TONY MURENA / SWING ACCORDEON 1939-1949

トニー・ミュレナ(1916-1971) は、残念なことに晩年は流行りの音楽のアコ・インストみたいな録音が多く、データもなんもなしのカセットでのリリースがほとんどで、後年CD 復刻もされるのですが、これがあのスウィング・アコーディオンの王者の末路かと悲しくなります。(ジョー・プリヴァもひどいカセットたくさん出してました)。さて、今回登場のこの3CD は、この後 …

続きを読む>

COCOON / MY FRIENDS ALL DIED IN A PLANE CRASH

08年作ですが、猫ジャケです!フランスの男女フォーキー・デュオ、コクーンのアルバムです。タイトルは「わたしの友達はみんな飛行機墜落事故で死んじゃった」です。メランコリックでアンニュイ、内向的でセンシティヴなギター弾き語りデュオを英語で聞かせます。で、今頃、どうして入荷したかと言えば、まあ、ちょっと間違えちゃったからですねえ…??猫ジャケだから、と …

続きを読む>

DIONYSOS / PLAYS BIRD ‘N’ ROLL

仏のカリスマ音楽家/小説家、マチアス・マルジウ率いるバンド、ディオニソス4年ぶりの7枚目のスタジオ録音アルバムです!”1曲め「バード&ロール」からエナージックでアンチ・メランコリックな軽量ロックンロールでほっとします。フィーチャーされる女声コーラスと、時々介入するバベットのヴォーカルも軽めです。ディオニゾス流のウクレレやバンジョーやヴァイオリン(バベット)も …

続きを読む>

IMHOTEP / KHEPER

マルセイユのヒップホップ・グループ I AM の中心メンバーとして80年代末から活躍し続けるアルジェリア系のDJ イモテップ。1998 年の大傑作アルバム『ブルー・プリント』から14 年ぶりのセカンドアルバム。ビリンバウ&ホーミーを用いたカポエイラ風ノースイースタンエイジアン・グルーヴから、グナワあり,津軽三味線あり、ネイティヴアメリカンあり。エスニック(少 …

続きを読む>

BORIS VIAN / ET LE JAZZ

ここにきてまたまた再評価熱の高まっているボリス・ヴィアン。短い生涯において、ニューオリンズとデューク・エリントンを愛し続けた彼が作曲、演奏、歌を歌った1947年から55年に制作されたジャズ作品ばかりを集めた編集盤。ヴィアンの入門CDとして最適です。 Boris Vian et son orchestre (1947) 1 WHISPERSING (AH! S …

続きを読む>

FORABANDIT / S/T

南仏、トルコのアシュク(民謡歌手)/ウラシュ・オズデミル+ イランの打楽器奏者 / ビージャン・シェミラニ+マルセイユの重要グループ=デュパンのリーダー、ヴォーカル&マンドーラ奏者 /サム・カルピエニアという、育った環境も音楽的バックグランドも違う3人の出会いから生まれた地中海音楽ユニットの登場です。南仏のトゥルバドゥールとトルコ/アナトリア地方のアシュク。 …

続きを読む>

LO’JO / CINEMA EL MUNDO

イギリスのギタリスト、ジャスティン・アダムズとともにティナリウェンの「発見者」として知られるフランスのワールド・ミュージック・バンド、ロ・ジョ。2012年に結成30周年を迎え、その記念盤をリリースしています。ロバート・ワイアット、イブラヒム(ティナリウェン)、ヴァンサン・セガールなど多彩な豪華ゲストを迎え、ヴェテランらしい味わいのあるサウンドを披露。バンドを …

続きを読む>

ZIVELI ORKESTAR / LA GRANDE OURSE

モン・コテ・パンクやキャラヴァン・パス周辺で活躍する8 人の男性ブラス1人女性ヴォーカルという大編成の仏+バルカン系ブラスバンド。「大くま座」とい題された12年サードアルバム。バルカン、バンダ、中東ジプシー音楽、など東地中海~東欧の様々なブラスバンドから影響を受けたフランスならではのコスモポリタンなブラスサウンドと、パンキッシュな女性ヴォーカルの組み合わせが …

