MARIA GADU / NOS

サンパウロ出身の若手SSWマリア・ガドゥ。2011年にはカエターノとのデュエット作を発表するなど、その才能が高く評価されてきた彼女が、これまでに残してきたデュエット音源を集めた編集盤が登場しました。ここにはそのカエターノをはじめ、ジル、ミルトン、アナ・カロリーナ、イヴァン・リンス、サンドラ・ジ・サーといったMPBのスターたちのほか、ジェシー・ハリスやイーグル …

続きを読む>

MARIANA BARAJ / SANGRE BUENA

〜来日記念盤となります! マリアナ・バラフはブエノス・アイレスのパーカッショニストにしてSSW。2002年のアルバム・デビューからフォルクローレをベースに、2000年以降のアルゼンチンの先進的な音楽ムーヴメントと協調しながら、アブストラクトなダンス・ビートを創り上げたり、前衛ジャズとの融合や音響的なアプローチなど、いわゆる“ネオ・フォルクローレ”の文脈の中で …

続きを読む>

ASA / BEAUTIFUL IMPERFECTION

「この世界は不完全なものがいっぱい。しかし、さまざまな形で、それが世界を美しくしている。世界が不完全なものであるということを私たちが受け入れていけば、さらにより良い場所にしていこうと頑張ることが出来る。私はそう思う。」by アシャ、ということで、よろしく、どうぞ。 http://www.youtube.com/watch?v=MNUgJMDsOu

続きを読む>

CHIWONISO / REBEL WOMAN

アフリカ南部に位置するジンバブウェは現在、世界最悪のインフレにあえいでいますが、そんな状況に屈せず、音楽活動をしているのが、このチウォニーソ=ムビーラの名匠・故ドゥミサニ・マライレの娘としてアメリカに生まれた彼女、9歳にして両親とともにアルバムを発表しデビューし、ジンバブウェの伝統音楽と同時に、米国の黒人音楽などにも影響を受け、アフリカの伝統的な精神を軸にし …

続きを読む>

EMEL MATHLOUTHI / KELMTI HORRA

ジャスミン革命以前から、チュニジアにおいて女性の権利のために歌い、現在はパリで活動を続けるプロテスト女性歌手エメル・マトルティのワールドワイドデビューアルバム。UKのトリッキーとも共演を果たしていたらしく、そのトリッキーを思わせるダークな打ち込みにフレームドラムやストリングスをフィーチャーしたサウンドは、彼女のアルアンダルース的な線の細いメリスマボイスに非常 …

続きを読む>

FLORENCIA RUIZ / TIEMBLO E.P.

ブエノス・アイレスで幼稚園の音楽教師をしながら音楽活動をする女性シンガー・ソングライター=フローレンシア・ルイスの新作ミニ・アルバムです。ポスト・ファナ・モリーナと呼び名も高かった~フォーク・インプロヴィゼーションを展開した初期を経て、ヴォーカルの存在感を活かしたエフェクティヴなバンド・サウンドへ傾倒したこの08年作~ブエノスのインディー・シーンからセバ・ラ …

続きを読む>

ELI-U / CREO EN LOS ELEFANTES

本作がデビュー盤となるエリ・ウは、ウルグアイ出身の女性シンガー。70年代から90年代にかけて活躍したシンガー・ソングライターの「エル・プリンシーペ(王子)」こと、グスターボ・ペーナ・カサノーバの娘です。そんなエリ・ウのデビューアルバムに収録された楽曲は、すべて亡き父がカセットに録音し残していた未発表曲。彼女は、発表されずに残された数々の楽曲に、彼女が培ってき …

続きを読む>

SANDY / SIM

かつてサンディ&ジュニオルのメンバーとして活躍していた女性ポップ歌手サンディの自らのディレクションとなるソロ第2弾となる2013年新作がやっとのことで再入荷(半年かかりました)!〜で、これまで通りポップ&スウィート!なスタイルは健在です。が、それにしても、なんと、飾りないフツーの発声、衒いなく、屈託皆無、素直で可愛らしい歌声!シンプルな伴奏に乗せて、ただただ …

続きを読む>

LETICIA PERSILES / AS CANTAS DE AMOR E SAUDADE

それにしてもイイ感じのジャケですね!ロック・バンド、マナカーの女性ヴォーカリスト初のソロ作は、バンドでのサウンドとはまったく趣の違うSSWマナーのアコースティック・アルバム。共同制作、アレンジャーとしてアコーディオン奏者のトニーニョ・フェラグッティがクレジットされており、フラメンコ・ギターを弾くアラン・アルバスやコントラバスのグト・ヴィルチらによるアコーステ …

続きを読む>

SOUAD MASSI / THE DEFINITIVE COLLECTION

2000年代にマグレブから登場した女性歌手の中でも最も印象的だったのは、アルジェリアのシンガー・ソングライター、スアド・マシだったんじゃないでしょうか。首都アルジェ近郊に生まれた彼女は、彼の地独自の歌謡スタイル “シャアビ” を基調としつつも、時に欧米音楽の要素を加えた平明なアレンジを聞かせ、大きな人気を獲得しました。本作はそんな彼女 …

続きを読む>

SOUAD MASSI / O HOURIA – LIBERTY

アルジェリアのティシュ・イノホーサことスアド・マシ(なんて誰も言ってませんが)~アラビック&シャアビなテイストと、欧米風のフォーキーでメランコリックなサウンドを融合した独自の音楽性を持つアルジェリア人女性シンガー・ソングライター、スアド・マシが久々にシーンに戻ってきてくれました。スタジオ録音盤としては2005年の大ヒット作『メスク・エリル』以来5年ぶり。母と …

続きを読む>

SOUAD MASSI / ACOUSTIC, THE BEST OF

在仏アルジェリア系女性シンガー・ソングライター、スアド・マシ、初のライヴCD!~ベスト、とありますが、これまでの3枚のアルバムからセレクトされた自作曲を、ライヴで綴った新録で、録音は07年の1月末、フランス東部の街サン=ルイにあるクポール劇場で、伴奏は気心の知れたバック・バンドの面々、シンプルなアクースティック・サウンドをバックに、スアドの歌声とギターがシャ …

続きを読む>

SOUAD MASSI / ACOUSTIC, THE BEST OF

フランスで活躍するカビール/シャアビ系SSW、スアド・マッシのDVD~これまでの2枚のオリジナル・アルバムからのレパートリーを、ギター弾き語りを中心とした純アコースティックなスタイルで演じた2007年1月のライヴ映像DVDです! CD版の『アクースティック・ライヴ』に収録されていた全曲に加え、あらたに5曲を追加~そのエクストラ・トラックの中には、これまでのア …

続きを読む>

SOUAD MASSI / DEB (HEART BROKEN)

アルジェリアから登場した若手女性フォーク&シャアビ系シンガー=スアド・マッシ~2001年のデビュー作『語り部』では、“ジョーン・バエズの再来”と、フランスでもてはやされました。ウードやダルブッカも取り入れた演奏の中で、まさにフォーキー&地中海/マグレブの香り高いギター弾き語りを聞かせます。ファースト『語り部』はベン・ハーパーとの仕事で知られるギタリスト、ボブ …

続きを読む>

go top