OPPIE & SUARA ANAK BUMI / LAGU UNTUK BUMI

社会派のSSWとして絶大な信頼を持つ女性OPPIEの2011年のDengan Hati Senang以後久々の新作。所々子供達のコーラスを起用してとってもエコでヒューマンタッチの作品となった。それとなくボブ・マーレィの名曲「ノー・ ウーマン・ノー・クライ」を思わすtr.1、独特の節回しによるブルージィなtr.2などインドネシアにありがちな子供向けの作品とは全 …

続きを読む>

AZIZA BRAHIM / SOUTAK

1976年生まれ西サハラを故郷としながら、アルジェリアの難民キャンプで育ち、10代にはキューバへ留学、その後アルジェリアへ戻り音楽活動を開始、20代半ばからはスペインを拠点に歌って来たアジザ・ブラヒム〜2012年の>フル・アルバムに続く3ndアルバム(ファースト09年作はダウンロードのみのミニ・アルバム)です。前作に続き本作でも、ディープに砂漠のメリスマを聞 …

続きを読む>

EMELINE MICHEL / REINE DE COEUR

ハイチを代表する歌姫、エメリーヌ・ミッシェル08年作です。変わらずキレイですねえ…、さすが元パリコレ・モデル!というようなこ とはともかく、ハイチ文化親善外交の要!?来日も何回かしてくれて、親近感はいや増すばかりですが、この3年ぶりとなる作、これまで通りのシャンソ ン・クレオール路線を基本に、これまで以上にハイチの歌謡音楽をしっとりと新鮮な感覚で …

続きを読む>

VECINA / FOTO DE UN BUEN DIA

ベネズエラの弦楽器クアトロを弾き歌う女性ヴォーカリスト、ラウラ・レデスマと、ウクレレやカホン、マラカスを操るマリアネラ・クッサーニのふたりがフロントに立つグループ、ベシナ。伝統楽器もフィーチャーしながらもパーソナルな感覚がにじむSSW女性デュオということになるんでしょうか?〜淡々と歌い、淡々と生きてるんでしょうねえ、自然さ、欲のなさ、どこか漂白されたエゴが爽 …

続きを読む>

BIRSEN TEZER / IKINCI CIHAN

セゼン・アクスに曲提供することでも知られるロック出身のギタリストにて作曲家、ビュレント・オルタチギル(1950年生まれ)とともに1990年代にグループを結成、後年ビュレントとのデュエットでも幾つかのアルバムをリリース、いわゆるWestern Influencedなトルコ的音楽活動を続けてきた女性SSWビルセン・テゼールのソロ2作目(年齢不詳ながら40代後半? …

続きを読む>

NAWAL BEN KRAIEM

チュニス生まれ、16歳からフランスに、 09年にデビュー作、 女優としても、トニー・ガトリフの映画常連、 英語、仏語、アラビア語で歌う。 パリのチュニジア仏ハーフ女性として、 自然な歌、音楽性だと思います。 Nawel Ben Kraiem – Chant Nassim Kouti – Guitare -gumbri Tim Whel …

続きを読む>

GEORGIA RUTH / WEEK OF PINES

ウェスト・ウェールズ生まれ、子供時代から弾いたハープのピッキングは、バート・ヤンシュのスリーフィンガーの影響を受けたそう…。リバプールの港で、ウェールズの船乗り達が歌い伝えた曲や、ジョーン・バエズがハリー・スミス経由で歌ったアパラチアン・トラッドを交えながらも、自作自演曲をつづるSSWジョージア・ルースの、メランコリーかつちょっとストレンジでキュ …

続きを読む>

SARA TAVARES / XINTI

なんでなのか?ということもないんですが、俄然、売れ続けている作ですね。当店としては珍しい?爽やかな女性ヴォーカルのベストセラー?カボ・ヴェルデ出身の両親のもとリスボンで生まれ育った気鋭の女性シンガーソングライター、サラ・タヴァレス09年作です。来日公演でその繊細な歌声を印象づけてくれたカボヴェルデ〜ポルトガル語圏音楽、期待の若手ということになるでしょう。今作 …

続きを読む>

YUNA / NOCTUNAL

マレイシア新進女性SSW〜14歳から作曲を開始し19歳で音楽シーンに登場。当時はまだクアラルンプールの大学で法律を学ぶ学生だった彼女は、ネット上で自ら売り込みをかけ人気を集めたという話しは有名。 ファイストやカーディガンズが好きという彼女だけに、スウェーディッシュでフォーキーなノリのサウンドが要?こちら2013年秋の米国デビュー(verve recordin …

続きを読む>

VANESSA TM / SIMPLIFY (Mini Album)

インドネシアの注目女性SSWというフレ込みで、DEMAJORSレーベルからのミニ・アルバムです。アコースティックギター弾き語りのジャカルタ若手です。ベースやピアノ、ストリングス等も加わるフォーキーな演奏に乗せて、ノラ・ジョーンズ風?の歌い口(インドネシア語&英語)を聞かせるインターナショナル派、ですね。ダンドゥットやムラーユの精神は微塵も感じさせませんが?? …

続きを読む>

LHASA / THE LIVING ROAD

メキシコ系女優を母に持ち、スペイン文学研究者を父に持ち、自らも一時期メキシコに住まったという~ニューヨーク生まれの若手女性シンガーソングライター~ラサのセカンド!ファーストは30万枚のスマッシュ・ヒットとなったそうですが、こちら新作~メランコリックでアンニュイなメキシコ歌謡=ランチェーラ風を中心に、フランス語、英語の歌も交えて、より不思議なアコースティック& …

続きを読む>

KARI BREMNES / FANTASTISK ALLEREDE

ノルウェーを代表するヴェテラン女性歌手/ソングライター=カリ・ブレムネス活動歴30周年を記念して作られた代表曲・再演/新録ベスト2CD!ECMレーベルで知られるオスロのレインボー・スタジオにおいて、ECM系ミュージシャンたちに囲まれ作られた、これまた大人っぽいムードと北欧テイストに満ち溢れた~、いかにも冬の夜に聞いてイイ雰囲気のリラックス&空間的な広がりを感 …

続きを読む>

KARI BREMNES / OG SA KOM RESTEN AV LIVET

ロフォーテン諸島出身〜ノルウェーを代表する知性派女性シンガーソングライター、カリ・ブレムネスの今のところ最新作。シンプルながらジャズ/ロック/トラッドを微妙にミックスし熟成させたようなバックに乗せ、語るようでいてメロディアスな歌を綴ります。どこか諦観を感じさせるソフトな大人の女らしさ?イイですね。

続きを読む>

go top