NSU’T LUONG THUY LINH / CON NHEN GIAN MUNG, album cheo vol.2

      北部越南の伝統的歌劇、 ハットチェオ有名曲を歌い綴ります。 MANH THANG, QUOC PHONG, MANH HA 〜男性歌手3人とも歌を掛け合います。 伝統派、テュイ・リン新譜〜2017年作。 今回も僅少入荷です。お早めに! >★

続きを読む>

Eri Liao Trio / 紅い木のうた

台湾原住民音楽、ジャズ、戦後まもない日本、台湾、アメリカ、ブラジル …… 古今東西の “うた” を奏でるスリーピースバンド、Eri Liao Trio (エリ・リャオ・トリオ) 。 2014年夏、NYでジャズシンガーとして活動を始め、東京に拠点を移した台湾出身 Eri Liao 。 ジャズミュージシャンの集まる高田馬場の某ジャムセッシ …

続きを読む>

V.A. / THE ROUGH GUIDE TO ACOUSTIC INDIA

★V.A./アクースティック・インディア 伝統に根ざした現代インド音楽のナチュラルな響き〜アクースティック・サウンドを切り口に多様性に富んだインド音楽の魅力を伝える編集盤!!  ワールド・ミュージックへの興味の入り口となることも多いインド音楽には、何百年にも渡って受け継がれてきた伝統がある。ヒンドゥー文化を背景にした古典音楽に、イスラム教神秘主義スーフィー、 …

続きを読む>

護得久栄昇 / 護得久栄昇大全

本人以外、すべて本物。分かるよね。 これが沖縄からの最終刺客!!?チャメー! 沖縄では保育園でも踊ってしまうほど話題沸騰中!! 2017 年正月に行なわれた沖縄のお笑い芸人No1 を決めるテレビ番組に出演以来、 人気を呼びテレビ・ラジオを始めCM 出演するなど今や沖縄での注目度No1!護得久栄昇。肩書きは護得久流民謡研究所会長。沖縄に数多いる民謡教室の師範を …

続きを読む>

YOCKIE & CHRISYE / JURANG PEMISAH

ヴィンテージ・シンセを駆使したエイジアン・プログレの名盤が復活! コアなプログレ・ファンを中心に人気のあるインドネシア音楽の隠れた名盤が復活した。キーボーディストのヨッキー(ゴッド・ブレス、ジャイアント・ステップ)と、後に国民的人気を誇る歌手となるクリシェ(グールー・ジプシー)による1977年リリースのコラボ作だ。ヴィンテージ・シンセとして知られるソリーナを …

続きを読む>

サンディー / HULA HULA VOL.13 ナニ・ワイアルア

~本当のやさしい自分に還る~ シンガーでクムフラ(古典フラの継承者)サンディーのアロハセラピーな楽曲集 シリーズ第13弾! オリジナル・ソング「ナニ・ワイアルア」を含むスペシャル・エディション。 ほぼ毎年秋にリリースされてきた同シリーズも今回で13作目。これまで通り“サンディーズ・ハワイ”シリーズに収録されていた曲を編集した内容で、シンガポールの人気音楽家デ …

続きを読む>

PREAP SOVATH, SOKUN NISA, RIN SAVET, HIM SIVON / RASMEY HANG MEAS CD VOL.330

菊地夫君感謝!古い歌謡を新旧人気スター男女デュオで歌い綴ったアルバムだそーです!イイですねえ、やっぱり、このスローでユルイ田園歌謡調…、流石300番台というべきでしょう、こちらも。キメキメの打ち込みは見当たらず、民俗楽器も交えつつ、金管木管&ギター、ベース、ドラムス、アコーディオン等による生音伴奏もOK(ちょっとバタバタしたドラムスも、思いっきり …

続きを読む>

久住昌之&オーケストラQ / HONE

人気ドラマ「孤独のグルメ」の原作者であり、スクリーントーンズとしてそのサントラも手掛ける鬼才、 久住昌之率いる総勢20人が参加のオーケストラの初アルバム!! あがた森魚のカヴァーでも知られる、鈴木慶一との共作『骨』も収録。 久住昌之&オーケストラQは、人気ドラマ「孤独のグルメ」のサウンドトラックを演奏するスクリーントーンズと並行して、 以前より活動を …

続きを読む>

KHAMSAHWAANG CUENTA

苦節1年!? やっと名前がわかりましたよ、 その間にも店頭で売れ続けたため、 僅少在庫となってしまいましたが、 ラオスのノッパポーンこと、カームサワーン・クウェンタ (って、読みでいいのかどうか…) ラオス=イサーン国境地帯のバスの中、 運ちゃんがガンガンかけていたという、 (乗客全員大合唱の人気者)首長竜の男!? ラオス=イサーン国境地帯で発見 …

続きを読む>

V.A. / KHMER NEW YEAR SONG, RASMEY HANG MEAS VOL.523

2015年のクメール正月、新年祝い唄集〜たった1年違うだけですけど、グッと牧歌調?打ち込みもそんなにキツクないですねえ、相変わらず、それぞれにカンボジアならではのメリスマ、コブシまわしまくりなのは、新年恒例ということに。TOWN 移籍中のニサの空席を埋めるのはスレイコウチ嬢(スレイピッチも1曲ありますけど)、3曲デュオを聞かせてくれます。この娘の高音域ヴォイ …

続きを読む>

go top