CLEMENTINA DE JESUS / 2 EM 1 ~『昔の人々&私は船乗り』

1902年生まれ、60歳を過ぎてレコーディング・デビューしたブラジル黒人系音楽の重鎮~クレメンチーナ・ジ・ジェズースの代表作2アルバムを収めた1CD(日本語解説付)です。1968年作・晩年のピシンギーニャとの共演アルバム&1973年のサンバ系黒人音楽アルバム~ともに名盤と誉れの高い作でした。

続きを読む>

JOAO DONATO / MANAGARROBA

齢70歳にして、まさに黄金期を迎えつつあるジョアン・ドナート02年作(ということはもう80歳を越しているんですな…)〜マリーザ・モンチ、ジョイス、マルセロD2、ジアン・ボスコ…と、豪華なゲストに囲まれながら、本質普遍のドナート節を聞かせてくれます!

続きを読む>

CIRO MONTEIRO / A BOSSA DE SEMPRE

☆シロ・モンテイロ / 永遠のボッサ “ワールド・ミュージック・ベーシック・コレクション”と銘打たれて、カルメン・ミランダに続き、ブラジルを代表する男性歌手シロ・モンテイロの全盛期録音ベスト・オヴ・ベストが登場!1940年代のポップ・サンバ~ボサ・ルーツ的な歌唱が存分に楽しめる24曲です!

続きを読む>

CARMEN MIRANDA / IMPERATRIZ DO SAMBA 『サンバの女王』

サンバ黄金期を、その華麗な歌声で飾った、ブラジル史上最高の女性歌手カルメン・ミランダの決定的ベスト・セレクション24曲!世界初復刻のデビュー録音も収録、その絶頂期1930年代録音中心の選曲です。とりあえず、手元に置いておきたいCDですね。

続きを読む>

LENINE / FALANGE CANIBAL

…ハードボイルド!!へヴィー&FUNKY,かつインテリジェンスに富んだ~聞きごたえある新作です。プロデュ-スby TOM CAPONE, MAURO MANZOLI & LENINE ~さすが、凡百のオルタナティヴとはひと味違いますね。とりあえず、単純にカッコイイ!それに、アイデア先行ではなしに、充分、練られた上で、身体性をともなっている、というか …

続きを読む>

WILSON DAS NEVES / SE ME CHAMAR, O SORTE

  パウロ・セザール・ピニェイロとウイルソンも参加しているオルケストラ・インペリアルのカシンらが制作した新作です。玄人好きのする枯れたヴォイスと円熟のサンバ・ビートが楽しめる実に大人っぽい作になっています。バックを固める職人達がまたイイ仕事していますね!

続きを読む>

FLAVIA BITTENCOURT / NO MOVIMENTO

ブラジル北東部マラニョン州出身の女性シンガー・ソングライター、フラヴィア・ビッテンクール3作目のアルバムとなります。フレッシュな小編成サンバを聞かせたファースト、ドミンゲーニョスのカヴァー集だったセカンドを経て、4年越しの3作目〜生ギターと控えめなエレクトロ音が印象的な冒頭曲から、随所にハイブリットな感覚を聞かせながらも基本ギター弾き語り、ノルデスチ風味をま …

続きを読む>

SAULO DUARTE E A UNIDADE

サンパウロを拠点に活躍しているSSWサウロ・ドゥアルチとそのバンド“ウニダージ”。ギター、ベース、オルガン系の鍵盤楽器、ドラムというシンプルなバンド編成で聞かせる彼らですが、どこか70年代のレア・グルーヴ風を狙った感じのサウンドが特徴で、ポール・マッカートニーを彷彿させる上質ポップスから、サンバ・ロック、サーフ・ロック、さらにはクラッシュ的ポスト・パンクやチ …

続きを読む>

GERMANO MATHIAS / RAIZ E TRADICAO

かつてジルベルト・ジルとの共演作も発表したことのあるジェルマーノ・マチアスは、サンパウロを拠点に活躍した男性サンバ歌手。現在78歳の長老ながら、元気いっぱいの新作を発表してくれました。 >>毎度、無断リンクすみません!

続きを読む>

LINEKER / ELE

サンパウロの若干25歳にして頭角を現した男性インタープリーター(=専業歌手)、リネケール。トラッド曲の”Aboio” などで見せるファルセット・ヴォイスなどには中性的な成分をも含み、マルコス・サクラメントやマテウス・サルトリ、セルソ・シンら実力派シンガー達と連なる正統なMPBの担い手の系譜を感じ取れますし、ジルベルト・ジル&#8221 …

続きを読む>

CARLOS CAREQA / MADE IN CHINA

1980年代から活動するブラジル/ サンパウロ・アヴァンギャルドの異才=カルロス・カレカの2013年新作のテーマはタイトルの通り中国〜オリエンタリズムをモチーフにしたエキゾですっとぼけた作品となりました。”家電も何もかも中国製”と唄っています。若手マルシオ・ニグロのプログラミング・ワークが冴えています!

続きを読む>

LUIZ BONFA / SOLO IN RIO 1959

ジョアン・ジルベルト、パーデン・パウエルと並び称されるブラジリアン・ギタリストがルイス・ボンファー。1945年にレコード・デビューを果たし、その後人気歌手ディック・ファーニーの作曲や伴奏を担当。さらに名作映画『黒いオルフェ』のテーマ・ソングを作曲し、一躍その名が世界中に広まりました。その彼が59年に米国クック・レコードから発表したアルバムを元に未発表音源を加 …

続きを読む>

EMICIDA / EMICIDIO

現在サンパウロのブラジリアン・ヒップホップ・シーンの潮流に乗っている重要アーティストが、このエミシーダ(1985年生まれ)。MCバトル・スタイルのイヴェント「Rinha dos MC’s」に2005年頃より参加し、すぐさま頭角を現したという実力派の彼が、2010年にリリースしたセカンド作がこの『エミシージオ』だった。MySpaceやTwitter …

続きを読む>

JOAO CAVALCANTI / PLACEBO

リオ南部の上流階級育ちの男性たちで組まれたラパ系サンバ・グループ“カスアリーナ”のリーダー、ジョアン・カヴァルカンチのソロ・アルバム。パウリーニョ・ダ・ヴィオーラ&シコ・ブアルキへのトリビュート作品で、エレピやSEが大きくフィーチャーされた新感覚のサンバ・スタイルをここに提示しています。ロベルタ・サー、アリーネ・カリストらがゲスト参加。イチオシ・アイテム!

続きを読む>

go top