GLYKERIA, ANDREAS KATSIYIANNIS / ME ANASTENAGMO

今年68歳、未だ現役の喉を保つギリシャ女性、グリケリア2021年末の新作、入荷が遅くなりました、スミマセン!(今年の3月初めに21年末にリリースされていたことに気づいてオーダーしたのですが、今月5月になっても全然入荷しないので、取引先に、まだ着きませんが、やっぱりウクライナ情勢の影響なんですか?と打診したところ、アッ!送るの忘れていた〜、との回答。あっそう& …

続きを読む>

VAKIA STAVROU / PORTRAIT

>こちら ポルトガル録音の2作目が好評だったキプロス出身プラハ音楽院に学び、現在はパリ在の女性シンガーソングライター、ヴァキア・スタヴル の、2010年アテネ録音のファースト・アルバムとなります。   1 O Meu Anjo 2 Stella 3 Jusqu’au Dernier Moment 4 Sozinha 5 Chanson Du Pa …

続きを読む>

MONSIEUR DOUMANI / PISSOURIN

★ムシュー・ドゥマニ/暗闇 コンセプトは〈完全なる暗闇〉。キプロスの伝統を継承/刷新する人気トリオが ミステリアスなサイケデリック・アヴァン・フォーク・ロック・サウンドを構築!  東地中海に浮かぶ小さな島国キプロス共和国。同国の伝統音楽や民謡をモダナイズさせ、現代に蘇らせるというコンセプトのもとに活動してきたアヴァン・フォーク・トリオ〈ムシュー・ドゥマニ〉が …

続きを読む>

DESPINA PSATHA / AFIEROMA STI ROZA ESKENAZY

デスピナ・プササ、1992年キプロスのレメソス生まれ、マケドニア大学の音楽科学芸術学部を卒業後、大学院に進み、修士課程終了に際し、”ローザ・エスケナージへのオマージュ”という論文とともにリサイタルも催したそうです。そのライヴ録音中心に制作したのが2017年リリースの本盤だそうです(なんて有意義な学究生活!)。その後、ローザ・エスケナー …

続きを読む>

FROSSO STYLIANOU / ALLES MERES

1981年、キプロスのニコシア生まれ、子供の頃から音楽を学び、ケンブリッジのアングリア・ラスキン大学で声楽を学び、英国のロイヤル・アカデミーでソプラノのヴォーカル・レッスンも受けたそうですが、ま、そんなのあんまり関係ない?で、キプロスに戻って、ニコシアのアクロポリス音楽アカデミーで声楽、ピアノ、音楽理論の講師をやっていたそうですが、かたわら、Manolis …

続きを読む>

VAKIA STAVROU / ALASIA

地中海に浮かぶ島キプロス出身のSSWが作り上げた無国籍な汎地中海音楽!地中海に浮かぶ島キプロスに生まれ育ち、現在パリを拠点に活動しているシンガー・ソングライターがヴァキア・スタヴルだ。2003年にデビューを果たした彼女が2017年に発表したのが、キプロスの古い呼び名である〈アラシア〉をタイトルに掲げた本作。ギリシャ語、ポルトガル語、英語など様々な言語を用いた …

続きを読む>

ALKINOOS IOANNIDIS, MILTIADIS PAPASTAMOU ‎ / POU DYSIN OS ANATOLIN, Tragoudia tis Kyprou

90年代からアテネで活躍するキプロスのSSW、アルキノース・イオアニディスと、ロンドン、NYで音楽を学びアテネを拠点に活動するヴァイオリン奏者、ミルティアディス・パパスタムウの2006年の名高い共作アルバム〜キプロスのトラッド風味が聴きどころ。 1 Ποιητάρης 0:37 2 Αγάπησά την ‘που καρκιάς 3:22 3 …

続きを読む>

MARIOS TOKAS / ASPRO MADILI ANEMIZE

マリオス・トカス(1954-2008)キプロスのリマソルで生まれたレベーティカ〜ライカ系作曲家にして歌い手、1975年、哲学を勉強するためにアテネに〜同時に、音楽家としてのキャリアを開始。ディミトリス・ミトロパノスはじめ、ヨルゴス・ダラーラス、ヤニス・パリオス、ディミトラ・ガラーニ、グリケリア、カテリーナ・クーカ等々等々、78年から亡くなる前年の07年まで、 …

続きを読む>

MOUSIEUR DOUMANI / GRIPPY GRAPPA

ムッシュー・ドゥマニはキプロスの男性3人〜ブズーキとギター(スライド・ギター)、そして木管&金管奏者からなるトリオです。風刺の効いた歌詞(とのことですが)を、代わる代わるリードを取りながら、3者のハーモニーで綴ります。基本はキプロスのギリシャ系トラッドということになるかと思いますが、そのユニークな演奏にはUSブルースやR&B、ブリティッシュ・トラッドの影響も …

続きを読む>

DESPINA OLYMPIOU / TON MATION SOU I KALIMERA

1992年地元キプロスでデビュー、 デスピナ・オリンピウ(1975-)の アテネでのデビューCD(2000) 完璧な地中海グリークPOP歌謡アルバム と聞こえますが… キプロスでの人気はすごいものがあります。 参考>☆ その後も活躍中ですが、 最近はちょっとPOPになりすぎたかな?

続きを読む>

MEHMET ALI SANLIKOL, TEODOULOS VAKANAS / MUSIC OF CYPRUS

現在は北米ボストンに住まうというトルコ系キプロス人男性と、同じく在米のギリシャ系キプロス人男性が中心となり作り上げたCDで、キプロスという紛争の島を遠く離れた地でこそ実現した、史上初のトルコ人&ギリシャ人共作によるキプロス音楽アルバムになっています。互いがそれぞれの家族の間で歌い倣わして来た伝承歌を持ち寄って作り上げた作でもあり、歌詞はトルコ語ギリシャ語ほぼ …

続きを読む>

go top