CHEIKHA REMITTI / AUX SOURCES DU RAI

アルジェリアはライのゴッド・マザー=シェイハ・リミティ、過去のベスト的内容1999年リリースのCDが再入荷~コンセプチュアルな音作りではない、普段着のリミティが楽しめるCDとなっています。おそらく、1980年代の音源中心でしょう。砂漠を吹き渡る風のようなガスバの音と、ディープなリミティの歌声の掛け合いが楽しめます。(日本語解説付きで配給されました。)

続きを読む>

CHEIKH EL AFRITE / TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE, TUNISIE 「ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第3集」

アラブ・アンダルース音楽はイベリア半島においてアラブ人とユダヤ人が平和に共存していた時代に誕生した音楽~そんな伝統は北アフリカにも当然受け継がれ、チュニジアではマルーフと呼ばれるアラブ・アンダルース音楽が発展したそうで、その全盛期(1930年代)を支えたひとりがシェイフ・エル=アフリート。当時のマグレブ歌手としては最大級のスターのひとりだったそうですが、彼は …

続きを読む>

LINE MONTY / TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE 「ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第4集」

マグレブのジュデオ・アラブ(アラブ系ユダヤ人)歌手と言えば、リリ・ボニーシュが有名ですが、これまで現地とフランス、イスラエル以外ではほとんど知られていなかった三人の歌手達の復刻編集盤が届きました。まず、なかなかの美人歌手=リーヌ・モンティ。1950年代にアルジェで活躍した女性歌手です~(バックをつとめるピアニストは、昨年“アルジェリアン・キューバン”なピアノ …

続きを読む>

REINETTE L’ORANAISE / TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE 「ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第1集」

マグレブのジュデオ・アラブ(アラブ系ユダヤ人)歌手と言えば、リリ・ボニーシュが有名ですが、これまで現地とフランス、イスラエル以外ではあまり知られていなかった三人の歌手達の復刻編集盤が届きました。ウンム・クルスームそっくりの彼女はオランの王女を名乗るレネット。リリ・ボニーシュやモーリス・メディオニらと同時代=1930年代から活躍する盲目の女性歌手兼ウード奏者で …

続きを読む>

V.A. / CHAABI, TRESORS DU CHAABI ALGEROIS

嬉しいですね、ダフマーン・エル・ハラシの「ヤー・ラヤー」〜欧州盤CDでは永らく聴けなかった名曲中の名曲です。ほか、シャアビの父、御大エル・アンカもきちんとおさえていますね。ユダヤ系のシャアビ歌手として人気の高っかったシェイク・ゼクリやリリ・ラバッシ、レネ・ペレス、映画『エル・グスト』でもフィーチュアーされていた大ヴェテラン、アブデルカデール・シェルシャムやア …

続きを読む>

LONES MATOUB / AYEMA AZIZEN

マトゥーブ / バルベス・メイドのオリジナル・アルバム複刻CDです。ちょっと制作年がわからなかったのですが、おそらく90年代に入ってからだと思います。マンドーラ弾き語りに簡易な打楽器がつくだけの内容ですが、シブイですねえ。シンプルかつストイックなその弾き語りスタイル、一つの到達点だったと思います。充実しています。

続きを読む>

V.A. / L’INTEGRALE RAI, La Selection des Melleurs Titles

…というわけで、現行ライのヴェテラン&中堅達からDJ / MC / ラッパー、そして未知のライ新人 / ライン’Bシンガーたち勢揃いのライ10CD廉価セット初入荷です!すべてアルジェリア〜パリ〜マルセイユのインディペンデント・レーベル制作のトラックのみを集めた10CD100曲!いや〜、近年のライのあり方、ヴェテランから新人、DJまで、すべてわかっ …

続きを読む>

SOUAD MASSI / THE DEFINITIVE COLLECTION

2000年代にマグレブから登場した女性歌手の中でも最も印象的だったのは、アルジェリアのシンガー・ソングライター、スアド・マシだったんじゃないでしょうか。首都アルジェ近郊に生まれた彼女は、彼の地独自の歌謡スタイル “シャアビ” を基調としつつも、時に欧米音楽の要素を加えた平明なアレンジを聞かせ、大きな人気を獲得しました。本作はそんな彼女 …

