SAMBASUNDA / RAHWANA’S CRY


★サンバスンダ/ラワナの涙
 西ジャワのスンダ地方では伝統音楽がまだまだ元気。新しい人材をどんどん輩出して、若々しい音楽を生み出している。その中心都市バンドゥン出身のサンバスンダは、そんなスンダ地方の現在を代表するグループだ。ガムランやクンダン(太鼓)、カチャピ(琴)、スリン(竹笛)といった伝統的なアンサンブルに、竹ガムランや、なんとアフリカのジェンベなども加えて、これまで以上にパーカッシヴなサウンドを作り上げた。しかも本作はそんな彼らの記念すべき世界デビュー作!
さらに、スンダ音楽に心酔し、自身のアルバムでサンバスンダのメンバーたちと共演してきた<3ムスタファズ3>の末弟サバ・ハバス・ムスタファ(コリン・バス)が愛情のこもったプロデュースぶりを聞かせてくれているから嬉しい。サンバスンダが最高傑作を引っさげて世界に飛び立った!!

インドネシアは西ジャワ/スンダ地方の伝統音楽=“ガムラン・ドゥグン”や“カチャピ・スリン”をベースに繰り広げられる斬新なスンダ・ミュージック!これまで、サンバやアフリカ音楽、レゲエやサルサといった様々なビートを取り入れ、アルバムごとに新境地を聞かせてくれたサンバスンダですが、この最新作は、じっくりとスンダの伝統音楽を掘り下げた内容。プロデューサーにサバ・ハバスを迎え、小編成ガムランを中心に、カチャピ(琴)&スリン(竹笛)&クンダン(両面太鼓)といった民俗楽器アンサンブルで、演奏能力の充実ぶりと伝統解釈の柔軟さ、そしてミキシングの細やかさで直球勝負!グルーヴィーかつタイト、そして繊細な魅力に満ちたスンダ音楽の新たな息吹を伝えてくれます。

go top