WATCHA CLAN / RADIO BABEL

マルセイユを拠点に活動するワッチャ・クラン、2011年作です。地中海周辺のノマディックな旅路の途中で出会ったリズムとメロディを、ドラムンベースなどのダンス・ミュージックというフィルターを通し、目新しいサウンドを描き出すことで、ワールド・ミュージック・シーン、およびヨーロッパのミクスチャー・シーンでも注目を集める存在。収録曲14曲のうち、5曲でトラディショナル …

続きを読む>

OAI STAR / MANIFESTA

マッシリア・サウンド・システムの別働隊ワイスターの08年作です。年甲斐もなく?轟音ギターとタテ乗りビートでガンガンやってる場面が印象的~オクシタニ アっぽさはやや薄口ですが、中高年ポスト・パンク風情に自在なターンテーブルさばき&ゲームボーイ・サウンドも加味して、張り切って人生と音楽の倦怠期を 乗り切ろうとしてますよ!?ヴォーカル・スタイルはマッシリア直系です …

続きを読む>

WATCHA CLAN / LE BASTION

2000 年にデビュー・アルバムをリリース、マルセイユのオック/地中海ミクスチュアー系若手ユニット=ワッチャ・クランのサード・アルバム05年作〜マルセイユの先達マッシリア・サウンド・システムと同様、レゲエを音作りのかなめにしています。が、 マッシリアのようにダンスホール・スタイルではなくて、こちらはどちらかと言えばダブ指向~ドラムンベースやトリップホップの要 …

続きを読む>

WATCHA CLAN / DIASPORA HI-FI

フランスのマルセイユを拠点に活動するオクシタニア+汎地中海サウンドを標榜するバンドの08年作/独ピラーニャに移籍作です!紅一点女性歌 手&ラッパーをフロントに、レゲエをベースとして、エレクトロかつオクシタニアらしい感覚を打ち出しながら、今作では、ベルベルやセファルディーやアガ ディール(東欧系ユダヤ音楽)など、今昔の様々なディアスポラ・ミュージックを歌い上げ …

続きを読む>

PAPET-J / PAPET-J.COM

マッシリア・サウンド・システムのオリジナル・メンバー/創始者のひとりにしてリード・ ヴォーカルの一人、ジャリ、またの名をパペ・ジー~2005年の初ソロ・アルバムです!タイトルに隠された意味は“インターネット終末論”とのこと。 マルセイユ・スタイル/デジタル100%のラガ・ジャングル全開!全編ノリノリ、マッシリアのメンバーならではの、やや、とぼけたグルーヴに満 …

続きを読む>

CUMBIA YA ! / LA MECANCIA DEL PORRO

1950年代のオールドタイミーなクンビア&ポーロを彷彿とさせる~ガッツを感じさせながらもシックで土臭い!?フランス発のマルチカルチュラル・ユニット= “クンビア屋” の2014年新作です。前作が08年作ですから、どんだけライヴで練りこんで磨いたか?そんな前予想そのままの音、いっそー充実していますよ!~で、前作同様、ルーチョ・ベルムデス …

続きを読む>

LA TALVERA / CANCONS DEL CAP DEL PONT

美しいアルビの夜景をジャケット&ブックレットに、オクシタンの老舗フォークロア・ユニット、ラ・タルヴェーロの新作です!その内容は、ガロンヌ川に架かるアルビ橋周辺の地域 “LO CAP DEL PONT” に伝わるオック語歌謡の19世紀の採譜本をもとに歌った22曲〜もちろん、21世紀の耳にも親しめるようにラ・タルヴェーロならではのアレンジ&演奏が施さ …

続きを読む>

MASSILIA SOUND SYSTEM / OAI E LIBERTAT

2004年のライヴCD&DVD以来、グループとしての活動を停止し、ムッスーT、パペーJほか、それぞれソロ・ユニット活動に終始していたマッシリアですが、とうとう沈黙を破った07年作~前スタジオ作からは、なんと5年ぶりの作となりました!ラガ&オクシタニア~吟遊詩人がラガマフィンを歌ったらこうなる?原点回帰の力作ですね!シンプルなアレンジの切れ味、ヴォーカル重視の …

続きを読む>

DU BARTAS / TANT QUE VIRA…

Moussu T の日本での成功に続けと Lo Cor De La Plana が来春2月に来日決定ということで南仏づいている昨今、マニュ・テロン(Lo Cor De La Plana)のオクシタン・ポリフォニー研鑽の盟友ローラン・キャヴァリエ率いるデュ・バルタス、 4枚目のアルバムが届きました。「楽器つきの Lo Cor De La Plana」という面だ …

続きを読む>

MIXATAC / MIXATAC #2 ESSAOUIRA

南仏マルセイユで2008年から毎年9月に開催されているエレク卜口・ヒップホップ・フェス “Marsatac” のスタッフと、マルセイユ在住のアーティス卜からなるユニット= MIXATAC のセカンドです。ファーストはバマコへ赴き、現地ミュージシャン達との共演を繰り広げましたが、この2作目はモロッコはエッサウィーラ録音にて、現地グナウィーやラッパーをフィーチュ …

続きを読む>

MIXATAC / MIXATAC #3 BEYROUTH

南仏マルセイユで2008年から毎年9月に開催されているエレク卜口・ヒップホップ・フェス “Marsatac”のスタッフと、マルセイユ在住のアーティス卜からなるユニット= MIXATAC のサードです。ファーストはバマコで現地ミュージシャン達と録音、セカンドはエッサウィーラ、そしてこの3作目ではベイルート録音を敢行!ミスティックかつポエティックなアラブ・ミクス …

続きを読む>

CHRISTIAN TOUCAS / ERRANZA

南仏生まれながらポルトガル系のルーツを持ち、アコーディオン奏者だったという祖父の影響からこの道に入ったという若手トーカス、デビュー作です。マヌーシュ&ポルトガル音楽&ラテンやタンゴ、ブラジリアンの影響も感じさせるそのアコーディオン・プレイ、一口に言ってしまえば、マヌーシュ・スウィング界のシブーカ?

続きを読む>

SOMI DE GRANADAS / LE CHAMP DES DUNES

オクシタニアのディアトロニック奏者、ティエリー・ロック、やはりオクシタニアのコルヌミューズ(バグパイプ)&各種金管奏者のギヨーム・ロペスの二人を 中心に、カホン、ベンディール、コンガなどのパーカッション群、さらに4女声のポリフォニー・コーラスが加わり、国境なきオクシタニア音楽のロマンチック なイメージを、独特な楽器の音色を駆使して描き出した刺激的なネオ・トラ …

続きを読む>

MASSILIA SOUND SYSTEM / LIVE E LIBERTAT

四半世紀以上も南仏オクシタン音楽をリードしてきたマッシリア・サウンド・システム。07年の3MC復帰作「OAI E LIBERTAT」リリース後、08年に行った同作のライヴを収めたDVDと、長い間廃盤状態だった1996年のライヴ盤CDをセットにした1CD+1DVD作品が到着しました。パリの向風三郎さんakaカストール爺さんの>ブログに(無断リンク失礼しま~す) …

続きを読む>

ANDRE MINVIELLE, LIONEL SUAREZ / TANDEM

MM誌2011年度 EURO ロック部門1位の作品です!国内盤で再入荷致しました!リオネル・シュアレスはオクシタニアの若手アコ奏者~そしてヴェテラン~”オックのスキャットマン・クローザース”?=アンドレ・マンヴィエル(前ソロ作が当店でもベストセラー)による初の二人三脚デュオ・アルバムが届きました!ライナーノーツをふたりの共通の親友であ …

続きを読む>

go top