続きを読む>

TRIO SAFAR / S/T

マーチン・オコナーに師事した異色のアコーディオニストにして、元デュパンのクリスチアン・マエが結成した新トリオ12年初作品。マエによる微分音対応のアコーディオンと、カヌーン&ウード(ハキム・アルカティブ)、サルブ/デルブッカ等(エチエンヌ・グリュエル)。ヨルダンやシリアなどシャム地方の伝承曲を12 曲収録しています。ゲストにジャック・ディ・ドナト(クラリネット …

続きを読む>

GUS VISEUR / 1942-1952

フレモオ版ギュス・ヴィズール集の第二弾。第1集は故ディディエ・ルーサンによって監修され、こちら第2 集はダニー・ラルマン監修で42 年から52 年までのミュゼット~スウィング全盛期の録音集です!18 頁ブックレット仏英語。 > SWING 43 (FOX) (LUCIEN LEGRAND) 23 SEPTEMBRE 1942 ・ ODETTE (VALSE) …

続きを読む>

JOAN FRANCES TISNER / TRANSPORTS TISNER S.A.

ベアルネ地方のアヴァンなオクシタン・アーチスト、ジョアン・フランセス・ティスネの新作は『トランスポール・ティスネ』という架空の運送会社による、時空間移動(別の言葉で言えば「トリップ」)をテーマにしたイマジナリー・フォークダンス曲集!題名がクイックシルヴァー・メッセンジャー・サービスやジェファーソン・エアプレインのような60 年代サイケデリックの匂いがするので …

続きを読む>

MANUEL WANDJI / VOYAGES & FRIENDS

80年代にパパ・ウェンバ、レイ・レマ・バンドに参加し、頭角を現し、近年はアフロ・レゲエバンド「WAMBO」のリーダーとして活躍するカメルーンとフランス人のハーフのパーカッショニスト、マニュエル・ワンジ。彼がマヌ・ディバンゴ、ケニー・ムハマッド、カレイス・フォトソらを巻き込み、5年がかりで制作したニューアルバム、12年作。「VOYAGES and FRIEND …

続きを読む>

CLAUDE NOUGARO

うう~、カッコイイですねえ!フィーリンですよ?? ジャズ世代のシャンソニエ、トゥールーズ出身の詩人クロード・ヌガロ1959年のファースト・アルバムがCD化されていたなんて、知りませんでした。2004年に惜しくも亡くなってしまいましたが、ポルタメントを多用、甘くジャジーな歌声はまさにフィーリン???(こればっかり、ですな、最近…)本CD収録の冒頭曲 …

続きを読む>

HENRI SALVADOR / TANT DE TEMPS

素晴らしい内容だったので再入荷です!>>こちら で詳しく紹介されています。 無断リンクすみません!故アンリ・サルヴァドールの90年代の未発表曲9曲に、60年代の2曲の代表曲を足した初CD化曲集~にして、ラスト・アルバム。プロデューサーは晩年の復活劇を後押ししたバンジャマン・ビオレ。傑作「サルヴァドールからの手紙」からのアウトテイクでしょうか、まろやかな自ら奏 …

続きを読む>

BORIS VIAN ET SES INTERPRETES / 1950-1959 CHANSONS ROCK’N’ ROLL ET CREATIONS

仏フレモオ&アソシエ社で『ゲンズブールとその演奏者たち1957~ 1960』という大仕事をした監修者オリヴィエ・ジュリアンの新しい快挙です。ボリズ・ヴィアン(1920-1959)のジャズ、シャンソン、ロックンロールという3つの音楽的業績のうち、とりわけロックンロールを強調した編集盤です。CD1 はヴィアンの自作自演オリジナルアルバ“CHANSONS POSS …

続きを読む>

go top