ELIZETE CARDOSO / A DIVINA 『サンバ歌謡の女王』

ブラジル音楽史を代表する女性歌手といえばカルメン・ミランダとこのエリゼッチ・カルドーゾ。中でも女性ヴォーカル・ファンをも魅了するブラジル歌謡の女王がこのエリゼッチ・カルドーゾ(1920~90)です。1950年代から亡くなる直前の80年代まで常に第一線で活躍、ブラジルを代表する歌手として君臨しました。本盤はそんな彼女の初期SP音源を中心にした編集アルバム~ウイ …

続きを読む>

DORA VERGUEIRO

白人のサンバ伝統派の重鎮カルリーニョス・ヴェルゲイロの娘さんが4枚めのアルバムを発表。父親と同様、モデル風貌に似合わず本格サンバを歌う人だけに注目ですが、今作は思いっきりPOP!?父君はもとよりトッキーニョ / マルロン・セッチ / イザべーラ・ローシャほか、豪華ゲストを迎え、ハジけるようなサンバ&ボサ、サンバレゲエ&サンバソウルを楽しませます。もちろんシミ …

続きを読む>

ANA CAROLINA / #AC

MPBシーンの人気女性歌手アナ・カロリーナのスタジオ録音作が久々に登場。この所ライヴ盤が続いていた彼女ですが、スタジオ盤としては実に2009年の『Neve』以来となります。今回はロサンジェルスとリオのプライヴェート・スタジオで録音が行われていて、アナ自身もプロデューサーのひとりとして名を連ねています。初めてのサンバ曲として知られるドンガの「電話で(Pelo …

続きを読む>

VANESSA DA MATA / CANTA TOM JOBIM

個性豊かなMPB女性歌手ヴァネッサ・ダ・マッタ。これまでにラテン・グラミーを何度も受賞するなど、ブラジル国外でも高く評価されてきた彼女の新作は、なんとジョビンの作品集でした。「Falando de Amor」 「Eu Sei Que Vou Te Amar」「Wave」などといったお馴染みの有名曲を現代的なニュアンスを織り交ぜ、若い世代に向けた新感覚のボサ・ …

続きを読む>

NOVOS NANIWANOS (MINI ALBUM)

90年代から活動する浪速のフレーヴォ系お祭り歌謡エレトリコ7人組!08年に至って、とうとうデビューMINIアルバムがリリースされました。「大阪を悔い改めよ」というキャッチフレーズも既に有名ですが、ハジケまくったエレキな2ビートに乗せて、浪速への愛憎をハイトーンの男声が歌い飛ばします。日本語がこんなにフレーヴォに乗るとは驚きですが、サイケあり、ヘヴィメタあり、 …

続きを読む>

ROBERTA SA / QUE BELO ESTRANHO DIA PRA SE TER ALEGRIA

大きな人気を呼んだデビュー作に続いて、新星ロベルタ・サーの待望のセカンド・アルバムがリリースされました!プロデュースは前作と同じくロドリゴ・カンペーロ、アレンジ、ギターも担当、ほかハミルトン・ジ・オランダ、マルコス・スザーノ、アルマンド・マルサル&ペドロ・ルイス、レニーニ等々の名手&才人達が集い、サンバを軸としながらも、サンバにこだわらない多彩な展開を聴かせ …

続きを読む>

V.A. / CLUBE DE GAFIEIRA

ブラジルで人気の高いペアで踊るダンス、ガフィエイラのために作られた編集盤ということで、エルザ・ソアーレス、ルイス・メロジア、シコ・ブアルキ、ラウール・ジ・バロス、ビリー・ブランコらの旧録を収録しています。 http://www.youtube.com/watch?v=JVG9q-4W6EE 01. Estatutos de Gafieira – Elza S …

続きを読む>

GILSON PERANZETTA, MAURO SENISE / JASMIN

ピアノ / ジルソン・ペランゼッタ&フルート / マウロ・セニージによる、インストゥルメンタル・インプロ〜タイトル通り?のジャスミンの香りを感じさせるような、柔らかに繊細な音楽。ブラジルに希有なリラクゼーション・ミュージックに仕上がっています!ゲストに、“ガラスマリンバ” 奏者の、アモイ・リバスも参加。  

続きを読む>

YAMANDU COSTA / CONTINENTE

☆ヤマンドゥ・コスタ / コンチネンチ 7弦ガットギターの名手、ヤマンドゥ・コスタの新作です。同じく7弦ギターの若手、アルトゥール・ボニーラとベースのグート・ヴィルッティとのトリオ編成で、テクニカル&リズミカルに細やかな弦インストを聞かせます。ヤマンドゥの故郷、ブラジル南部の伝承曲を弾いているとのことです。

続きを読む>

SANDORA DUAILIBE convida CELY CURADO / A BOSSA NO TEMPO

ボサ・ノヴァを正統に継承したベレン出身、ブラジリア在住の女性SSW サンドラ・ドゥアイリービ、ボサ・ノヴァ50周年に湧いた2008年に女性歌手のセリー・クラードとロベルト・メネスカルを迎え制作された作「A bossa no tempo」が再発となりました。ともに、アルトのちょっとカスレ気味のヴォイス、ボサの名曲カヴァーをコクのあるデュエットで聞かせてくれます …

続きを読む>

SOCORRO LIRA / LUA BONITA, Cantam Ze Do Norte – 100 anos

バイオーンを世界的に広めたと言われる1953年の映画『カンガセイロ』で歌われた「ムリェール・レンデイラ」の作者がゼー・ド・ノルチ。その生誕100周年を記念したアルバムが発売されました。パライーバ州の地方音楽を、現地のリズムとフレージングと自身の澄んだ歌声で綴る女流実力派SSW、ソコーロ・リラの通算4作目です! 豪華ゲスト〜Elba Ramalho, Gera …

続きを読む>

TAIS GUERINO / VOZ DO CORACAO

力強い歌声を聞かせるMPB系若手女性歌手タイス・ゲリーノの新作。ブラジル中部のゴイアス出身という彼女ですが、その地元でかつて人気を博したヒット・ソングをはじめ、カルトーラやドミンギーニョスといった著名なアーティストのカヴァーをここでレパートリにしています。コンサートなどを積極的にこなしている様子で、すでに10年のキャリアがあるようですが、本作はまだ2枚目の作 …

続きを読む>

SUSANA DAL POZ / SO SAMBAS

これはちょっと注目!若手女性サンバ歌手のスサーナ・ダル・ポスはリオ・デ・ジャネイロの出身で、トラディショナルなサンバのスタイルを今に受け継ぐ実力派。これまでにもカルトーラのナンバーを取り上げた事もある彼女ですが、このアルバムでもノエール・ローザの名曲「何を着てゆくの?(Com Que Roupa?)」ほか、サンバ伝承派らしい選曲を聞かせています。爽やかな歌声 …

続きを読む>

WILSON SIMONINHA / ALTA FIDELIDADE

2008年の『メリョール』以来となるシモニーニャの新作が登場! 収録された12トラックにはサンバ、MPB、ブラック・ミュージックなど、多彩なサウンドが満載。5年もの時間を掛けて、自身最高のサウンドを作り上げてくれたんじゃないでしょうか!?

続きを読む>

go top