RACHID TAHA / DIWAN 2

1998年の意欲作~アラブ/マグレブ音楽をタハなりに歌った「ディワン」の続編と位置づけられたこの新作、はっきり言って傑作です、ね。パリに住まうマグレブ系移民の2世として、フランスにもマグレブにもありえないタハなりの単独性を歌い上げて来た~これまでの路線の延長線上に、ライをはじめ、シャアビや古き良きアラブ歌謡、あるいはベルベル系のダンス音楽レガーダ風、そしてタ …

続きを読む>

RACHID TAHA / THE DIFFINITIVE COLLECTION

アルジェリアで生まれフランスで活躍するマグレブ系カリスマ歌手ラシッド・タハのベスト盤~本CDでは彼がソロになる以前に組んでいたロック・バンド/カルト・ド・セジュールの曲をはじめ、今では入手困難な初期のソロ作品、そして『オレ・オレ』、『ディワン』、『メイド・イン・メディナ』といった一連のアルバムからの収録曲や、クラッシュの「ロック・ザ・カスバ」のカヴァーまで、 …

続きを読む>

RACHID TAHA / TEKITOI

クラッシュの「ロック・ザ・カスバ」のアラビア語カヴァー収録!ラシッド・タハ4年ぶりの04年作はアルカイダ幹部かチェ・ゲバラみたいなジャケ写だけで買い!プロデュースはスティーヴ・ヒレッジ、ブライアン・イーノ、ホッサム・ラムジが参加し、三年に渡る世界ツアーが影響したか、歌の説得力も随分と増してます。ベルベルの引きずるリズムにロックギター、アラビックストリングス、 …

続きを読む>

CHEB ABDOU / LA CORNICHE

トレムセン出身のトランスセクシュアル・ライ歌手シェブ・アブドゥの02年作です。サイン波のシンセ音など相当先進国ポップスを勉強した跡はあるのですが、フランス産でないだけにどうしてもアレンジが古臭いですね。でも未整理なパーカッションのサハラっぽさはフランス産ライに失われた土着的な力を感じますね。声も以前より野太くなって、マミやフォーデルの薄口な声に納得いかない本 …

続きを読む>

IDIR / LA FRANCE DES COULEURS…

現在はフランスを拠点に活動するカビールのスーパースター・大御所プロテスト歌手=イディール、久々のスタジオ録音盤がリリースされました。今作の特徴はと言えば、全17曲、すべての曲ごとに豪華なゲストが参加、デュオで歌ったり、交互に歌ったりしていることはもちろん、曲によっては音作りから、作曲までを手伝っていることです。ティケン・ジャー・ホコリー/フェフェ&レロイ/ノ …

続きを読む>

IDIR / NEVEO

あっけなく、円安になってしまい、こーゆーお値段になってしまいましたが、そういうことはともかく、現在はフランスを拠点に活動するカビール歌謡の重鎮、イディール2013年の新作が入荷してきました。メジャーSONYからのリリースということで、とうとうメジャーに残ったわれわれの親しんできたアルジェリ ア系の歌い手は、このイディールとハレドのみとなってしまいましたね。そ …

続きを読む>

V.A. / THE POWERFUL SOUND OF RAI

06~7年あたりにリリースされていたようですが、…、単なるライ名曲集かと思いきや、さにあらず。ライの黎明に関わる70~80年代のアルジェリア / ベルベル系カセット音源?EP音源?歌曲が多く収録された“ルーツ OF ライ BOX セット”とでもサブタイトルしたい内容です!~これまでにも初期ライの重要人物か?と噂されていたムハメッド・ベルハヤティが …

続きを読む>

HOURIA AICHI & L’HIJAZ’CAR / CAVALIERS DE L’AURES 『オーレスの騎兵』

タイトルにあるオーレスは、アルジェリア北東部に位置するアトラス山脈の町~アルジェリアの独立戦争の出発点ともなった町ということです。フーリア・アイチは、この地域に住むベルベル系のシャウィエン人であり、土地の伝統歌謡の素養をしっかりと身につけた代表的なヴェテラン女性歌手として欧州でも活躍して来ました。~本作ではアラブ系の伝統楽器を主体にしたアヴァンなアンサンブル …

