EGBERTO GISMONTI / EM FAMILIA

長男が誕生した喜びに溢れる、子供シリーズ三部作の記念すべき第一作目。「ローロ」「ドン・キホーテ」「エン・ファミーリア」とその後も数多く演奏される名曲ぞろいの81年の傑作。日本初CD 化!

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / ALMA

過去の自作曲をピアノ・ソロで再演した名作。EMI 音源からのマスタリングで、ジスモンチの繊細かつ大胆なピアノのタッチがより鮮明に。またECM 盤とは収録曲が異なり「インファンシア(幼少期)」を収録。他にも「水とワイン」「フレヴォ」などベストな選曲で、ジスモンチの初心者にもお勧め。86年作。日本初CD化!

続きを読む>

ANNA RATTO

前作まではアンナ・ルイーザ(Anna Luisa)という芸名。このアルバムからアナ・ラットに変えました。2005年のデビュー作ではセウ・ジョルジやペドロ・ルイスとの共作を聞かせ、2008年の2枚めではエドゥ・ロボやエスコーラ・ジ・サンバの打楽器隊と共演するなど、ユニークなアルバム作りをしてきた人ですが、本作ではダニ・ブラックの新曲、さらにトン・ゼー作品を2曲 …

続きを読む>

CRIOLO / NA ORELHA

あのカエターノも絶賛した新たなブラジルの才能が、このクリオーロ。サンパウロのファヴェーラ(スラム街)で育った彼は、十代初頭にラッパーを目指し、成人してからは教師をしながら地道に活動を展開。三十代になってデビュー・アルバムを発表すると同時に、大人気となったヒップ・ホップ・イヴェントを立ち上げ、地元のシーンの絶大な信頼を得てきたそう。そんなクリオーロがナソーン・ …

続きを読む>

LULA E LAILSON / SATWA

伝説のアルバムとも言われる「SATWA」を復刻!UKの老舗レーベルMR BONGO のブラジリアン・サイケ・リイシュー・シリーズです。本作は、南米アンダーグラウンド・サイケデリック・シーンの超重要人物、ルーラ・コルテスと米国帰りの12弦ギターの名手ライルソン が1973年にリリースしたアルバム。ブラジル初のインディー・レコードでもあります。ルーラが奏でるシタ …

続きを読む>

GUILHERME DE BRITO / S/T (幻のファーストアルバム)

サンバの巨匠ギリェルミ・ジ・ブリートが2006年4月26日に亡くなりました。そこで追悼アルバムとして同年に再発されたのが、それまで未CD化だった1980年録音の初ソロ・アルバム。本作はそのリイシュー盤~収録されたレパートリーの多くは、長年一緒に曲を作ってきたネルソン・カヴァキーニョとの共作です。「詩人の涙」「枯れ葉」など、サンバ史上に燦然と輝く名曲を、ギリェ …

続きを読む>

CARTOLA / COLECAO ELDORADO (未発表録音)

最高のサンバ作曲家カルトーラが晩年に残した貴重な録音を2000年に初CD化された作品がついに再発されました。内容はサンパウロのラジオ・エルドラードの番組のために79年頃に録音されたテープを編集したもの。亡くなる直前のカルトーラによる、ギター弾き語りが楽しめるアルバムです。カルトーラは坦々とこれまでの人生を語り、自作曲をギターをつま弾きながら歌ってくれます。い …

続きを読む>

CAROL SABOYA / BELEZAS

1998年のデビュー・アルバム『ダンサ・ダ・ヴォス』がここ日本でも大きな人気を博したブラジル人女性歌手カロル・サボイア。偉大なピアニスト、アントニオ・アドルフォを父に持つ彼女は、これまでにたくさんの意欲作をリリースしてきましたが、デビューから14年経った今年に発表した本作では、海外でも高い人気を誇るイヴァン・リンスとミルトン・ナシメントています。もちろんプロ …

続きを読む>

ROGE / BREN GUELE

リオ・デ・ジャネイロ出身のロジェーは、若いころにはマルコス・スザーノやベト・カゼスが中心になったパーカッション・グループ、バチクンなどにも参加していたそう。パーカショニストであり歌手であり、さらに作曲家としての活動もスタートさせ、2003年にソロ・デビューしました。以後、セウ・ジョルジが11年に発表したアルバムへの参加などを経て、4枚めのアルバムとしてリリー …

続きを読む>

CEU / CARAVANA SEREIA BLOOM

カエターノ・ベローゾをして「ブラジル音楽の未来」と言わしめた美貌の実力派歌手、セウのソロ第3作目。今作 は、ミクスチャー且つサイケデリックなフレイヴァーを散りばめた斬新なサウンドを展開している。ソナンチスの一員だった作曲家/アレンジャーのグイ・アマ ビスを牽引役に、トロピカリア・サウンド、ブラジル北東部、そしてレゲエなど多彩なサウンドを散りばめて、最後まで一 …

続きを読む>

BLUBELL / EU SOU DO TEMPO EM QUE A GENTE SE TELEFONAVA

ファンキ・コモ・ル・ゲスタ出身ながら、コケティッシュな発声でジャズ&ボードヴィル・マナーのヴォーカルを聞かせるサンパウロ女性歌手セカンド新作です!ピアノ&ブラシ・ドラム&コントラバスに加えて、ハモンド、アナログシンセ、アコーディオン等が彩をそえ、トリップホップ以降のモードを踏襲しつつ、ラテン、ロック、ジャズを涼しげに横断するユニークな音楽性!ジャケもイイ感じ …

続きを読む>

GUILHERME DE BRITO / SAMBA GUARDADO

★ギリェルミ・ジ・ブリート/とっておきのサンバ 2006年惜しくも他界したサンバ界の最長老ギリェルミ・ジ・ブリートの2001年に発表したソロ・アルバム。ほとんどが新曲(及び未発表曲)という気合いの入った内容。しかも当時79歳とはとても思えない若々しい歌声を聞かせてくれているから、ファンには感涙もの。永遠の名作『クァトロ・グランジス・ド・サンバ(サンバの巨匠た …

続きを読む>

JOAO GILBERTO / CHEGA DE SAUDADE / O AMOR, O SORRISOEA FLOR / JOAO GILBERTO

UKのelレーベルに続き、仏のフレモー&アソシエまでがジョアン・ジルベルト初期の著作権切れの作品に手を伸ばしました。こちらは1959年、60年、61年の最初期オデオン三枚のアルバムを全36曲一枚のCDに収録です。ボサノヴァ誕生当時の事を記述した16ページの英仏文解説とフレモー独自のマスタリング(アナログ起こし)が魅力です。耳に馴染んだ音ですね! トラックリス …

続きを読む>

NELSON CAVAQUINHO / ENSAIO

サンバ・ファンにはまさに待望のDVDの登場だ。40年代から多くの名曲を作曲。60~70年代のサンバ復興の時代に高く評価されたネルソン・カヴァキーニョ(1911~1986)。カルトーラとともに日本でもっとも愛されるサンバ音楽家~そんなネルソンが1973年に有名なテレビ番組『エンサイオ』に出演した際のライヴ映像をDVD化したのが本品!「枯葉のサンバ」や「花とトゲ …

続きを読む>

go top