GILBERTO GIL/ REALCE

『ナイチンゲール』アメリカー・ツアー後に制作された1979年アメリカ録音作。ジルの最大のヒット曲となったボブ・マーリー「ノー・ウーマン、ノー・クライ」のカヴァーを収録。ツアーで手応えと自信を得たジルの音楽は、まぶしいほどの輝きと高揚感に満ち溢れている。同時期にブラジルで録音された7曲のボーナス・トラックも聴きごたえあり。

続きを読む>

GILBERTO GIL / NIGHTINGALE

西海岸在セルジオ・メンデスをプロデューサーに迎え、ジルが世界進出を狙った1978年作。リー・リトナー、ドン・グルーシン、エイブラハム・ラボリエル、アレックス・アクーニャ、ネイザン・ワッツ、スティーヴ・フォアマンら腕利きミュージシャンが参加したアメリカ録音。溌剌としたフュージョン・サウンドをバックに、ジル本来の伸びやかな魅力が存分に発揮された名作!

続きを読む>

CARLINHOS BROWN / A GENTE AINDA NAO SONHOU

カルリーニョス07年作/US盤です。もともとワイルドでパーカッシヴな音楽性と、ポップでメロディアスな音楽性を同時に持ち合わせていた人ですが、この新作ではポップでメロディアスな傾向が色濃い新作です。一聴、ビートルズやトロピカリスモの60年代が現在的な感覚で蘇っているかのようにも聞こえます。

続きを読む>

CURUMIN / AFOXOCHA

サンパウロの若き才能、クルミンによる4年振りのアルバム。南米のトミー・ゲレーロと言えそうなハード&メロウなエレクトロ・ポップ・サウンド!パーカッシヴでダビーなダンス・ナンバー、ネオ・トロピカリスモ風のサウダージ溢れる美しいミディアム・ナンバー、さらにファンキーなエレクトロなど、一筋縄ではいかない奇想天外なサウンドを展開。過去2作品のプロデュースを担当したグス …

続きを読む>

SOM IMAGINARIO

ミナス/ミルトン・ナシメントのバック・バンドとして結成されたソン・イマジナリオの、1970年=ファースト・アルバムがCD化!当時として、トロピカリア風にサイケですが、現在にまで至るミナス・サウンドの誕生の瞬間をとらえているかも知れない作?ワグネル・チゾ、タヴィート、ロベルチーニョらが参加しています。

続きを読む>

ARTHUR VEROCAI

70年代前半、ひたすら先鋭的なブラジリアン・サウンドを送り出していたサンパウロ/コンチネンタル社のプロデューサーとして知られ、最近は米国西海岸シーンでも活躍する魔術的なアレンジャー=アルチュール・ヴェロカイの1972年作アルバム(長らく唯一のアルバムでした)が Luv N’ Haightからリイシュー!アメリカのソウル・ミュージックに影響を受けた …

続きを読む>

DJAVAN / ARIA

リラックスしたギター弾き語りアルバムで、この人らしさが不純物ゼロで楽しめます。ファンはもちろん買いでしょうが、ジャヴァンというアーティストをよく知らない方にもオススメできる内容=近年?というより90年代以降の最高傑作じゃないでしょうか?(問題発言か?)

続きを読む>

DJAVAN / A VOZ AO VIOLAO A MUSICA DE…

MPBを代表するソングライターの一人=ジャヴァンのデビュー作にして最高作が、好評の廉価盤シリーズにて再発されました!1976年作、代表作「フローッル・ジ・リス」収録のセンシティヴこの上ないアコースティック系アルバム! http://www.4shared.com/audio/WVD1cLDq/Djavan_-_Flor_De_Lis.html

続きを読む>

TAIGUARA / FESTIVAIS (2CD)

MPBの歴史を語る上で忘れられないのが、ウルグアイ出身ながらブラジルで活躍したシンガー・ソングライターのタイグアーラ。その彼が1966年から70年までの間にブラジル・オデオン社に残した音源を集めた2枚組編集盤が、この所素晴らしい復刻盤を数々リリースしているDISCOBERTASレーベルから発売されました。名作『HOJE』(69年)『VIAGEM 』(70年) …

続きを読む>

CAETANO VELOSO / MTV AO VIVO ZII E ZIE

カエターノと変態ギタリスト、ペドロ・サー率いるバンダ・セーとの共演作「ZII E ZIE」の収録曲を元としたブラジルMTV向けライブがCDとDVDになりました。CDは全17曲収録。カエターノの魅力的な世界がそのままオルタナティブロック化した「ZII E ZIE」からの曲が中心ですが、過去の曲もシブイ!「A VOZ DO MORTO」「IRENE」「NAO I …

続きを読む>

FABIO GOES / O DESTINO VESTIDO DE NOIVA

女性歌手セウへの楽曲提供や映画「シティ・オヴ・ゴッド」サントラ参加でも知られるマルチなミュージシャン / シンガー=ファビオ・ゴメスの4年ぶりとなるセカンド・アルバム~本作ではエレピのローズやギター、カヴァキーニョ、パーカッション、そしてコーラスに至るまでの大半の演奏をファビオ本人が多重録音~メランコリーにあふれたパーソナルで、ポスト=MPBを展開!

続きを読む>

ZELIA DUNCAN / PELO SABOR DO GESTO / EM CENA

フェルナンダ・タカイ、パウリーニョ・モスカほか参加~ライヴ9曲&スタジオ録音4曲から成る相変わらず快調なゼリア・ドゥンカンの変則的新作CDです。今年も来日が決まっているそうですから、まずはこのCDで心構えを!

続きを読む>

MARISA MONTE / O QUE VOCE OVER SABER DE VERDA DE

マリーザ・モンチ11年最新作。トリバリスタスのために作った曲を表題にし、マリオ・カルダートJr.、ダヂ、アルナルド・アントゥネス、カルニーニョス・ブラウン、アルゼンチンからはグスタボ・サンタオラージャ、ヴィニシウス・カンタトゥアリア、更にデヴェンドラ・バンハートまで参加し、実に汎中南米的に世界観を拡げたMPBを聞くことが出来ます。もちろん彼女独特の柔らかい旋 …

続きを読む>

ARNALDO ANTUNES, EDGARD SCANDURRA, TOUMANI DIABATE / A CURVA DA CINTURA

マリーザ・モンチ+カルリーニョス・ブラウンとのトリバリスタスでも知られるサンパウロの詩人アルナルド・アントゥーネス、イラのオリジナル・メンバーで サンパウロを代表するギタリストでもあるエジガール・スカンドゥーラ、そしてコラの最高の名手トゥマニ・ジャバテのトリオ共作。録音はマリのバマコとブラ ジルのサンパウロで敢行! MPBに西アフリカの伝統音楽を組み込んだ流 …

続きを読む>

ELIS REGINA / UM DIA (2CD)

BRAタイトルは「ある日」という意味。それは1979年6月20日、エリス・レジーナがモントルーでライヴを行った日でした。この日に行われた2回の公演を編集したのがオリジナルのモントルー・ライヴ。今回、そのすべての音源を収録した完全復刻盤が登場することになりました。これは注目です。

続きを読む>

go top