GORAN BREGOVIC, PASCAL COMELADE & V.A. / ARENES

南仏プロヴァンス近郊に広がる大湿原カマルグ。そこで行なわれる闘牛をテーマにしたオリジナル作品集。パスカル・コムラードがストーンズの「黒くぬれ」をカヴァーし、ゴラン・ブレゴヴィッチ、ネグレス・ヴェルトらがブラスバンドで参加。豪華ブックレット付き。

続きを読む>

ZAMAN FABRIQ

いかにもマルセイユらしい、多国籍な地中海音楽プロジェクトの作品が届きました。時の工房(Zamanはアラビア語で時間)との名前がつけられたこの楽団はマルセイユのプロデューサー/ギタリスト/サズ奏者のブルーノ・アラリが中心となり、仏人女性カヴァル奏者(トルコや東欧の短い葦笛)、仏人ヒューマンビートボックス、エジプト人のスーフィー歌手、そして仏人ベーシスト、キーボ …

続きを読む>

TROBAIRITZ D’OC / LO MAU D’AMOR

オクシタンの女性トロバドールの世界を再現!ア・カペラ・デュオにサックスがアクセントを付ける素朴で芳しい歌の世界。地中海のフォーク・ミュージックを研究していたパオラ・ロンバルドとジャズ・シンガーのヴァレリア・ベニーニ。ふたりはオクシタンの伝統音楽に強い関心があり、オクシタンのフォークロック・バンド、ルー・ダルフィンにも参加していました。また、本作に先駆けて自主 …

続きを読む>

DU BARTAS / EN CONTRA TA PEL

本作がサードとなるデュ・バルタスは、このオクシタン・ムーