WALDJINAH / TJEMPAKA PUTH

LOKANANTA 10inch LP (ARI-119)のマスターから起こしたロカンナタ / カスタムメイドのCDRとなります。音質はバッチリです! 同じくロカナンタからの10インチLP>こちら “NGELAM, LAMI” (ARI-127) が、1968年リリースだとすると、それより以前の録音であることは確かでしょうね。とは言え …

続きを読む>

WALDJINAH / KEMBANG KETJANG

1958年、ワルジナ最初のレコーディングです!スラカルタのラジオ局主催の音楽コンテスト”Ratu KEMBANG KETJANG” で1958年に優勝したワルジナと、準優勝&準々優勝(?)のSべクティ&Sハルティ(姉妹?)の3人の録音が収められたロカンナタ盤10インチLPのカスタムメイドCDR復刻盤!もちろん、マスターから焼いたCDR …

続きを読む>

WALDJINAH / AJO NGGUJU…

1969 or 1970年ぐらいのリリースでしょうか? なので、おそらく20代半ばのワルジナさんです。 ロカナンタ /オリジナル12インチLPの カスタムメイド復刻盤CDR、音質上々です。 演奏はクロンチョン・スタイルですが、 ジャワ風ガムランも響きます。 中部ジャワの伝統的な音感や メロディーも取り入れたPOPスタイルの曲として、 ランガム・ジャワ初期って …

続きを読む>

TOTO SALMON, DWI JOKO SUTOPO, RETNO HANDAYANI / KRONCONG FAJAR PAGI

ジャワ・クロンチョン名門レーベルのロカナンタの70’S録音の心地良いクロンチョン集。ギターやフルート、ヴァイオリン、チェロ、ギター、ベース、チャッ、チュッ(弦3本の小型ギター)が加わり、打楽器は使用されず、弦楽器だけでリズムを作ります。それぞれのアコースティック楽器とたおやかな歌がまるでハワイアンのようにゆったりと心地良いインドネシア島世界を音楽 …

続きを読む>

WALJINAH / NAWANGWULAN

同ロカナンタレーベル復刻CDRの”KATJU BIRU” と同時期(70年代半ば頃?)に録音されたアルバムかと思います。同じく1965年結成のビンタン・スラカルタによる伴奏がつきますが、伴奏にガムランを交えた曲に加え、沖縄民謡にも似たペロッグ音階の曲や、ストリングス・アンサンブルが聞こえるゴージャスな曲など、クロンチョンを主体としな …

続きを読む>

WALJINAH / RORO MENDUT

インドネシアはソロから届いたワルジナの70年代録音カセットのlokanantaオリジナルCDRの003番。ワルジナの美しいとろけるような美声独唱で始まるJAWAクロンチョンからジャワらしいとても流麗な伝統歌謡、あの有名曲ブンガワンソロの作曲者で歌手のグサン氏とのデュエット、アコースティックなジャワ歌謡にゆったりとした哀愁歌謡まで伝統に根ざしたとてもたおやかな …

続きを読む>

ORKES KERONCONG CAFRINHO TUGU / KERONCONG DE TUGU

世界で最も古い歴史を持つポピュラー音楽と言われているインドネシアのクロンチョン。東南アジアに最初にやってきたポルトガル人が持ち込んだ音楽が基になったとされるクロンチョンは、その後インドネシア独立時に〈国民音楽〉と呼ばれた。そのクロンチョンを今も奏で続ける現役最古参の楽団のひとつが、クロンチョン発祥の地とされるポルトガル移民居住区トゥグーをその名に冠したオルケ …

続きを読む>

WALDJINAH / RATU JAWA 『ラトゥ・ジャワ』

「ラトゥ・ジャワ」とは“ジャワの女王様”という意味。その女王様が田中勝則さんプロデュースのもと、サンディーやネーネーズ、それに久保田麻琴、佐原一哉、OTO、ショーロ・クラブの笹子重治、秋山欧らの助けを借りて、素晴らしいアルバムを作ってくれました。ジャワに伝わる古謡から喜納昌吉の「花」まで、ワルジーナの心暖まる歌声をじっくり味わってください。 解説は中村とうよ …

続きを読む>

WALDJINAH / SINGS GESANG

山内雄喜、エンリッキ・カゼス、S・アタンらが参加したライス制作盤 インドネシアを代表する歌姫ワルジーナのライス・レコード独自制作による99年作。本作では初心に戻って、クロンチョンの先輩であり名曲「ブンガワン・ソロ」の作者として知られるグサンの作品集に挑戦している。プロデュースはもちろん田中勝則。伴奏には、日本のハワイ音楽第一人者、山内雄喜をはじめ、ブラジルの …

続きを読む>

SUNDARI SOEKOTJO / THE BEST OF SUNDARI SOEKOTJO

インドネシアの国民音楽クロンチョン、その現在の女王が初めてのベスト盤をリリース! インドネシアの国民音楽クロンチョンの女王として圧倒的な存在感を誇るのが、1965年生まれの女性歌手スンダリ・スコチョだ。9歳には国営テレビに出演し歌声を披露してきた彼女は、すでに歌手として40年以上も活躍。現在では大スターとしてその地位を確固たるものにしている。本作はそんな彼女 …

続きを読む>

TUTI MARYATI / ELEGI SANG BIDADARI

TTMでも活躍の人気女性歌手が、温故知新なクロンチョンの世界を探訪! かつて国民音楽として広く親しまれたインドネシアの歌謡音楽クロンチョンの新しい録音を、高い鮮度とクォリティで楽しませてくれる伝統音楽専門レーベルが、“祖国の歌”という意味の名前を持つグマ・ナダ・プルティウィ社。そんなプルティウィからは先日ベテラン女性歌手スンダリ・スコチョの『ザ・ベスト・オヴ …

続きを読む>

V.A. / THE JOURNEY OF SOUNDS – SUMATRA – KRONCONG MORITSKO

★V.A./ザ・ジャーニー・オヴ・サウンズ3 スマトラ~クロンチョン・モリツコ 注目のシリーズ“The Journey of Sounds” 大航海時代以降世界に広がったポルトガル音楽の種を探して 東南アジアの大国インドネシアの音楽とポルトガルとの繋がりを紐解く〜 南欧の国ポルトガルは、かつてヴァスコ・ダ・ガマに代表される探検家たちが世界を船で渡り、様々な土 …

続きを読む>

SUNDARI SOEKOTJO / KERONCONG IN JAZZY MOOD, IMPIAN SEMALAM

★スンダリ・スコチョ/今夜の夢 ~クロンチョン・イン・ジャジー・ムード 現役最高のクロンチョン女性歌手がうたう ジャジー・ムードのクロンチョン !!〜1980年代から活躍する現役最高峰のクロンチョン歌手スンダリ・スコチョのおよそ5年振りの新作は、クロンチョンをジャジーなサウンドで聴かせることがテーマとなった。スンダリのしっとりとした歌声はモダンなジャズ・サウ …

続きを読む>

go top