LES PEPITAS

フランス発~女の子だけのブラス・バンド!しかもセカンドライン・ファンク!&アフロ・ビート!&スカ=ブルー・ビート!いなせです。オール・インスト~ブラス&パーカッションだけで、がんばってます。

続きを読む>

OBOMAN FILLON, CHOROS DO BRAZIL / AQUARELA

クラシックからジャズに転身したオーボエ奏者として有名なジャン・リュック・フィヨン、別名オーボーマン・フィヨンの新作です。ブラジルのショーロをテーマとしたアルバムで、ピシンギーニャ、ジャコー・ド・バンドリン、エルメート・パスコアルまで、ギター、バンドリンを加えたトリオで演奏しています。基本ブラジル・マナーですが、どこか欧州の香りがするところ、その辺が聞きどころ …

続きを読む>

RACHID TAHA / BONJOUR

これまでほとんどの作を手掛けてきた盟友スティーヴ・ヒレッジの元を離れ、新しいプロデューサー=ガエタン・ルッセール(ex ルイーズ・アタック)&マルク・プレッチ(exリタ・ミツコ)というロック人脈と組んだ本作、しかもタハ初となるNY録音ということで、その出来映え~まずヴォーカル・スタイルが変わりましたね、というか、初期のバンド時代(カルト・ドゥ・セジュール)に …

続きを読む>

MOUSSU T / FOREVER POLIDA

仏オクシタニアの人気グループ/マッシリア・サウンド・システムのヴォーカル=タトゥによるニュー・ユニット/ムッスーTのセカンド・アルバム~やっと入荷しました!その内容、前作の“マドモワゼル・マルセイユ”で聞かせたオクシタン~ノルデスチ~スワンプ三位一体サウンドが、より純化/ブラジル色は後退しましたが…、ムッスー・サウンドが本格的に確立した感がありま …

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / HOME SWEET HOME

マッシリア・サウンド・システムからヴォーカル=タトゥとギター、バンジョーのブリュー、加えてオック在住のブラジルはノルデスチ出身パーカッショニストによるトリオ=ムッスーTの08年作サード・アルバムです!パッと聴いた感じでは1作目に戻ったという印象でしょうか?仏オクシタンとUSルイジアナ&ブラジル北東部…等々が結びついたようなあの感じが戻って来たとと …

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / INVENTE A LA CIOTAT

ムッスーTの新譜~変則的内容ながら、これはファンに取っては嬉しいリリースとなっています!これまでにリリースされた2枚のオリジナル・アルバムから選ばれたベスト5曲に加え、新録オリジナルが5曲という、計10曲のCDに、なんと120分を越える盛りだくさんな内容のDVD映像集!ライヴ&クリップ&ドキュメンタリーで、ムッスーTの魅力にとことん迫っています。2フェイス( …

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / EMPECHE-NOUS!

南仏オクシタンの老舗グループ/マッシリア・サウンド・システムのオリジナル・メンバー=タトゥが率いる四人組レイドバック南仏ブルーズバンド、ムッスーTの2011年7月に収録されたライヴ盤が登場です!NONベース、オヤジだらけの情熱と飄々が自然に溶け合う生音&サンプル=隙間だらけのサウンドに、タトゥの嗄れヴォイスが映えてますねえ!そこんところに、たぶんオヤジだらけ …

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / PUTAN DE CANCON

この声が聞こえればイイ!というコアなファンを持つ~ex.オクシタニアの老舗グループ/マッシリア・サウンド・システムのオリジナル・メンバー=タトゥによるアコースティック系ミクスチュアー・ユニットの5作目/2010年作がリリースされました。変わらず嗄れた声のタトゥを中心に、スライド・ギター&バンジョー&ベース、そしてパーカッションというシンプルな演奏において、1 …

続きを読む>

KAIMAKI / MATAROA

ステファン・ツァピス〜幼少からピアノを始め、セロニアス・モンクに傾倒。〜こちらテファン・ツァピス自身のプロジェクトkaimakiの “mataroa” は、作家Andre Kedros の作品から影響を受け制作されたアルバムだそうです。 1945年、多くのレジスタンスや知識人を乗せ、ギリシャを出発した船mataroaを題材にしたその作品は、今、ツァピス自身ギ …

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / ARTEMIS

>こちらで言い尽くされていますね(無断リンク申し訳ないです)。4月23日仏リリースのCDですが、当店にも当日23日に入荷しました!(〜オキヨシさん感謝!)地中海ブルースのムスーT新作です。2年半ぶり6作目のオリジナル / スタジオ録音アルバムです。マッシリア・サウンド・システムのヴォーカル、タトゥーの潮枯れた歌い口が、やはりフランス語ではありえないオック語な …

続きを読む>

ETENESH & LE TIGRE / ZERAF ! -ETHIO SONIC

ETHIO-SONIC 2007年作!プラタナスに付く害虫の名を冠した、南仏トゥールーズ出身ジャズ系バンドのル・ティグルが、エチオピア現役実力派女性歌手、ハスキーなコブシ・ヴォーカルが魅力のエテネシュと共演!アビシニア生まれのビリー・ホリデイ?クールなユーロ・ジャズとディープなエチオ・ヴォイスの出会いが刺激的ですね! http://www.myspace.c …

続きを読む>

FLOR DEL FANGO

フランスで活動し、たった1枚のアルバム(本盤)と、幾つかのシングルを残し、04年を最後に消えてしまった(のか、分裂したのかどうか?)サパティスタ系ラテン・ミクスチュアー・ユニット、フロール・デル・ファンゴ再入荷しています(非シールド・デジパック、が、美麗状態 / デッドストック?)!その後、いろいろ登場した欧州メスティサへ〜メヒコ系ミクスチュアー・ユニットに …

続きを読む>

TETE / A LA FAVEUR DE L’AUTOMNE

ほぼアフリカ色が感じられないのは、いつも通り~ライヴCDに続く03年のサード・アルバム!変わらず、ポップかつフォーキー&アコースティックなヴァリエテ系充実作です。とぼけるにつけ、決めるにつけ~どこかもの悲しいメロディが、やっぱりビートルズを感じさせますが、でも一応、セネガル出身〜とはいえ、幼い頃に両親とともに渡仏、セネガル時代の記憶はほとんどないとご本人。当 …

続きを読む>

DOMINIQUE CRAVIC & LES PRIMITIFS DU FUTUR / CONCERT AU NEW MORNING

ロバート・クラムも参加しているレ・プリミティフ・デュ・フュチュールの結成25 年を記念しての初DVDです。4 枚めのアルバム“トリバル・ミュゼット”の後のそのほとんど全参加者をステージに上げた夢のライヴ~09年11月於けるニューモーニング // ピエール・バルー / フランシス・ヴァリス / アラン・ルプレスト(この8月15 日に死去) / ラウール・バルボ …

続きを読む>

go top