V.A. / ETHIOPIQUES 25, 1971-1975 MODERN ROOTS

☆V.A.『エチオ・ポップの秘密』 これは、まさに裏エチオ・ポップ!?エチオピアの伝統音楽とポップの関係を暴いた問題作です!アマレイユ・エシェテ、故トラフン・ゲセセ、 ハイレ・ウェルク等のエチオピア人気男性歌手達が、擦弦のメセンゲや縦笛ワシント、竪琴クラール等の民俗楽器を交えながら、ピアノやマンドリン、そしてアコーディオンが加わったアクースティックなバックで …

続きを読む>

BADUME’S BAND / ADDIS KAN

フランスはブルターニュから登場したエチオ・グルーヴのフォロアー先駆バンドということになります。60~70年代のエチオR&Bに魅せられたヴォーカリスト=エリック・メヌトーを中心に、ホーンズ含む8人編成のフランス人バンドが、堂々のエチオ・グルーヴを展開したデビュー作~既に8年前からアディス詣でを繰り返して来たという、エリック・メヌトーのエチオピア語ヴォーカルをフ …

続きを読む>

MAHMOUD AHMED & EITHER ORCHESTRA / ETHIOGROOVE

北米ニューヨークのジャズ・ユニット=イーザー・オーケストラとジョイントした、エチオピア・グルーヴィー歌謡の帝王=マハムド・アハメドのパリ・ライヴを中心に、リハーサル風景等を収めたドキュメンタリー風DVDが入荷しました!ほか、アハメッドによるエチオ・ポップの成立に関するインタビューや、貴重な写真もまじえて、エチオ・ポップの歴史に関するナレーション等もあり、充実 …

続きを読む>

V.A. / THE VERY BEST OF ETHIOPIQUES, Hypnotic Grooves From The Legendary Series

OO年代からこの方、何年も最高の刺激を届けてくれたフランスBUDAレーベルの人気CDシリーズ“エチオピークス”23点から、よりすぐりのグルーヴィー・トラックを編んだベスト・オヴ・エチオピークス2CDの登場ですね。ほぼ2時間、ファー・オリエンタルなエチオピアン・ド演歌ファンクがギッシリ!ドライブやパーティーのお供に最高ですよ、彼女に嫌われること間違いナシ!行っ …

続きを読む>

ETENESH & LE TIGRE / ZERAF ! -ETHIO SONIC

ETHIO-SONIC 2007年作!プラタナスに付く害虫の名を冠した、南仏トゥールーズ出身ジャズ系バンドのル・ティグルが、エチオピア現役実力派女性歌手、ハスキーなコブシ・ヴォーカルが魅力のエテネシュと共演!アビシニア生まれのビリー・ホリデイ?クールなユーロ・ジャズとディープなエチオ・ヴォイスの出会いが刺激的ですね! http://www.myspace.c …

続きを読む>

AZMARI TESSEMA ESHETE / ETHIOPIQUES 27, CENTENNIAL OF THE FIRST ETHIOPIAN MUSIC RECORDINGS 1908-1910

スゴイ音源があるものです…。前世紀ゼロ年代末のベルリン録音<エチオピアのみならず、アフリカ大陸の音楽として最初にレコーディングされたという音源> 複刻2枚組CDコレクションです(SP盤リリースじたいは1920年頃にされたということです)。歌い手はテッセマ・エシェテ(1876-1964)~この人は歌い手(アズマリ)であり、エチオピア初の自動車運転手 …

続きを読む>

TLAHOUN GESSESSE / ETHIOPIQUES 17

★トラフン・ゲセセ / エチオピアのアイドル ツラフーン・ゲセッセ作品集…、ウ~ン、04年のエチオピーク・シリーズ作品ですが、これは強力です!御大マハムド・アハメドの先達に当たるという、エチオピア初の国民的ファンク・マスター/1970-75年録音ベスト・コレクション!当シリーズ中でもベストを争う充実コレクション、と言っていいと思います。ビート~グ …

