ORCHESTRA NATIONAL DE BARBES / 15 ANS DE SCENE

移民の街、パリのバルベス地区の仮想国家をバンドに冠したマグレブ系ミクスチュアー・バンドの結成15周年ツアーを収めた新作2CDです。聴き応えあるカビール&モロッコそれぞれのスタイルのシャアビや、グナワ、そしてルーツ・ライ系トラックが実に充実しています。その充実ぶりに較べると、やや場違いなノリと聞こえてしまうスカ、レゲエ、スークース曲も加わりますが、考えてみたら …

続きを読む>

AKALE WUBE / MATA

エチオピーク・シリーズの監修者フランシス・ファルセトが厳選した世界のエチオ音楽フォロワーたちのコンピレーション”ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE / NOISE & CHILL OUT”のオオトリ(2 枚め最後)を飾ったのがこのフランスの5人組、アカレ・ウーベ(名前はゲタチェウ・メクリアの曲名から拝借しています)でした。エチオ・ジ …

続きを読む>

GUILLAUME APOLLINAIRE / LES VOIX DE LA POESIE – LE POETE ET LES SALTINBANQUES

キュビスム~シュルレアリスムの詩人、マリー・ローランサンとの恋愛を描いた「ミラボー橋」で知られるアポリネールの代表的な詩のシャンソンと朗読の2CD(キキ・ド・モンパルナス,イヴ・モンタン,レオ・フェレ,ジュロス・ボーカルヌ,アポリネール自身….)に収録。CD3はレオ・フェレ作曲のオラトリオ『嫌われ者の歌』(国立フランス放送管弦楽団)。 http: …

続きを読む>

JACKY MOLARD QUARTET & FOUNE DIARRA TRIO / N’DIALE

ブルターニュのジャッキー・モラールが結成したトラッド・カルテットが、チャーミングな女性ボーカリスト=フネ・ジャラとカマレ・ンゴニ&ジャンベ奏者によるマリのトリオと共演した~バマコ録音09年作の国内リリースです。ヨーロッパ音楽とアフリカ音楽の間に横たわるダイアトニック音階とペンタトニック音階の境界線を自在に往き来しながら、前向きで明るく響くフネ・ジャラの唄声、 …

続きを読む>

LA RUE KETANOU ET LE JOSEM

JOSEM は =アントル・ドゥー・メール青少年管弦楽団の略~南西フランス、ジロンド県(主邑ボルドー)のアントル・ドゥー・メール地方で結成された12歳から25歳までの40数名のシンフォニー・オーケストラ。フランスや外国の地方辺境を回るという文化活動をしており、そのレパートリーはモーツァルトからラ・リュー・ケタヌーまで!09年夏のツアーにラ・リュー・ケタヌーは …

続きを読む>

Prod.by JEAN ROCHARD / BUEAVENTURA DRRUTI

スペイン戦争時あの名高いドゥルッティ部隊を率いたブエナベントゥーラ・ドゥルッティの生涯を歌とインストと文章で表現、というジャン・ロシャール以下70人の音楽家や文筆家や俳優たちによる労作2CD&136p.BOOK96年盤の再発です!あの英国80年代クラムドのドルッティ・コラムはこの人の名にちなんだグループ立ったわけですね…蛇足ながら。   …

続きを読む>

CQMD / SHOOT THE FREAK

フランス最強のブラスバンド!CQMD(CEUX QUI MARCHENT DEBOUT スー・キ・マルシュ・ドブー)11年新作です。イエローマン、フェミ・クティ、フィッシュボーンのアンジェロ・ムーアら多彩&豪華ゲスト・ヴォーカル参加!P-FUNKあり、アフロビートあり、ルーツレゲエあり、スパイ映画サントラ風あり~その全てにおいてフランスらしいハーブ~スパイス …

続きを読む>

MORIARTY / THE MISSING ROOM

「1920年代」は、モリアーティの音楽を紐解く重要なキーワードの一つである。この年代物の木製家具を連想させるセピア色がかったアコースティック・サウンドは、もちろん創意工夫の賜物。生々しく、かつ艶めかしい。ともあれ、『失われた部屋』はミステリアス。エキゾチックな風貌と謎めいた微笑みに魅せられ、つい声をかけたくなるが、実際につき合うと、やたら手のかかる美女。そん …

続きを読む>

ALAN SIMON / EXCALIBUR

イエス/フェアポート・コンベンション/ペンタングル/ムーディー・ブルース/キング・クリムゾン/トリ・ヤン/ダナール・ブラーズ/アンジェロ・ブランドゥアルディなどが参加したケルティック・ロックの雄=アラン・シモンのロックオペラ『エックスカリバー』の3枚組コレクターボックス~というわけでプログレ・ファンの方、ご注目を!  

続きを読む>

SERGE GAINSBOURG / Integrale Serge Gainsbourg Et Ses Interpretes 1957-1960

幅広い人気のフランス人作曲家、歌手であるセルジュ・ゲンズブール初期録音全集(1957-1960)の登場です。~3CD66曲、初CD化の11曲を含みます!本人の自作自演以外にも彼の楽曲を取り上げた歌手の録音も含まれているファンにはこたえられないコンプリートな作り~いわゆるシャンソンを唄っていた時代のピアノ、ギターの弾き語り風からジャズ・コンボ、ビッグ・バンド編 …

続きを読む>

DJ CLICK / DELHI TO SEVILLA

これは楽しい!デリーからセビリアまで、ジプシーの旅路をトレースするエレクトロな旅!~うわべだけの模倣ではなく、その地に応じた楽器(口琴 /デルブッカ /ツィンバロム /クラリネット /金管 /アコ /ギター/ ヴァイオリン / サンプリング / 人声…)と、職人系デジタルリズム隊による祝祭的なエレクトロ・トランスの連続!また連続!多彩なゲスト陣の …

続きを読む>

TETES RAIDES / L’AN DEMAIN

ポスト・パンクの時代を代表するシャンソニエの一人、と言っていいんじゃないでしょうか?クリスチャン・オリヴィエ率いるテット・レッドの2011年新作です。変わらずジャック・ブレルみたいな深みのある声を聞かせてくれます。オールドタイミーなバッキングもイカしていますねえ。ともあれ、常よりも襟を正してシャンソンに徹したアルバムかと思います。

続きを読む>

TRI YANN / LE CONCERT DES 40 ANS (2CD+DVD)

2011年8月、ロリアンの~FESTIVAL INTERCELTIQUE ロリアン漁港ドック特設ステージで開かれたプルターニュ・トラッドの雄=トリ・ヤンの40 周年記念コンサートのライヴ録音/録画2CD&DVDです。トリ・ヤンの8 人の他にジミー・オニール(vo) バガッド・ブリーグ(パイプバンド)などが参加。DVD にはボーナスドキュメンタリー(26 分) …

続きを読む>

TONY MURENA / SWING ACCORDEON 1939-1949

トニー・ミュレナ(1916-1971) は、残念なことに晩年は流行りの音楽のアコ・インストみたいな録音が多く、データもなんもなしのカセットでのリリースがほとんどで、後年CD 復刻もされるのですが、これがあのスウィング・アコーディオンの王者の末路かと悲しくなります。(ジョー・プリヴァもひどいカセットたくさん出してました)。さて、今回登場のこの3CD は、この後 …

続きを読む>

go top