続きを読む>

FELLA / LA MA RAAYTO

アルジェリア出身ながら、エジプトで活躍する年齢不詳お姉様歌手フェラの07年作。一曲目から演歌“アラビック・チャチャチャ”でのけぞります!ベリーダンサーが気に入りそうなシャバービー、ウードの前奏が美しいオリエンタル曲。アル・アンダルース風に聞こえる曲もありますし、アルジェリアのライとも通じるボコーダー曲など、…全体に漂うそこはかとないローカル風味が …

続きを読む>

AMAR KOBBI / BEST OF

  アルジェリア~地中海に面したカビール人の都市ティジ・ウズーで活躍するモダーン・シャアビ /プロテスト系 カビール・ソングのSSW=アマール・コビー00年代作品集~飾りないカビールらしいフォーキーなギター弾き語りに、ベース、マンドーラ、打楽器&女声コーラスのバックがつきます。なんか、カッコイイですねえ…残念ながら僅少の入荷です。

続きを読む>

MOUSS & HAKIM / LIVE, VINGT D’HONNEUR 『栄光の20年』

ムース&ハキム本領発揮のライヴ2枚組・2010年作!生き生きしてますね、やっぱりライヴの方が…。で、「心の絆」と題されたCD1にはアルジェリア移民たちが愛してやまないアルジェリアの曲(ルネース・マトゥーブ、ダフマン・エル・ハラシ!スリマン・アゼム、イディールの曲等々)をまとめて彼等流儀でカヴァー/つまり『オリジンヌ・コントロレ』のライヴ版ですね。 …

続きを読む>

KHALED / BEST OF

アルジェリア西部の港町オラン郊外出身、同地発祥の大衆音楽ライをポップ化させた音~ポップ・ライを世界に広めた第一人者、ハレドのベスト盤が登場!1992年の大ヒット作『ハレド』から2004年の『ヤ・ライ』までの間に発売されたオリジナル・アルバムから重要曲をピックアップ。さらに映画のサントラ盤のみに収録されていたレア・トラックや、これまで全く発表されていない未発表 …

続きを読む>

ORIGINES CONTROLEES feat. Mouss et Hakim / CHANSONS DE L’IMMIGRATION ALGERIENNE…

『アルジェリア移民が愛した歌』~オリジン“源泉”をコントレ“統御”するというユニット名は、つまり“移民流入コントロール”法を意味するのでしょうか?活動停止しているゼブダのフロント歌手=(マジッド・シェルフィと3者でフロントをつとめた)ムース&ハキム兄弟を中心に、南仏トゥールーズのミュージシャンが集い録音されたこの作、アルジェリアから低賃金労働者としてやって来 …

続きを読む>

MAURICE EL MEDIONI meets ROBERTO RODRIGUEZ / DESCARGA ORIENTAL, THE NEW YORK SESSIONS 『デスカルガ・オリエンタル』

アルジェリアの港町オラン出身の老ピアニスト=モーリス・エル・メディオニは、ピアノでライを演奏するオリジネイターとして、ハレドのアルバム『Ya-Rayi』にもゲスト参加しているレジェンダリー・ミュージシャンです。一方、ロベルト・ロドリーゲスは、ハバナ出身マイアミ育ち、NYに移ってマーク・リボーらとの多彩な仕事をこなし、ジョン・ゾーンのツァディクから2枚のリーダ …

続きを読む>

LARBI DIDA / BOUG BOUG

早速 >こちらや>こちらでも紹介されています(お、踊りましたか、ご家族に内緒で…!?)~アルジェリアはシディ・ベラベスの出身で、そのシディ・ベラベス出身者が結成したパリのバンド=ライナ・ライはライにアーバン・グルーヴをもたらしたパイオニア~そのライナ・ライのヴォーカリストを経て、オルケストル・ナシオナル・ド・バルベスに参加、ヒット曲「アラウイ」で …

続きを読む>

go top