ時代はコンスタンティノープル(現イスタンブール)に次ぐ都市だったそうです。ま、そんな歴史ある街にイスタンブールの音楽大学を卒業し2005年に移住したトルコ人女性歌手、ディレク・コ …

続きを読む>

SEVVAL SAM / TOPRAK KOKUSU

シェヴァル・サム2015年6月の新作が届きました!トルコ古典歌謡(サナート)はもとよりターキッシュ・タンゴ、アラベスクやアナトリア民謡(ハルク)、そして黒海フォークロアやミクスチュアーPOPまでアルバムごとに歌いこなしてきたシェヴァルですが、ここに来て、もう一つのステップを踏む野心作とでも言えそうな今作〜そこにはアナトリア周辺に住まう様々な人々、民俗、言語に …

続きを読む>

SOFIA PAPAZOGLOU, CHRIST TSIAMOULIS / HRISTOS TSIAMOULIS

ベルギーはブリュッセルに生まれ、家族とともにギリシャはテサロニキへ移住、その後6歳の時から歌いはじめたというソフィア・パパゾグルー、1996年にCDデビュー、本作で8作目のアルバムとなります。ダラーラス / グリケリア / エレフセリアといった歌手に信頼され、そのライヴにバック・ヴォーカルとして参加して来たというこのソフィア嬢、なるほどいつものこと、なかなか …

続きを読む>

KATERINA PAPADOPOULOU / AMIGDALAKI TSAKISA

伝統的なギリシャ歌謡、民謡を歌い続けているアテネ生まれの女性歌手、カテリーナ・パパドプールの08年リリースファースト・アルバムです。8歳の時からコーラス・グループで歌いはじめ、ビザンティン音楽 / レンベーティカ / デモーティカ / アナトリア(小アジア)音楽を学び、自らフィールドワークもして来たという才媛です。これまで様々な歌い手、作曲家、インストゥルメ …

続きを読む>

TAN NHAN / CHIEU NANG

  >こちらの後の2014 年作になるかと思います。 が、今作では、ジャズ的要素は皆無、民歌風POPナンバーにおいて、その高い歌唱力を披露してくれるのでした。透明な高域ヴォーカルを浮遊感ある節まわしで聞かせています。それにしてもハイトーン尽くし、平均的な民歌風POPの中では、かなり凝ったバッキングの中、真っ青な空を駆るような歌声を縦横に聞かせてくれ …

続きを読む>

go top