BEZUNESH BEKELE / THE GREATEST HITS OF

1960年代後半〜70年代前半、黎明期〜興隆期エチオ・グルーヴィー歌謡の真骨頂、松竹東宝大映のサントラみたいなペンタトニックなブラス・バンド・スタイル炸裂のド演歌R&B+かしましいバラード集、最高です!エチオピーク・シリーズにも2曲だけ収録されていた幻の女性歌手ですが、当時、絶大な人気を誇ったそうで、皇帝ハイレ・セラシエ(昭和天皇と親交のある親日家・日本映画 …

続きを読む>

KASSA TESSEMA / FANO

>エチオピーク最新作VOL.29に取り上げられたエチオピアの竪琴クラルの弾き語り歌手カッサ・テセマ。こちらは全11曲ですが、エチオピーク版未収録の3曲を収録。くわしくは荻原和也さんのブログ(いつも無断リンクすみません!)をご覧下さい。ポロポロとさびしい音色のクラルを爪弾きながらボソボソと歌うカッサ・テセマ、どこか馬子唄を彷彿させ、何度でも聞き返したくなります …

続きを読む>

BAHTA G. HIWOT / THE BEST OF

エチオピーク・シリーズに登場していないエチオピアはティグレ州の男性歌手バヘタ・ガブレ・ヒウォットのベスト盤です。ハイレ・セラシエ皇帝国立劇場オーケストラの選抜グループ “ラス・バンド” のヴォーカリストとして60年代を通じて人気を集めたそーです。次郎長三国志股旅ものとか鴛鴦歌合戦あたりを彷彿とさせる歌心(本当か?)〜イイ具合に歌い込みながらも、やや純朴さを残 …

続きを読む>

KUKU SEBSEBE / GEZE SITEGN

  「エチオピアの恋人」と言われたクク・サブシベ2003年作〜10年ほど続いた北米での活動を切り上げ、帰国後のエチオピア録音です。ややチープなサウンドですが、曲の良さとククの巧まざるリラックスした歌い口が魅力。〜エチオピア盤で再入荷です!    

続きを読む>

THEOWDROS TADESSE / YESTERDAY & TODAY

30年のキャリアーを誇るエチオ人気SSWによる2013年録音2枚組。 1枚目のCDにはトラッドなファンキーPOP路線、 2枚目にはエチオなフュージョンJAZZ&POP路線!という意欲作。 が、どちらかと言えば1枚目がイイに決まってます。

続きを読む>

KUKU SEBSEBE / GEEZZE

「エチオピアの恋人」と言われたクク・サブシベ、こちらは1999年作〜北米滞在期(およそ10年間)のラスト・レコーディングとなります。90年代テイストの打ち込みエチオグルーヴの一つの到達点と言ってもイイ作かと。 >全曲部分試聴可!  

続きを読む>

TILAHUN GESSESSE / GREATEST HITS

女王ベズネッシュ・ベケレとほぼ同時期から活躍するエチオピア最初の男性POPスターのひとり、エチオなロックンローラーにしてソウル&演歌歌手にしてエチオFUNKマスター!?トラフーン・ゲセッセのエチオサイド制作によるグレイテストヒッツCD初入荷です!こちら>ETHIOPIQUES 17とは3曲重複してしまいますが、ほぼ同時期のヴィンテージ音源、60年代末から70 …

続きを読む>

DANIEL TECHANE / JAMMIN’ WITH KASSA

エチオピア音楽と今日の音楽傾向とのミクスチャーをシリーズ化してきた「エチオソニック」の新譜です。ダニエル・テチャネは1991年からオーストラリア(メルボルン)に移住している若いエレクトロ・ミュージシャンで、このアルバムは>Ethiopiaques 29 新譜のカッサ・テッセマの録音をベースに、そのミニマルなクラール弾語りの音楽を、大幅に自己流に再オーケストレ …

