CHICO BUARQUE / VOL.3

MPB ファン待望~シコ・ブアルキの1968年発表3作目で、のちにジョアン・ジルベルトのレパートリーにもなったジョビンとの共作「黒と白のポートレイト」、カエターノがカヴァーした「カロリーナ」等、名曲揃い/哀愁を帯びたメロディーに艶が増した歌声、初期の3部作の完成形といえる作品です!

続きを読む>

TULIPA RUIZ / EFEMERA

サンパウロ新世代ブラジル音楽/ポップ・フロレスタル=サンパウロ・アンダーグラウンド・シーンから女性シンガー、 トゥリッパ・ルイズ登場!TP4 のメンバー/ギタリスト=グスタヴォ・ルイズ(トゥリッパの兄)がプロデュース。隙間だらけのトレモロ・エレキギター・バンド、ローファイなシンセ音、マルシャのリズム、時にブラスも聞こえるバッキングに、ややキンキンしたヴォーカ …

続きを読む>

MONOBLOCO / 10

結成10年目を記念してタイトルは“10”~大人数サンバ・バテリア炸裂のライヴ・アルバムです。やっぱりパーカッション・アンサンブルはライヴに限ります。ゲストはエルバ・ラマーリョ!

続きを読む>

DEA TRANCOSO / TUM TUM TUM

ミナス・ジェライス州北東部の山あいに生まれた女性歌手、デア・トランコーゾ07年のデビュー作を、ビスコイト・フィーノがディストリビュート~故郷の民謡につながるオリジナルをアコースティックかつシンプルなバックで歌い綴っています。リラックスした歌声を自然に聞かせるのが主眼だと思いますが、随所に人力音響派?的な工夫が凝らされています。例えばホーミーとか!

続きを読む>

SOM TRES / SOM TRES SHOW

ソン・トレスのODEON 第1 作目となる1968年作。この後の ODEON での4 作の中では最もジャズ・サンバ色が強い作品~とはいえホーンやヴォーカルも各所に入り、選曲もバラエティー豊か。全編通してタイトルの通りShow の雰囲気が楽しめるグルーヴィーな作品です!クラブ・ジャズ好きにはおなじみ、多くのコンピに収められている人気曲「Jungle」も収録!

続きを読む>

MARIANA BALTAR

サンボ・レコードから06年にデビューした女性歌手。伝統サンバから北東部リズムの曲まで幅広く歌って注目を集めた彼女ですが、この2作めではいよいよ成熟。なかなかの充実アルバムを作ってくれました。冒頭とラストはジョンゴ~アフロ色溢れる作品を挟んで、多彩なサンバ、そしてバイオーンなども取り上げます。木管&カヴァキーニョの使い方がイイですねえ…。横顔ジャケ …

続きを読む>

TOQUINHO / A BOSSA DO TOQUINHO

トッキーニョの初期の名作CD化!この時期に活躍し始めたシコ・ブアルキの代表曲を含む、カーニヴァル後の哀愁漂うメドレーや、バーデンの名曲「Deixa」、エレピとギターによるシンプルでクラシカルな「Antes e Depois」等~どの曲もギタリストとしてのトッキーニョの実力をじっくり堪能できるインスト作品集です。解説:ケペル木村&オノ セイゲンによるDSD 5 …

続きを読む>

HUGO BRANQUINHO / EMBRIAO

アコースティック・ギターと自身で多重録音したフルート / クルビ・ダ・エスキーナ直系の流麗なメロディ / ゲストのミルトン・ナシメントとのデュオ / アコーディオン参加のセンチメンタルなワルツ / サンバ打楽器とヴィオラ・カイピーラ / ジャズ・マナーのピアノと軽やかな歌メロ…. 若きSSW、このウーゴ・ブランキーニョは2008年に舞台芸術を学ぶ …

続きを読む>

MARCELO D2 / NADA PODE ME PARAR

前作『CANTA BEZERRA DA SILVA』が2010年の発売だったので、なんと3年ぶり。ブラジルらしさを融合した独自のヒップホップを目指す最高にクールな音楽家マルセーロD2の新作は、久々に本格派ヒップホップ作品!期待に応えます。プロデュースはビースティ・ボーイズ、ベック、ジャック・ジョンソンを手掛けたことで知られるマリオ・カルダートJRが担当するな …

続きを読む>

LETICIA PERSILES / AS CANTAS DE AMOR E SAUDADE

それにしてもイイ感じのジャケですね!ロック・バンド、マナカーの女性ヴォーカリスト初のソロ作は、バンドでのサウンドとはまったく趣の違うSSWマナーのアコースティック・アルバム。共同制作、アレンジャーとしてアコーディオン奏者のトニーニョ・フェラグッティがクレジットされており、フラメンコ・ギターを弾くアラン・アルバスやコントラバスのグト・ヴィルチらによるアコーステ …

続きを読む>

IGNACIO DE LOYOLA BRANDAO, RITA GULLO, PAURO MELO Jr. / SOLIDAO NO FUNDO DA AGULHA NO NO no fundo da agulha

サンパウロの女性歌手リタ・グーロが、父であるイグナシオ・ジ・ロヨラ・ブランダン(短編作家でありジャーナリスト)の文章と、写真家パウロ・メロJr.による大判ブックとともに発売したCD。映画『ジルダ』のテーマである”Amado Mio” に始まり、メルセデス・ソーサが唄った”Alfonsina y el mar”、 …

続きを読む>

ORQUESTRA CRIOLA / SUBURBIO BOSSANOVA

オルケストラ・クリオーラは、サックス奏者ウンベルト・アラウージョを中心にリオで結成されたグループ。南米〜カリブ海で親しまれたきたブラス・バンドのテイストを大きく取り入れたサンバやボサ・ノーヴァを聞かせてくれる彼らのデビュー・アルバムが本作です。ブラジル音楽の父ピシンギーニャの名曲をはじめ、クラウジオ・ジョルジ、ネイ・ロペス、パウロ・セザル・ピニェイロといった …

続きを読む>

PAULINHO DA VIOLA & ELTON MEDEIROS / NA MADRUGADE

2大サンビスタによるサンバの大定番、久々の再発!上品な音で、ショーロの要素もかなり含むのでショーロ好きにもおすすめ。後にナラ・レオンがカヴァーした曲、古典的名曲のメドレーも含み、こういった内容のものはなかなかCDで手に入りません!サンバの作品ではカルトーラと並び注目される名盤です。解説:田中 勝則/歌詞・対訳付/オノ セイゲンによるDSD 5.6MHz リマ …

続きを読む>

NUXVOMICA / NISSA – PERNAMBUCO

南仏オクシタニア~ニースの民謡とプロヴァンス地方の舞踏リズムを掘り起こし、そこにレゲエ/ラガの即興性をプラス~オック語で歌うカルナヴァル・バンドの新作!さらにブラジル北東部の音楽フォッホーを大胆取り入れもし、地元ペルナンブーコのアーティストが参加したブラジル録音曲もアリ!というわけで、ニースとペルナンブーコを”カルナヴァル”で結び、ラ …

続きを読む>

V.A. / 100 ANOS DE MUSICA POPULAR BRASILEIRA

リオ・デ・ジャネイロのラジオ局によって作られ好評を博した歴史的ラジオ番組「ブラジル大衆音楽の100年」に残された音源を集大成したボックス・セット(2枚組×4)が登場!これは1970年代の視点でブラジル音楽の100年の歴史を振り返ったもの~70年代後半にはLP(8枚)でーリリースされていました。第1集には19世紀のショーロやルンドゥー、セレナータ、第2集にはサ …

続きを読む>

go top