続きを読む>

RACHIDA / AAR RABI

ライのオススメCDです。アルジェリアはオラン出身~リミティの系譜を継ぐというライのヴェテラン女性歌手です。ハレドも自らのコンサートに招くほど敬愛しているそうで、本CDの表題曲は、ハレドも取り上げヒットさせたということです。しかし、砂漠を吹き抜けるようなガスバの音色&複数女性の裏声で震える叫び声が印象的な冒頭タイトル曲、迫力ありますねえ。 ▷試聴可?

続きを読む>

HOURIA AICHI / RENAYATE フリア・アイシ『レナヤテ〜アルジェリアの女たちの歌』

>前作『オーレスの騎兵』(同じくライス盤)が評判を呼んだ飾ったアルジェリアの女性歌手フリア・アイシ。前作では彼女の出身地アルジェリア北東部の山岳地帯、オーレス地方の伝統歌謡をフランスのグループとともに現代化したが、5年ぶりとなる本作ではアルジェリア各地の歴代の女性歌手たちのレパートリを取り上げているそうです。オーレスの伝承歌はもちろん、シェイハ・レミッティを …

続きを読む>

V.A. / MUSIQUE CHAABI D’ALGERIE

1960~70年代を通じてのアルジェリアン・シャアビのコレクション2CDです!リマスターで音が良くなっているところも嬉しいところ、ですが、~要するにエイト・メンゲレット/イディール/ルーネス・マトゥーブといったカビール語で歌い始めたプロテスト系フォーク世代以前のアラビア語系カビール歌手の系譜が楽しめるナイスな選曲!しかも、ダフマーンと並び、あるいはそれ以上に …

続きを読む>

RACHID TAHA / ZOOM

在仏アルジェリアン、人気男性”ロック・ザ・カスバ” ラシッド・タハの13年新作が入荷しました!前作の意表を突くPOP満点ぶりに、やや興醒めた方もいらっしゃったかも知れませんが…、しかし、また、なんだ、この変身ぶりは!?実にタフなマグレブ・ロックを主軸に据えた新作になってますよ。で、それもそのはず、ジャスティン・アダムスが共同プロデュー …

続きを読む>

FANFARAI / RAI CUIVRE

こんなバンド待ってました!05年にパーカッション奏者サミール・イナルが結成~そのグループ名通り、ライのファンファーレ楽団=ブラスバンド・ライ!ということになります。バルカン・ブラスにも通じるスピード感と、ラテン的なハーモニー、そして米マーチングバンドのファンキーさもかね持つ新機軸のマグレブ系ブラスバンド!~ライ / シャアビ / グナワといった音楽~多くは有 …

続きを読む>

KARIM ZIAD, HAMID EL KASRI / YOBADI

カリム・ジアードは1966年にアルジェリアで生まれたパーカッショニスト。20歳の時にパリに移住し、90年代後半にはザヴィヌル・シンジケートに加入したことで大きく注目されました。一方のハミッド・エル・カスリは、1961年にモロッコの北部で生まれたシンガー/ゲンブリ奏者。グナーワの伝統に深く根ざしながら進取の気性に富み、他ジャンルの音楽家とも積極的に交流していま …

続きを読む>

CHEIKH RAYMOND / ANTHOLOSIE

今から半世紀前、アルジェリア戦争のさなか、コンスタンチーヌの市場で暗殺されたコンスタンチーヌのマルーフ(アラブ・アンダルシア音楽)の第一人者シェイク・レモン(1912-1961ウードを弾き語る名歌手) が、盟友のヴァイオリン(と呼ばれるが実はヴィオラ) 奏者シルヴァン・グレナッシア(エンリコ・マシアスの父) と設立したレコード会社 “RAYSYL …

続きを読む>

go top