KORA JAZZ BAND / ALL BLUES

コラ・ジャズ・トリオ改めコラ・ジャズ・バンド~ジャズでも、アフロでもないピアノとコラとパーカッションが織りなす即興アンサンブル~メンバー・チェンジ、そして新メンバーの急死を乗り越えて作られた本作ですが、ゲスト=マヌ・ディバンゴの軽快なマリンバが印象的なマイルス・ディヴィスの「オール・ブルーズ」で始まり、ティト・プエンテの代表曲(そしてサンタナでも知られる)「 …

続きを読む>

IDRISSA DIOP & CHEIKH TIDIANE TALL / DIAMONOYO TIOPITE, L’EPOQUE DE L’EVOLUTION

キューバンからの影響によって始まったセネガリーズ・ラテンPOPシーンの中で、いち早くウォロフの打楽器サバールを導入~POPンバラへ道を拓いたいう70年代の重要バンド(だったということが本複刻で証明されたとも思える)サヘル、及びそのサヘルにヴォーカリストとして在籍していたイドリッサ・ジョップとギター&オルガン奏者、シェイク・ティディアン・タールのそれぞれの音源 …

続きを読む>

MOKOBE / MON AFRIQUE

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏アフリカ系ラッパー=モコベのファースト・ソロ・アルバムは、1曲ごとに豪華スターが参加、オール・スター競演CDとなりました!サリフ・ケイタ/ユッスー・ンドゥール/ヴィヴィアン/マヌ・チャオ/アマドゥ&マリアム/セクーバ・バンビーノ・ジャバテ …

続きを読む>

MOKOBE -113 / AFRICA FOREVER

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏セネガル系ラッパー=モコベのセカンド・ソロ・アルバム2011年作となります。ワスル大御所、ウームウ・サンガレから、ンバラ若手のムバイエ・ジェイ・フェイ、クレオール系カナディアン女性歌手、ナタリー・ブルや、ギニアのキゾンバ系男性歌手?フォデ …

続きを読む>

THIOSSANE ABDLAYE N’DIAYE /S/T

セネガル / ダカール近郊に生まれ、1960年代にラジオ放送で歌いはじめ、画家やシナリオ・ライターとしても活躍し、60年代には名の知られたマルチ・アーティストとなり、1966年には初代大統領レオポルド・セダール・サンゴールが主催した“ネグロ・アーツ・フェス・オヴ・ダカール”でもパフォーマンスを披露したということです。~そして月日は流れ、45年間を経てこのCD …

続きを読む>

OMAR PENE / NDAYAAN

ユッスーは大統領選に出るそうですが、ユッスーより三つ上のンバラ歌手~シューペル・ジャモノ・ド・ダカールのヴォーカリストだったオマール・ペンの12年最新アルバム~前作が「NDAM」だったのに対して今度は「NDAYAAN」とよく似たタイトルです。~って、そういうことはともかく、生涯一POPンバラ歌手としての意地が光ってますね!?地味なプロダクションながら、過剰な …

続きを読む>

TETE / LE SACRE DES LEMMINGS

  『ア・ラ・ファヴール・ドゥ・ロートン』から3年…テテ待望の新譜がいよいよ届きました!ファルセットを巧みに利用した歌声、耳に残るメロディー、そして何気なく聞こえながらもアイデア満載のアコースティックなサウンド・プロダクション~テテにしか表現出来ない世界が拡がっています。今回はレミング(北極たびねずみ)という哺乳動物の特異な生態をテーマにした、テテ …

続きを読む>

HABIB FAYE / H2O

ユッスー・バンドの超絶ベーシスト、ハビブ・フェイの豪華新作アルバムです。Lionel Fortin(kbd) JEAN-PHILIPPE RYKIEL(kbd) KARIM ZIAD(dms), STEVE SHEHAN(perc) LAMINE FAYE(g) NGUEN LE(g) GREGOIRE MARET (harmonica)…. こ …

続きを読む>

ABDOU DIOP / NOOTEE

セネガル南西部、ガンビアとギニアビサウに隣接するカザマンス地方のジョラ系POPを代表する存在、アブドゥ・ディオップの欧州リリース / セカンド・アルバムになります。古くから、どのようにも権力者というもの認めない非階級社会 / 平等社会を成立させていたカザマンスに住まうジョラ人は、フランスの植民地統治にも屈せず抵抗運動を続けたそうですが、現在に至ってもセネガル …

続きを読む>

DIABEL CISSOKHO & RAMON GOOSE / MANSANA BLUES

イングランド出身の若手白人ギタリストのラモン・グースと、先にリリースされた『カナボリ・シヤマ』(ライス )が好評なセネガル人コラ奏者ジャベル・シソコによるコラボレイション作品2010年作の国内配給盤です。ブルースのルーツのひとつとされるアフリカ音楽への接近と融合を目指した本作では、西アフリカの楽器コラをはじめ、ンゴーニやタマ(トーキング・ドラム)などの伝統楽 …

続きを読む>

V.A. / SENEGAL AFRO CUBANO 1978-1997 LES MEJORES

1999 年リリースのMELODIEによる編集盤~デッドストック在庫限りの限定再入荷です。オルケルトル・ナンバー・ワン、エトワール・ド・ダカール、エトワール2000など全11曲を収録~なかなかイイ選曲で、先頃リリースされたAFROLATIN シリーズ DAKAR 編2CDあたりで、セネガルならではのラテン感覚に唸らされた方にオススメできる内容です! 1. E …

続きを読む>

SUPER DIAMONO / CASAMANCE

オマール・ペン&イスマエル・ローを擁したシューペル・ジャモノの1980年代半ばの作品から1~5曲目を収録 / ほか6~8曲は残念ながら昨年国内配給もされた複刻CD ▷” STAR 80’s” と重複します。が、とりあえず、80年代前半のンバラ炸裂の1作と言ってイイでしょうね。~近年リリースの再発、といういうより、どうもデッ …

続きを読む>

V.A. / AFRO LATIN VIA DAKAR

キューバ系ラテン音楽~特にグァヒーラの圧倒的な影響下で独自の大衆音楽を生み出すことになったセネガルPOP、その黎明から興隆期にあたる1960年代後半~80年代初め頃までの、特にラテン風味満点のトラックをコレクションした2CD!珍しいEP音源や欧州録音も含み、また、フォンセカ&アンジェ・ノワールやアマラ・トゥーレといったこれまで未復刻だったB級?楽団も収録~加 …

続きを読む>

DIABEL CISSOKHO / KANABORY SIYAMA

ジャベル・シソコは西アフリカ / セネガル~ガンビアの伝統を世襲で受け継ぐ、芸能集団グリオーの名門一族として知られるシソコ家の出身で、大いに活躍をを期待されている若手のホープだそう。2005年にはバーバ・マールのアルバムにコラ奏者として参加、以後様々な音楽家のバックを務めてきまっした。本作は初めてソロ名義アルバムで、シソコ一族が総動員で参加した豪華なグリオー …

続きを読む>

PAPE THIOPET / LEUMBEUL

びっくりです。>こちらで紹介されていたので、早速入荷させてみたら、セネガルのンバラ、なるほどここ数年のうちに、ずいぶん様変わりしてますねえ、完全にダンス音楽仕様~ハイテンション極まってます。もうほとんど旋律楽器入りナイジェリアン・フジみたいなもんですね。が、しかし、流石POPンバラからの移行進展ということで、キーボードやギターの使い方はこっちの方が上でしょう …

続きを読む>

go top