MAYA / I’M NOT ALONE

完全にPOPですねえ、社会主義国ベトナムのこと、以前は当局から欧米風過ぎると当局から厳重注意を受けることもあった、と聞いていますが、もう、そういうこともなくなって久しいんでしょうね、きっと。タイトルも英語ですから…。それはともかくこのマヤ嬢、2009年デビューの30歳(2018年現在)本2016年作が2作目となるようです。ハノイ生まれのサイゴン育 …

続きを読む>

HLAING WIN MAUNG / WORSHIPPING THE LOAD BUDDHA WITH MUSIC

ミャンマー伝統音楽学校 ” カレッジ・ミュージック・ソサイティ” 在籍(研究演習局長だそう)、“ビルマの竪琴” サウンの現役名人、フライ・ウィン・マウンによるアルバムです。タイトル通り、インストながらブッダを讃える曲が並ぶ作となりました。ベースと見紛う低音サウン、ピアノ演奏と見紛うサウン連弾ほか、サウンの可能性を十全に探ろうという意欲作かと思います。ほか、パ …

続きを読む>

HLAING WIN MAUNG / (unknown)

  ေ ဝ ဆ ာ တီ း ခ ် က္ ေ စ ာ င္ း လ က္ ကြ က္==============================( ေစာင္းေအာင္ကိန္းတီးခတ္သည္ )ေစာင္းေအာင္ကိန္း / လက္ေခ် ာင္းဆယ္ျဖာေတးလကၤာနွင္႔ေစာင္းတီးလံုးမ် ား ALBUM …

続きを読む>

SEIN MYA PO / THE ORVERTURES, The Myanmar Oboist

မ ဂၤ လ ာ ေ အ း ေ ရ ခ င္ း==================နွဲ စိ န္ ျမ ပို=========ေရႊတံဆိပ္( ၃ )ဆုရ နွဲစိန္ျမပို / ဧည္႕ခံတီးလံုးမ် ား ALBUM မွ – Eastern Country Productionさんの投稿 2017年8月22日火 …

続きを読む>

SAUNG ZAW WIN MAUNG / THET-WAI, On The Floral Bridge

自ら “サウン・ザウ・ウィン・マウン” と名乗る現役サウンの名手、1959年にマンダレーにて、音楽家の両親のもと、生まれたそうです。幼い頃からパッワイン(環状旋律大鼓)を習っていたそうですが、14歳の頃から歴代の名人、故インレー・ミント・マウンらにサウンを教えられ、パッワインとサウンの腕を磨いて来たそうです(現在は双方の教師、演奏家として活躍)。といわけで、 …

続きを読む>

V.A. / УМРБОКИЙ НАВОЛАР (Umrboky Navolar) Tepma 1

もう、なんにもわかりませ〜ん! お手上げです。オムニバスですね…。 で、聞くところによると(誰からだ?)、 “УМРБОКИЙ НАВОЛАР”と呼ばれる音楽祭が タシュケントで開かれているそうなので、 そんな音楽祭参加者によるオムニバスかも知れません。 とりあえず、弦楽器ドタールほかの演奏による 様々な歌のかたちが楽しめ …

続きを読む>

SEIN TINT LWIN / MYANMAR HSAING WAING ORCHESTRA

  ေၾကးသံစံုေငြႏွဲ ( ေအးေရကင္း )ျမန္မာ့ဆိုင္းပညာရွင္ စိန္တင့္လြင္ တီးခတ္သည္ ။ျမန္မာ့ဆိုင္းပညာရွင္ စိန္တင့္လြင္ – ဆိုင္းသံ ဗံုသံ ( ေျဗာ၊ ကေရာင္း၊ ေရခင္း ႏွင့္ လက္စြမ္းျပတီ …

続きを読む>

YE HTWE (Myoma) / FROM ZEYYAR SHWE MYAE TO SHWE MAN

  ေ ဇ ယ ် ာ ေ ရႊ ေ ျမ==============ေတးေရး – လင္းေခးလုလင္ေတးဂီတ – ရဲေထြး ( ၿမိဳ ႕မ )ရဲေထြး ( ၿမိဳ ႕မ ) / ေဇယ် ာေရႊေျမမွသည္ေရႊမန္းဆီသို႕ ALBUM မွ -COPYRIGHT : EASTER …

続きを読む>

ZAKIR HUSSAIN / THE ROUGH GUIDE TO ZAKIR HUSSAIN

世界でもっとも知られるタブラ奏者をラフ・ガイド! 北インド古典音楽シーンにおいて、もっとも重要なパーカッショニスト(タブラ奏者)、ザキール・フセイン。著名なタブラ奏者ウスタード・アラー・ラーカを父に持ち、幼少よりその父のもとで古典音楽とタブラ演奏を学ぶ。十代で北インドのプロ・ミュージシャンたちとの競演を開始。世界的なシタール奏者ラヴィ・シャンカールのツアー・ …

続きを読む>

木崎音頭保存会, クラーク内藤 / 木崎音頭

俚謡山脈監修の民謡シリーズ第三弾、今度は群馬だ!異常なブースト低音と歪んだ木霊が渦を巻くヘヴィーウェイト盆踊り決定版「木崎音頭」を、現地保存会のオリジナル版と当世TRAP版の新旧ダブルでリリース。これで貴方の民謡観が覆る!? 我が国で初めてレコードになった民謡であり、民謡界最大級のダンクラとして親しまれる「八木節」、その直接的な源流が群馬県太田市新田木崎町に …

続きを読む>

T. K. RAMAMOORTHY / FABULOUS NOTES AND BEATS OF THE INDIAN CARNATIC, JAZZ

南インド出身、1922年生まれのヴァイオリン奏者、T.K. ラマムーシーの1969年発表のアルバム『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』は、南インドの古典音楽であるカルナーティック音楽の厳格な音楽形式をそのまま用いつつ、インドの音楽が果たしてジャズになるのか?と問うた実験作品。西洋楽器とインドの打楽器・弦楽器を混合 …

続きを読む>

go top