続きを読む>

MAHMOUD AHMED / ALMAZ -ETHIOPIQUES 6

圧倒的な存在感、カリスマ性、そして他を圧倒する表現力。アレマイユ・エシェテがジェイムズ・ブラウンだとすれば、エチオピーク・シリーズでお馴染みのマハムド・アハメドはオーティス・レディングと言えるかも知れません!エチオ・ポップの魅力を世界に知らしめた伝説のアルバム『エレ・メラ・メラ』以前の超レア・アルバム(1973年)にデビュー録音を二曲プラスした贅沢な内容の復 …

続きを読む>

JUMP TO ADDIS / ETHIOPIQUES 15 -EUROPE MEETS ETHIOPIA

独・蘭・仏の4人の音楽家がエチオピア人音楽家4人(男女歌手含む)と出会った混成バンド=2001年5月にアジスのナイトクラブで録音されたライヴ作~ということで、シリーズ15作目!と、近年の世界的エチオピークスBANDブームの先駆となったような作品です!やや、あっさりめですが、いつものオリエンタルなエチオ・ファンクが展開される好演奏〜70年代録音に比べるなら、確 …

続きを読む>

V.A. / ETHIOPIQUES 5, Tigrigna Music

『ティグリーニャ・ミュージック』〜エチオピア北部のティグレー地方とエリトリアの音楽を収録したこの編集盤はまさに異色中の異色! マセンコやクラールといった民俗弦楽器の音色を生かしつつ、複雑に絡みあうリズムとハンド・クラッピング、そしてペチャッとつぶれた女性ヴォーカル。エチオピアの音楽と同じ音階を使いながら、リズム的にもメロディ的にもエチオピアの音楽とは全く似て …

続きを読む>

MAHMOUD AHMED / ETHIOPIQUES 7 -ERE MELA MELA 『エレ・メラ・メラ』

「1986年にベルギーのレコード会社から発売され、世界中にエチオピアン・ソウルの存在を知らしめた衝撃のアルバム『エレ・メラ・メラ』復活! 70年代に絶頂期を迎えていたエチオピアン・ソウル最大の歌手が、このムハマド・アハメドだ。セクシーささえ感じさせる艶やかなヴォーカルに、重量感あふれるバックのアンサンブル。エチオピアン・ソウルのオーティスとでも呼びたい存在感 …

続きを読む>

ALI MOHAMMED BIRRA / GREAT OROMO MUSIC, ETHIOPIQUES 28

出ました!エチオピークス第28弾/最新作はオロモ・ピープルのスター歌手、アリ・モアメド・ビラの1970年代前半作品集〜実にカッコイイ!今までとはちょっと違いますね。オロモの人々はケニアやソマリアにも渡って住まうとされていますが、エチオピア人口の40%を占めるエスニック・グループであり、アムハラ人とともにエチオピアの2大勢力となっています。が、このCDの主、モ …

続きを読む>

V.A. / NOISE & CHILL OUT, ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE, ETHIO SONIC

アフロビート同様、21世紀のインターナショナル・グルーヴと化したエチオピアン・ミュージックの、伝播流行ぐあいをコンパイルした2CD!選曲はエチオピークのプロデューサーでもあるフランシス・ファルセトで、全28曲のうち11曲が未発表だそうです!特に、ジャズ~前衛音楽家たちの<エチオ愛>は半端ではなく、本編集盤でも欧州録音を中心にジャズ・ミュージシャン+エチオピア …

続きを読む>

AKALE WUBE / MATA

エチオピーク・シリーズの監修者フランシス・ファルセトが厳選した世界のエチオ音楽フォロワーたちのコンピレーション”ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE / NOISE & CHILL OUT”のオオトリ(2 枚め最後)を飾ったのがこのフランスの5人組、アカレ・ウーベ(名前はゲタチェウ・メクリアの曲名から拝借しています)でした。エチオ・ジ …

続きを読む>

go top