続きを読む>

KASSA TESSEMA / MASTAWESHA, ETHIOPIQUES 29

トラディショナルなクラール弾き語り歌手カッサ・テッセマ(1927-1973)の1972年エチオピア・フィリップスからのアルバムと、その死後、1976年に出されたアルバム〜生涯たった2枚のアルバムから選曲された13曲だそうです。監修フランシス・ファルセトがその解説で強調しているのは、エチオピック・シリーズでも最も深くエチオピアンな1枚ということ…。 …

続きを読む>

TOMMY T / THE PRESTER JOHN SESSIONS

ジプシーパンクバンド、ゴーゴル・ボルデロのベーシストでワシントン在住のエチオピア人、トミーT、2009年作の初のソロアルバムが再入荷しました。タイトルが「司祭ヨハネのセッションズ」ですからね。司祭ヨハネは中世にヨーロッパで広く信じられた、東洋にあるとされた強い軍隊を持つキリスト教国の王。実際にはそんな国はなかったのですが、当時は中国やモンゴルやエチオピアが司 …

続きを読む>

BAHRU KEGNE / IN MEMORY OF ETHIOPIA’S GREATEST AZMARI

エチオピーク・シリーズにより全世界から注目を浴びるエチオピア音楽ですが、一方では本国が平和になり、再び中産階級が育つことによって、この5年ほどでアジスアベバの従来の治安の悪い地域は再開発されることとなりました。そうした地区のボッタクリ民謡酒場を主な活動の場としていた民謡歌手「アズマリ」は居場所を失い、今では大半が海外に移住してしまったそうです。内戦によって一 …

続きを読む>

MARITU LEGESSE / YEBATI NIGIST

エチオピアはアジスアベバで活躍するローカルかつトラッドな女性歌手の2006年作!ゆるいハチロク打ち込みに手拍子のリズム、マシンコとアコーディオンがエチオな旋律を奏でる中、出だしから高音のコブシを回しまくり、ちょっとびっくりするほど歌が上手いです。これがCDとしてデビュー作だそうですが、完全にヴェテランですね、すごい貫禄です。当店では「エチオピアのアレサ・フラ …

続きを読む>

V.A. / MEMORIES OF ETHIOPIA

AITレーベル~ミレニアム/エチオピアン・ミュージック・シリーズの番外編=古くから伝わるエチオピアの楽器を名手たちのアンサンブルで紹介したトラッドなスタイルのインスト・アルバムです。縦笛ワシント、竪琴クラール、低音ドラムのケベーロ、一弦の擦弦楽器マシンコの4種のアンサンブルにベースがついて、軽快な中にも独特なサビのある演奏を繰り広げています~enjoy!

続きを読む>

V.A. / BALLADS, Contemporary Ethiopian Music 1995-2003

近年、ますます注目が集まるエチオピア現地音楽の現在を伝えるオムニバス・シリーズ“バラード”編!ゆったりとした変拍子スロー・ビートに乗せて、独特の 歌い口を楽しませてくれます。10歌手11曲が収められました。ムハマド・アハメド/ハメルマル・アバテ/セオドロス・タデッセ/アレマユ・エシェテ/ダ ウィト・メレッセ/ラヘル・ヨハンネス/ヒルス・グリマ/ムルケン・メレ …

続きを読む>

V.A. / DANCE, Contemporary Ethiopian Music 1995-2004

近年、ますます注目が集まるエチオピア現地音楽の現在を伝えるオムニバス・シリーズ“ダンス・ミュージック”編!お馴染みの歌手&若手たちの近年録音が楽 しめます。13アーティスト14曲が収められました。テショーメ・ウォルデ/ムハマド・アハメド/アレマイユ・エシェテ/セオドロス・タデッセ/クク・セ ブシベ/ヒルス・グリマ/ヘノック・メハリ/ハナ・シェンクテ/セオドロ …

続きを読む>

go top