ABLAYE CISSOKO & VOLKER GOETZE / DJALIYA

セネガルのグリオ・コラ奏者/歌手のアブライエ・シソコとニューヨーク在のドイツ人ジャズ・トランぺッター、フォルカー・ゲーツェのデュオの3枚目。前作”AMANKE DIONTI”(2012 年)はフランスで1万枚のセールス。今回はパーカッショニストとしてフランソワ・ヴェルリー(ONJ,Andy Emler…)を迎え、トリオでの …

続きを読む>

JULIA SARR / DARALUDUL YOW

リクエストが絶えず再々々入荷です!なるほど、コレはもっとオススメしておくべきだったCDだったかも知れませんね。〜パリ在25年のセネガル出身女性歌手(+作詞作曲)。サリフ・ケイタ、ロクア・カンザ、ユッスー・ンドゥール、MCソラールなどのバックヴォーカリストとしてキャリアを積み、これが2作目のソロCD。アフロ・ベースのジャズモード・アルバムとでも…、 …

続きを読む>

ABY NGAHNA DIOP / LIITAL

>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝)!へえ〜、寡聞にして知りませんでしたが、曰く “ウォロフの女性グリオが吟じてきた伝統的なタスを、ポピュラー音楽の場に持ち込んだのが、このアビィ・ンガナ・ジョップだったんだそうです”。なるほど、ンバラが変質してしまったのは、サバール・ダンスのせいだけではなかったわけですね。“タス (Taasu)” …知り …

続きを読む>

WASIS DIOP / JUBU BEK

セネガル/ダカール出身のワシス・ディオップ~1950年生まれのワシスは17歳の時にエンジニアの勉強のためパリに渡り、その後にプロの音楽家としてデ ビュー/ソロで活動する一方で映画音楽などでも活躍するアフリカ有数のサウンド・デザイナー/資質としては、やはりマヌ・ディバンゴの流れでしょうね。~日本人サックス奏者清水靖晃とも古くから交流があり親日家としても知られる …

続きを読む>

YOUSSOU N’DOUR / IMMIGRES

すべてはここから始まった。英アースワークスは、80年代を象徴するワールド・ミュージック・レーベルとして知られるが、20年という時を経て、新たな息吹を与えられて甦った。ユスが、セネガルを飛び出そうとしていた時に録音された、このアルバムから伝わってくる刺激的なヴァイブレーションは何だ! 時代の寵児となる、野性溢れるユッスーのサウンドを聞け!

続きを読む>

V.A. / LATIN THING

1970年代後半、POPンバラ黎明期の録音集なれど、こちらは60年代から続くセネガリーズ・ラテンの最後の輝きを収めたコレクションCD~マー・セッ ク、ロイヤル・バンド、NO.1 DE ダカールほか、他の西アフリカ諸国と同様、主にキューバン・グァヒーラの影響下にある演奏が並ぶ。セネガル版“グァヒーラ・グァンタナメラ”も聞けます!

続きを読む>

ROYAL BAND, DIEUF DIEUL / MEANWHILE IN THIES….dakar sound vol.9

ダカール近郊のティエスを拠点に活動したロイヤル・バンド x6曲、デューフ・デュールx2曲の複刻集=80年代初めの音源です。ほぼ7分から10分くらいの長尺曲で、ンバラ黎明期の、サイケデリックとも言えそうなギター&ホーンズに絡むタマの乱れ打ち、ばっちり楽しめます。 特に冒頭ロイヤル・バンドの一曲目、伸び上がるヴォーカルとともにセネガル・ポップ史に銘記されるべき名 …

続きを読む>

V.A. / 100% PURE DOUBLE CONCENTRE

CD1にはスター・バンド NO.1 やエル・ハジ・ファイ、ンディガ・ンベイ、マペンダ・セック、ORCH. バオバブ等による1970年代のPOPレアー音源が収められ、CD2 にはチョーン・セック&アンサンブル・シャウフェール・ビによる70年代録音~セネガル/グリオの伝統的歌唱が収められた変則的2枚組です。 CD 1 V.A. Dakar Sound Volum …

続きを読む>

ORCHESTRA BAOBAB / SPECIALIST IN ALL STYLE

★オーケストラ・バオバブ / スペシャリスト・イン・オール・スタイル セネガルの名門バンド、オルケストラ・バオバブ…、なんと新録です。ブエナ・ヴィスタの仕掛人ワールド・サーキットの社主ニック・ゴールドが、世界で一番好 きなバンドがバオバブだったそうで、その新録をプロデュースするのが、永年の夢だったそうです!で、内容のほどは…、これはやっぱり、自分の耳で確かめ …

続きを読む>

THIERNO KOITE / UBBITE

エトワール・デ・ダカール/オーケストラ・バオバブ/オーケストラ・ドゥ・サヘルといったセネガルの名門バンドを渡り歩いて来たサックス奏者の~昨年に続いてリリースされたソロ2作目!ノスタルジックな味わいがあった前作の路線を受け継ぎながら~4人のヴォーカリストを迎え、ンバラも演じる新作です。が、変わらず、チエルノ・コイテのサックスをフィーチュアーし、タマはじめ各種打 …

続きを読む>