HAMADI TATI / DEBGHIK DEBGHIK

この顔、どこかで見たような? ええ、確かに見たことあるはずです。20年以上も前に! UKダブのデニス・ボーヴェルがプロデュースしたアルバムで世界進出。日本ではOTOがプロデュースした作品でも知られたライ歌手シェブ・タチが、ハマディ・タチと改名してカムバックです。しかもバンドメンバーには黄金期ハレドのシンセ〜アコーディオン奏者ムスタファ・カダを迎え80&#82 …

続きを読む>

MALIKA DOMRANE / LE MEILLEUR, Musiques et chants de kabylie

これはいつものMLP ダブルベストとは違うかもしれません。マリカ・ドムランは1956 年ティジ・ヒベル(大カビリア=カビール地方)生れ、現役の女性自作自演歌手です。 子供の頃から個性が強く、男の子たちを連れ歩くガキ大将だったそうで、リセには校則に逆らってパンタロンを履いていった。早くから女性解放の思想に自覚的だったということだけですが、それだけではなくアラブ …

続きを読む>

V.A. / LA FETE KABYLE

MLP新譜はズバリ、今様カビール・ソング集、比較的近年の現地録音でしょう!〜タクファリナスやモハマド・アラウアは、まあ、そこそこ有名ですが、ほかは知らないアーティスト&シンガーばかり!それでもって、結構グッと来る曲も多かったりします。 ちなみに、日本では故ルーネス・マトゥーブやエイト・メンゲレット、あるいはイディールあたりのカビール出身スター達は “シャアビ …

続きを読む>

DAHMANE EL HARRACHI / BEST OF

MLP のコネクションで、ラングドック地方エロー県のローカルレーベルによる、アルジェリアン・シャアビの代表的スター、ダフマン・エル・ハラシ(1925-1980)のベスト盤12 曲(”Ya Rayah”も入ってます。が、裏面に印刷されたトラックリストに間違いあり〜13 曲収録になっていますが、12 曲めが入っておらず13 曲めの曲目が1 …

続きを読む>

SIDI BEMOL / AFYA

在仏の作詞 作曲家にして風刺画家のシェイフ・シディ・ベモル、ことオシン・ブーケラ(ORCHESTRE NATIONAL DE BARBES  のリーダー格、ユセフ・ブーケラの実の兄)の新作です。まあ、変わった人ですね。前作はアルジェリアの船乗り歌(のようなもの?創作的出鱈目)を歌い綴ったアルバムでしたが、今作は、ロマのルーツでもあるラジャスタン出身のアンサン …

続きを読む>

V.A. / MAGHREB LYON -Rai, Chauoui, Staifi, Chaabi, Kabyle, Malouf, 1972-1998

パリにバルベス地区あれば、リヨンにはギヨチエール地区あり(リヨン=ローヌ・アルプ地方のフランス第2の都市)。その中心「プラス・デュ・ポン」(橋の広場)の周辺に集まったカセット制作レーベル:L’Etoile Verte, SEDICAV,  Mérabet,  Bouarfa,  El Bahia が1970年代から夥しい数のマグレブ(アルジェリア …

続きを読む>

YOUNESS / SAFAR

再プレスされました! なるほど、コレが噂のユーネスですか…。自ら作詞作曲を手がけ,ギタリストでもあるそうです。タイトルの“SAFAR”とは旅路のこと~故郷を離れた 者の憂愁をパリで、そしてマラケシュで歌う28才~03年デビュー/モロッカン・ライの若手が8年かけて練り上げたフランス・デビュー盤ということになり ます!モロッコ出身ながら、シェブ・マミ …

続きを読む>

V.A. / MALOUF, MUSIQUE ANDALOUSE D’ALGERIE

マルーフというとモロッコ、チュニジア、レバノンなど、アラブ諸国で愛されている古典詩を元にした即興的なヴォーカルものという印象がありますが、アルジェリア東部、チュニジア国境に近いコンスタンチーヌ地方に伝わるマルーフは、スペインから彼の地へと伝えられたアラブ・アンダルース音楽のサブジャンルです。ちなみにマルーフとは「習慣的、いつもの」という意味だそうで、想像する …

続きを読む>

V.A. / GALA DE LA CHANSON FRANCARABE

「フランカラーブ」とはフランス領アルジェリア時代、20世紀半ばに流行した、ご存じアルベルト・スタイフィやボブ・アザムが歌い欧州でも大ヒットした “ムスターファ” に代表されるような、ラテンリズム入りフランス語/アラビア語チャンポン歌詞のシャアビやシャンソン、ユダヤ・アラブ歌謡のこと。いわば植民地ならではの無責任エキゾ歌謡スタイルとでも言いますか?そんなノヴェ …

続きを読む>

FADILA DZIRIA / DOUBLE BEST

本邦初上陸(ライス盤『アラブ・アンダルース音楽歴史物語』に収録されていましたが…)。1950~60年代に「アルジェの夜の女王」と呼ばれた女優/女性歌手ファディラ・ジリア(1917-1970)の2枚組ベスト盤。アラブ〜マグレブ音楽ファンにはお馴染みのMLPからのリリースです。ファディラは幼少時から歌の才能を開花させ、十代になるとラジオ・アルジェでレ …

続きを読む>

ORCHESTRE NATIONAL DE BARBES / DAME DE COEUR

パリのアラブ人地区バルベスを拠点にしたマグレブ系多国籍ミクスチュアー・バンド。結成15周年ツアーを収めた>二枚組ライブ盤から2年ぶりの新作〜スタジオ録音としては4年ぶりです。グナワ、シャアビ、ライ、レッガーダなど、マグレブのリズムを掛け合わせた少々イナタいラガロックという作りはこれまでどおりですが、今作のテーマは女性。ということで、アルバムタイトルは「ハート …

続きを読む>

MAURICE EL MEDIONI / ORAN – ORAN

1928 年オラン(アルジェリア)生れ、オランとアルジェで活躍したユダヤ系ピアニスト、モーリス・エル・メディオニはジャズ、ラテン、クラシックといったオールラウンドプレイヤーでしたが、とりわけユダヤ・アラブ歌謡およびシャービの大スターたち(リリ・ラバッシ、リリ・ボニッシュ、ブロン・ブロン、レネット・ロラネーズ、サリム・ハラリ、リーヌ・モンティ…)の …

続きを読む>

SARAZINO / YA FOY !

サラジーノはアルジェリア生まれ~幼少の頃は外交官を務めていた父とともにヨーロッパやアフリカ各地を転々とし、様々な文化や音楽を吸収/その後カナダの大学に進学した彼は音楽の道を進むようになり、現在では南米エクァドルのキトを拠点に音楽活動中~そんな彼が作り出す音楽は、幼少の頃より親しんだレゲエをベースに、ラテン音楽から西アフリカ音楽、そして祖国アルジェリア人として …

続きを読む>

AIT MENGUELLET / DOUBLE BEST

アイト・メンゲレットの1969年から85年までの録音を集めた2CDベスト21曲です。ムース&ハキムの『オリジンヌ・コントロレ』と『栄光の20年ライヴ』でカヴァーされ、今やムース&ハキムの十八番ともなった2曲がCD1 の3曲目とCD2 の4曲目です。しみじみとしたイイ歌です。これまで当店にも幾つかのCDが入荷して来たアイト・メンゲレット旧譜ですが、1968~7 …

続きを読む>

go top