SOUKMA

インドネシア、ハスキーでいて粘り着くような妖艶女声ジャズ系歌手のデビュー作。エルウィン・グタワのオーケストラやシマック・ダイアログに参加していた凄腕ベーシストのインドロ・ハルジョディコロがプロデュースとアレンジを手がけ、一筋縄にいかない演奏で、彼女の黒っぽい声質を引き立てます。選曲も有名なジャズ・スタンダードではなく、ベンニャミンの「オンデル・オンデル」!は …

続きを読む>

CITA CITATA / GOYANG DUMANG

    フォーローさせていただきましょうね、この辺も。 インドネシア若手女性のゴヤンで EDMなディスコダンドゥット! 現地ヒット中の新作ですよ。 このジャケ、腰に当てた手のひらぶり、 許すでもなく、見放すでもない この眼差し?に惚れました。 つたない歌も、この際、何と言うか、まイ〜カと。

続きを読む>

IKKE NURJANAH / I LOVE DUT KUSTIK

お待たせしました。再入荷です(児玉さん現地買付け、ちょっとだけお安くなりました。感謝&先に買っていただいた方へは陳謝)!80年代後半デビュー、90年代後半にブレイク〜00年代にはダンドゥットの女王と呼ばれて久しいイッケ・ヌルジャナー。セクシーさを売り物にせず、ピチっとした衣装を着ない清純派? ダンドゥット女性歌手としては珍しいキャラでしたが、それもそのはず、 …

続きを読む>

MELLA BERBIE / DANGDUT SEXY

そのものズバリのタイトルですが、 セクシー路線現地ヒット作ですね、 RPMレーベル倒産(?)廃業ということですが、 今回は入荷しました。 ともあれ、過剰なセクシー路線、 賛否両論あるでしょうが、 正直ちょっと嬉しい、という方もいるはず? でも、エルフィの”マンディ・マドゥ”も収録、 考えてみれば、エルフィもセクシー路線でしたよね、 あ …

続きを読む>

D’LLOYD

1970年代に人気を博したポップ・インドネシアのグループ・バンド、ディーロイドの初期アルバム2作がBravo Musikから初CD化。1969年に結成された彼らは、欧米の音楽に強く影響を受けて発展したポップ・インドネシアの黎明期に登場し、その流行の一端を担いました。メンバーに木管奏者がいたのがポイントで、フルートやオルガンの響きが印象に残ります。 『ディーロ …

続きを読む>

ISYANA SARASVATI / EXPLORE!

まだ22歳という若さのR&B系シンガー。学生時代はシンガポールでオペラ歌手(!)をしていたといい、また日本開催されたものも含め様々なピアノ・コンクールに出場してきました。幼い頃から英才教育を受け、音楽的素養はしっかしした上でのSSWとしてのデビュー作がこちら。2015年暮れに発売され、同年のインドネシア国内の新人賞を総なめしました。アリシア・キーズの …

続きを読む>

MONITA TAHALEA / DANDELION

インドネシアのオーディション番組から登場した美形歌手〜 その歌声の魅力を最大限に生かしたエヴァー・グリーンなポップス・アルバム インドネシアのスター発掘番組〈インドネジアン・アイドル〉に出演し、その確かな歌唱力と美しいルックスで一躍脚光を浴びたモニタ・タハレア。大御所プロデューサー、インドラ・レスマナがプロデュースを担当した前作以来、5年振りとなるアルバムが …

続きを読む>

V.A. / 20 Koleksi Emas, POP MELAYU

“ポップ・ムラーユ”とはダンドゥットがジャンルとして確立する前に使われていた呼び方で、ダンドゥットとポップ・インドネシアがハッキリと分離していない、過渡期のポピュラー音楽の事。ごく短い時期で消えてしまった音楽ではありましたが、その後のダンドゥットの繁栄のキッカケを作った重要な音楽の一つです。ここではインドネシアの女性歌手ティティック・サンドラをはじめとした人 …

続きを読む>

ADINDA SHALAHITA / SHALAHITA

新興レーベル〈BeatLuz Music〉イチオシの新人女性R&B系シンガーソングライター。プロデュースは若手NO.1ベーシストのバリー・リクマフワで、彼のソロ作にも通じるアーバンかつジャジーな薫り漂う作品になっています。どうやらアディンダはエリカ・バドゥやエスペランサ・スポルディング辺りをリスペクトしているようで、他のインドネシアのジャズ/ポップス …

続きを読む>

TOHPATI ETHNOMISSION / MATA HATI

トップ・ギタリスト、トーパティの最新作はギター、ベース、ドラムズのパワー・トリオにスリン(竹笛)、クンダン(太鼓)のインドネシア伝統楽器を加えた5人編成のバンド、エスノミッション名義。この名義でのアルバムは6年振り2作目となります。編成から判るように、このバンドではエスニック・フュージョン/プログレど真ん中の王道サウンドを聴かせ、変拍子だらけのテクニカルかつ …

続きを読む>

V.A. / THE JOURNEY OF SOUNDS – SUMATRA – KRONCONG MORITSKO

★V.A./ザ・ジャーニー・オヴ・サウンズ3 スマトラ~クロンチョン・モリツコ 注目のシリーズ“The Journey of Sounds” 大航海時代以降世界に広がったポルトガル音楽の種を探して 東南アジアの大国インドネシアの音楽とポルトガルとの繋がりを紐解く〜 南欧の国ポルトガルは、かつてヴァスコ・ダ・ガマに代表される探検家たちが世界を船で渡り、様々な土 …

続きを読む>

RISTY TAGOR / MAMA

  女優やモデルとして活躍する1989年生まれのリスティの、おそらく歌手デビュー作となるアルバム。全曲のソングライティングとプロデュースを手がけているのは彼女の母親で、その母と自身、息子の写真を掲載しているように、「ママ」をテーマにしているようです。とはいえ、楽曲はポップで可愛らしく、女優の歌もの特有のぎこちなさや拙さも十分楽しめます。(サプライヤ …

続きを読む>

RAS MUHAMAD / SALAM

インドネシアのレゲエ大使を自称し、国際的な注目も集めている、その名もラス・ムハマッド。英語とインドネシア語を交えて歌います。本作は彼の5作目で、制作はドイツのレゲエ・レーベル、Oneness Records。同レーベルに所属するジャマイカ人やドイツ人のレゲエ・シンガーも多数フィーチャリング参加しています。(インポーター資料から) っていうか、このフッキレたイ …

続きを読む>

go top