MARTA GOMEZ / CONTIGO

コロンビア女性シンガーソングライター、ガルシア・ロルカの詩を自ら作曲した5曲はじめ、近年の録音から寄りすぐった17曲を収録したベストCDとなります。クンビアやランドー、クェッカ、サンバ、ソン、プージャ、フェスティーホなど、ラテン・アメリカの様々ばリズム感を生ギター中心でアコースティックに表現した自らアレンジのバックも秀逸!

続きを読む>

MONICA SALMASO / CORPO DE BAILE

Dori Caymmi, Paulo Aragao, Proveta, Nelson Ayres, Teco Cardoso, Tiago Costa 〜というアレンジャー / 音楽家の面々がクレジットに並んでいるだけでも、気になるところでしょう。加えて、カルロス・ゴメスの弦楽四重奏、吹奏楽キンテート・スジェイト・ア・ギンショ全面参加にて、ギンガ作曲&作詞パ …

続きを読む>

MALTA VALDES / EN LA IMAGINACION

☆マルタ・バルデース / イメージのフィーリン 遅れてやってきた“フィーリンのミューズ” マルタ・バルデース。彼女が1991年に残していた幻のソロ・アルバムを、リマスターで蘇らせました。 ●ホセ・アントニオ・メンデス、セサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルス、グユンらの単独アルバムや好コンピレーションの発売により、キューバ~ラテン・ファンからジャズ・ヴォーカル・ …

続きを読む>

NICOLE MAGUIRE/ WHAT YOU REALLY MEAN

ミッチェル・フルーム、プロデュース アイルランドのナチュラルな女性シンガー・ソングライターがデビュー!  ニコール・マグワイアはアイルランド南部コーク・シティで生まれたシンガー・ソングライター。ロー・ティーンの頃から音楽活動を始め、15歳でライヴ活動を開始した彼女は、当地の大物アーティスト達に認められサポート・アクトとして大きな舞台に羽ばたいた。ライヴを活動 …

続きを読む>

AMELIE-LES-CRAYONS / MELI-MELO

デビュー10年の区切り、チェンバーFOLK風味のファンタジックなシャンソンで人気、リヨン出身のアメリー・レ・クレヨン率いるグループ “アメリー・レ・クレヨン” の未発表ヴァージョン集(ライヴ、デモ、オルタネートテイク、ラジオセッション…)であると同時に、BEST CDにもなるよーな選曲、ということで集められた 18 トラック+1インストヴァージョ …

続きを読む>

BRUNA MORAES / OLHO DE DENTRO

ブラジルから注目の正統派MPB女性SSWがデビュー! 実に爽やかな息吹を運んでくれる若手シンガー・ソングライターがブラジルから登場した。2013年に僅か18歳でデビューしたブルーナ・モラエスは、ヴィオローン(ガットギター)の弾き語りという、往年のボサ・ノーヴァのスタイルをしっかりと踏襲。そして独自の感性で紡いだオリジナルのメロディー・ラインは、とても18歳の …

続きを読む>

AYO / TICKET TO THE WORLD

☆アヨ / チケット・トゥ・ザ・ワールド ☆“音楽は単なるエンターテインメントじゃありません。音楽は不正と闘うための武器にもなるし、革命の起爆剤にもなります。” ─ アヨ ☆ナイジェリア人の父とルーマニア出身のジプシーの母を持つアヨ。波乱と旅の人生から掴んだミュージシャンへの道。その強い意志を持ったポジティヴな歌声が日本に届く! ★ナイジェリアのヨルバ語で& …

続きを読む>

IRMA / FACES

2011年、カメルーンから飛び出し、パリを足場にファースト・アルバム “Letter To The Lord” をヒットさせ、米国にも進出した24歳SSW、イルマのセカンド〜というわけで本作は完全USレコーディング、とはいえ、変わらずこの童顔、そのしなやかな声で、ギター&マンドリンを弾き語るフォキーSOUL〜何と言いますか、酷薄で憂い …

続きを読む>

JOAN BAEZ / CHANT ET GUITARE + INCONCERT 1962

フランス人は「ジョン・ベーズ」と呼ぶそうです。日本では「バエズ」、米国では「バイエズ」らしいです。…だから何だということもないのですが、個人的にはバエズのファンだっかことがなかったので、こうして聞いてみると実に新鮮。プロテスト云々というより、この歌声、イングランドのトラッドとかアパラチアン・フォークから由来しているのかとも思いますが、そのどこか直 …

続きを読む>

DOLORES DURAN / OS ANOS DOURADOS DE DOLORES DURAN, 50 anos depois

ドローレス・ドゥラーンのボックス・セットです!サンバ・カンソーンの全盛期でありボサ・ノーヴァが誕生しようとしていた1950年代後半を代表する女性歌手/作曲家=ドローレス・ドゥラーンの全オフィシャル録音を網羅したボックス・アルバムです!6枚がドローレスのLPアルバムをオリジナルのまま復刻したもの、そして残りの2枚は、さまざまな歌手たちによって歌われたドローレス …

続きを読む>

YAEL NAIM / SHE WAS A BOY

ヤエル・ナイムはアルバム・カヴァーに描かれている小鳥のようなアーティストだ。世界中の大空を自由に羽ばたき、しかも可憐なさえずりと色鮮やかな羽根を持つ一羽の小鳥。『She was a boy』は、こんなヤエル・ナイムの、約3年ぶりの新作である。 音楽的な幅の広さと陰影の深さ、そしてエトランゼおよびディアスポラ性。このすべての点において、ヤエル・ナイムは一段と飛 …

続きを読む>

PINAR DONMEZ / HAYATA EVET

        イスタンブール生まれ、ヴォーカルトレーニングやクラシックギターを習得、オランダへ移り住み、アムステルダムでも音楽院へ通い、卒業後はアムスでジャズ〜ワールドミュージック系のグループを組んでいたそう。ふ〜ん、そんな感じですね、確かに。爽やかな歌声でギターを弾き語るプナール・ドンメス、こちら帰国後のデビューア …

続きを読む>

KIVILCIM URAL / RUYA RAPORLARI

  イスタンブール育ち、クヴルジュム・ウラル、 デビュー作です。全曲ギター1本弾き語り !! 父親はアナドルロックのギタリストだったそう。 タイトルの意味は “DREAM REPORTS ” 〜歌詞の意味が知りたいものです。 甘いものいっぱいのジャケもストレンジです。 で、突然思い出しました。全然関係ないんですが、 このクヴ …

続きを読む>

KLO PELGAG / L’ALCHEMIE DES MONSTRES

再入荷です!カナダ・ケベック出身、ピアノ、ギターを弾き語る24歳の女性シンガー・ソングライター、クロ・ペルガグ(本名クロエ・ペルティエ・ガニョン)の初アルバム。巧みなメロディー作りと飾らない歌い口はファイストやカミーユを思わせます。ジョセフ・ラカイユやモリアーティ、ベイルートを思わせるピアノ、ストリングス、管楽器などの生楽器を総動員したクラシカルなサウンドは …

続きを読む>

go top