V.A. / HIDDEN MUSIC VOL. 4, ABATWA (THE PYGMY) Why Did We Stop Growing Tall ?

知られざる伝統的な音楽を紹介するシリーズ第四弾 〜虐げられてきたピグミー達の現在を反映したストリート・サウンド! ドイツの人気レーベル〈Glitterbeat〉が世界の知られざる伝統的な音楽を発信するシリーズ、ヒドゥン・ミュージックス。その第四弾となる本作は、ルワンダの山岳部で差別と抑圧に絶えながら生き延びてきたアバトゥワ族(ピグミー)達の音楽にスポットをあ …

続きを読む>

GAEL FAYE / PILI PILI SUR UN CROISSANT AU BEURRE

処女小説『プティ・ペイ』でフランス最高峰の文学賞である ゴンクール賞候補に上がっている 34 歳ラッパー,ガエル・ファイユ。父フランス人/母ルアンダ人の 混血。ブルンディとルアンダで育ち、90 年代の大虐殺を実体験した。2013 年の初ソロアルバム。(エクスポーター資料から) ルワンダのアフリカンメロディーとシャンソンの内省が同居する、現代のフランス必然的作 …

続きを読む>

THE GOOD ONES / RWANDA IS MY HOME

  ティナリウェンの『タッシリ』のプロデューサーとして知られるイアン・ブレナンが手掛けた新作。これまでにマラウイ・マウス・ボーイズやアチョリ・マチョンなど、ユニークなストリート系アフリカン・アーティストを多く手掛けてきた彼が、今度はルワンダのフォーク系バンド“ザ・グッドワンズ”を紹介。アコギとプリミティヴなパーカスだけのシンプルな伴奏で、素朴で温か …

続きを読む>

V.A. field recordings by HUGH TRACEY / RWANDA – At The Court Of The Mwami, Ruanda, Tutsi, Hutu, Twa 1952

  ビーンズ・レコード「ヒュー・トレイシー幻の50年代アフリカ・フィールド・レコーディング」の国内未配給分CD。本録音は、ルワンダで1952年に録音されたもの。ツチ、フツ族などの王族音楽団のドラム・アンサンブル、ラッパ・アンサンブルを中心に、素朴なコーラスなども収録。驚異的な音質の良さは証明済み。ジャケットの美しさも秀逸!

続きを読む>

THE GOOD ONES / KIGALI Y’IZAHABU

20世紀を通じて、不幸な歴史を辿った中部アフリカの小国、ルワンダのギター&ヴォーカル・トリオ、初のアルバムだそうです。なんだか、20世紀前半のアフリカン・ギター/カフェ・ミュージックをそのまま聞くようで、繊細この上なし~取り扱い注意、壊れ物のような可憐さ?アフリカンPOPの原点回帰?これは癒されます。

続きを読む>

CECILE KAYIREBWA / RWANDA

イイんですねえ、コレが、名著 “POP AFRICA 800” は東アフリカのルワンダの項目にたった1点選ばれた女性アーティスト〜ルワンダ各地の民謡を、自ら奏でる親指ピアノや楽弓、簡易な笛など、キーボードやベースを伴うシンプルな伴奏で歌っています。1986年と90年の2本のカセットから選曲された11曲。大地や森から湧き出るような歌、ラ …

続きを読む>

go top