D’LLOYD

1970年代に人気を博したポップ・インドネシアのグループ・バンド、ディーロイドの初期アルバム2作がBravo Musikから初CD化。1969年に結成された彼らは、欧米の音楽に強く影響を受けて発展したポップ・インドネシアの黎明期に登場し、その流行の一端を担いました。メンバーに木管奏者がいたのがポイントで、フルートやオルガンの響きが印象に残ります。 『ディーロ …

続きを読む>

ISYANA SARASVATI / EXPLORE!

まだ22歳という若さのR&B系シンガー。学生時代はシンガポールでオペラ歌手(!)をしていたといい、また日本開催されたものも含め様々なピアノ・コンクールに出場してきました。幼い頃から英才教育を受け、音楽的素養はしっかしした上でのSSWとしてのデビュー作がこちら。2015年暮れに発売され、同年のインドネシア国内の新人賞を総なめしました。アリシア・キーズの …

続きを読む>

MONITA TAHALEA / DANDELION

インドネシアのオーディション番組から登場した美形歌手〜 その歌声の魅力を最大限に生かしたエヴァー・グリーンなポップス・アルバム インドネシアのスター発掘番組〈インドネジアン・アイドル〉に出演し、その確かな歌唱力と美しいルックスで一躍脚光を浴びたモニタ・タハレア。大御所プロデューサー、インドラ・レスマナがプロデュースを担当した前作以来、5年振りとなるアルバムが …

続きを読む>

V.A. / 20 Koleksi Emas, POP MELAYU

“ポップ・ムラーユ”とはダンドゥットがジャンルとして確立する前に使われていた呼び方で、ダンドゥットとポップ・インドネシアがハッキリと分離していない、過渡期のポピュラー音楽の事。ごく短い時期で消えてしまった音楽ではありましたが、その後のダンドゥットの繁栄のキッカケを作った重要な音楽の一つです。ここではインドネシアの女性歌手ティティック・サンドラをはじめとした人 …

続きを読む>

ADINDA SHALAHITA / SHALAHITA

新興レーベル〈BeatLuz Music〉イチオシの新人女性R&B系シンガーソングライター。プロデュースは若手NO.1ベーシストのバリー・リクマフワで、彼のソロ作にも通じるアーバンかつジャジーな薫り漂う作品になっています。どうやらアディンダはエリカ・バドゥやエスペランサ・スポルディング辺りをリスペクトしているようで、他のインドネシアのジャズ/ポップス …

続きを読む>

TOHPATI ETHNOMISSION / MATA HATI

トップ・ギタリスト、トーパティの最新作はギター、ベース、ドラムズのパワー・トリオにスリン(竹笛)、クンダン(太鼓)のインドネシア伝統楽器を加えた5人編成のバンド、エスノミッション名義。この名義でのアルバムは6年振り2作目となります。編成から判るように、このバンドではエスニック・フュージョン/プログレど真ん中の王道サウンドを聴かせ、変拍子だらけのテクニカルかつ …

続きを読む>

V.A. / THE JOURNEY OF SOUNDS – SUMATRA – KRONCONG MORITSKO

★V.A./ザ・ジャーニー・オヴ・サウンズ3 スマトラ~クロンチョン・モリツコ 注目のシリーズ“The Journey of Sounds” 大航海時代以降世界に広がったポルトガル音楽の種を探して 東南アジアの大国インドネシアの音楽とポルトガルとの繋がりを紐解く〜 南欧の国ポルトガルは、かつてヴァスコ・ダ・ガマに代表される探検家たちが世界を船で渡り、様々な土 …

続きを読む>

RAS MUHAMAD / SALAM

インドネシアのレゲエ大使を自称し、国際的な注目も集めている、その名もラス・ムハマッド。英語とインドネシア語を交えて歌います。本作は彼の5作目で、制作はドイツのレゲエ・レーベル、Oneness Records。同レーベルに所属するジャマイカ人やドイツ人のレゲエ・シンガーも多数フィーチャリング参加しています。(インポーター資料から) っていうか、このフッキレたイ …

続きを読む>

DVD, THE STIRRING OF A THOUSAND BELLS

    米国sublime frequenciesの新作dvdはインドネシアジャワ島の古都ソロ(スラカルタ)に2年留学していたアメリカ人若手映像作家マット・ダニングズによるジャワガムランドキュメンタリー。 預言者ムハンマドの生誕祭に沸くソロの町と、そこで演奏されるガムラン曲を2曲収録しています。

続きを読む>

FITIRI CARLINA / ANTI GALAU

フィティリ・カルリナ28歳のダンドゥットシンガー、 これが2作目のアルバムということに。 コンピレーションではいろんなところに顔を出していますが、 まだ2作目だったんですねえ。フィジカル無し、 ダウンロードしかないと思っていましたが、 入荷してまいりました! 見ての通りのセクシーkoplo派で、 ま、打ち込みイケイケのトラック目白押しです! が、インドネシア …

続きを読む>

CINDY BERNADETTE / SERENATA

  西ジャワのバンドゥン生まれの女性シンガー、チンディの通算6作目のアルバム。これまでヒップ・ホップやR&B調の曲を歌っていた彼女ですが、プラチナム・レコーズへの移籍第一弾となる>前作でイメチェンして清楚なシンガーに生まれ変わりました。引き続きプラチナム第2弾2015年作がこちら(引き続きDVDサイズのふわふわジャケが邪魔っけですが〜狭い当店の売り …

続きを読む>

SUNDARI SOEKOTJO / KERONCONG IN JAZZY MOOD, IMPIAN SEMALAM

★スンダリ・スコチョ/今夜の夢 ~クロンチョン・イン・ジャジー・ムード 現役最高のクロンチョン女性歌手がうたう ジャジー・ムードのクロンチョン !!〜1980年代から活躍する現役最高峰のクロンチョン歌手スンダリ・スコチョのおよそ5年振りの新作は、クロンチョンをジャジーなサウンドで聴かせることがテーマとなった。スンダリのしっとりとした歌声はモダンなジャズ・サウ …

続きを読む>

RIEKA ROSLAN / TRIANGLE OF LIFE

POPインドネシア界では珍しく本格的なブラジル~ラテン的サウンドをPOPインドネシアのスタイルにとりこんで表現するリエカの最新作は、文句なく2010年の東南アジアのジャジーPOPの最高の1枚。アンディエンやユニ・シャラといった人気歌手もゲストに迎えながら、凡百のボサノヴァアルバムとは全くレベルの違うブラジルからキューバまで意識しつつ、POPインドネシアらしさ …

続きを読む>

SENYAWA with 内橋和久 S/T

内橋和久がコンテンポラリーとトラディショナルの内なる融合をテーマに立ち上げた新レーベル「コントラディスク」。記念すべき第一弾はインドネシアはジャワ出身の2人組、<センヤワ>。 ケチャを思わせるヴォーカルと竹で作った筒状の自作弦楽器、内橋のギターとダクソフォン。内面から来る伝統性とオリジナリティーが見事に融合。 2011 年シンガポールで運命的な出会いを果たし …

続きを読む>

go top