KATIA B / PRA MIM VOCE E LINDO

ベベウ・ジルベルトの仕掛け人として知られたスバ(故人)の傑作『SAO PAULO CONFESSIONS』のヴォーカリストとして登場したカチア・Bは、2004年発表のセカンド作でブレイク。いまやブラジル新世代を象徴する存在として知られるようになった才色兼備なシンガー・ソングライターですね。オーソドックスなバンド・サウンドを主体にしつつ、さり気ないエレクトロニ …

続きを読む>

LUCILA NOVAES / E – LUCILA NOVAES

サンパウロで活躍する人気MPB女性歌手の4枚目のアルバムが登場。ボサ・ノーヴァ・タッチのサウンドながら、素直な歌い回しが魅力的な彼女。ジャケットも素晴らしく、これは注目されそう。

続きを読む>

BOSSA CUCA NOVA / OUR KIND OF BOSSA

国内リリースされました! DJのマルセリーニョ・ダ・ルア、ベーシストのマルシオ・メネスカル、鍵盤奏者アレサンドロ・モレイラによるユニット、ボサクカノーヴァはリオ・デ・ジャネイロで1997年に結成され、これまで『イパネマ・ラウンジ』や『ウマ・バチーダ・ディフェレンチ』など、人気作を送り出してきました。 サンバやボサ・ノーヴァのテイストをリスペクトしつつ現代化を …

続きを読む>

V.A. / UM ABRACO RAPHAEL 50 ANOS

 若くして亡くなってしまったブラジルのギタリスト、ラファエール・ラベーロ(1962—95)。ショーロやサンバの伴奏で使われてきた7弦ガット・ギターをソロ楽器にまで高めた名プレイヤーとして知られた彼は、亡くなって17年も経過した現在においても、なおも高い人気を誇っています。  そんな彼の生誕50周年を迎えた昨年に、ショーロの専門レーベルACARIからリリースさ …

続きを読む>

MACIEL SALU / MUNDO

ハベッカ(北東部のヴァイオリン)奏者のマシエル・サルー率いるそのグループのサード・アルバム新作(おそらく2010年末の作)です。独自なフォークロア路線は健在ながら、今作では、少々路線変更~ギター/オルガン系バンドを導入した曲も並び、ハベッカ&パーカッション、そしてホーンズ&女声コーラスも含みながら、その木訥なヴォーカルを披露しています。実に土臭いマンギビート …

続きを読む>

FRANCIS E GUINGA

  BISCOITO FINOの御大フランシス・ハイミが名ギタリストのギンガと共演したスタジオ・ライブ、ヴェテラン阿吽の呼吸録音となる13年新作。ギターとピアノそして歌だけの最小限の音。これ以上なにも要りません!プロデュースはクアルテート・マオガニのリーダー、パウロ・アラガォン。これ以上、何も言うことありません! 参考〜 http://player …

続きを読む>

ELIZETE CARDOSO / CANCOES A MEIA LUZ COM

サンバ歌謡の時代を代表する女性歌手エリゼッチ・カルドーゾの若き日の録音が久しぶりに復刻されました。エリゼッチのレコード・デビューは1951年、トダメリカでしたが、54年から2年ほど、コンチネンタルにも録音を残します。これはそんな彼女が56年に発表したアルバム。SP時代にデビューしたエリゼッチにとって、最初のLPレコードでした。名作曲家アリ・バローゾに書いても …

続きを読む>

BILLY BLANCO & RADAMESGNATALI / DOUTORES EM SAMBA

トン・ジョビンがボサの創成に向けて新しい方向性を持つキッカケになった曲「リオ・デ・ジャネイロ交響曲」(54年)の共作者として知られる作曲家、ビリー・ブランコが、ボサ第1号作品「シェガ・ジ・サウダージ」をジョアン・ジルベルトが発表した年と同じ1958年に残した裏ボサノーヴァ第一号とも言えそうなプレボサの歴史的録音が、久々にリイシューされました。本来この録音は当 …

続きを読む>

LUIZA BORGES / ROMANCEIRO

ルイザ・ボルジスはサンバからノルデスチ、ボサ・ノーヴァ、MPBまでを守備範囲においたヴァーサタイルな若手女性歌手。音楽家の家系に生まれた彼女は6歳より歌を学びはじめるとすぐに高い歌唱力を身につけ、15歳には歌手として本格的に活動を開始したそうです。そして現在、新しいサンバの発祥地として知られるリオのラパ地区を拠点に活動を行っている彼女が、初めて出したアルバム …

続きを読む>

DANIELA SPIELMANN E GERSON POMP / A VIDA VALE A PENA

『ブラジリアン・ブレス』で、日本でもファンの多いブラジルの美形女性サックス奏者ダニエラ・スピエルマンが、実にユニークなアルバムを届けてくれました。叔父のジェルソン・ポンプが書きためたたくさんの詩にダニエラが作曲。それをモイセス・マルケースやアウレア・マルチンスらに歌ってもらおうという企画〜ダニエラの作曲ゆえにどれもショーロの香りがする粋な旋律ばかり。そんな曲 …

続きを読む>

EMICIDA / PRA QUEM JA MORDEU CACHORRO POR COMIDA, ATE QUE EU CHEGUEI LONGE

エミシーダ(本名:レアンドロ・ロッキ・ジ・オリヴェイラは1985年生まれ。サンパウロのアンダーグラウンド・ヒップホップ・カルチャーの中心的存在として知られるMCバトル・スタイルのイヴェント「Rinha dos MC’s」に2005年頃より参加し、すぐさま頭角を表した実力派。そのステージ・ネイムは「MC」と、“殺人”を意味する「Homicida」を …

続きを読む>

PERY RIBEIRO / ANOS 60 (7CD)

「イパネマの娘」を最初に録音した男性歌手ペリー・リベイロ、 その全盛期である60 年代のアルバム7枚をボックスで!ボサ・ノーヴァ・ファンに朗報! 誰もが知っている「イパネマの娘」を最初にレコードに吹き込んだ事で知られる男性歌手ペリー・リベイロ(1937~2012)。昨年惜しくも亡くなってしまったペリーを偲んで発売されたのが、このボックス・セットです。なんと彼 …

続きを読む>

UAKTI / BEATLES

ウアクチの12年作はビートルズ結成50周年を記念して「ビートルズ」と題されたアルバムになりました。すべてカヴァー、ショーロ系ブラジリアン・インストユニットの彼らにしか演奏できないビートルズ!なんか、笑えたり、可愛かったり、爽やかだったり、不思議な演奏&解釈です。ビートルズ・マニアにもオススメしたいところ。

続きを読む>

RAFAEL MALLMITH / CORDAO AMIGO

リオを拠点に活躍する7弦ギタリスト、ラファエール・マルミッチのショーロ・アルバム。自身による作曲のものが中心ですが、ピシンギーニャ風のものや、ヴォーカル入りのナンバーなど、多彩なスタイルを聞かせます。落ち着いた演奏が心に染み入ります。

続きを読む>

DORIS MONTEIRO / 60 -MINHAS MUSICAS

ドリス・モンテイロというと、LP時代のアルバムのほとんどは復刻されて親しまれてきたわけですが、これはそれ以前のSP時代の音源を集めた貴重音源集!1951年のトダメリカにおける処女録音から、50年代中頃のコンチネンタル録音まで、若き日の録音を集大成してた2枚組CDです。その頃、時代はサンバ・カンソーンの全盛期~ボサ・ノーヴァはまだ誕生していません。そんな時代に …

続きを読む>

go top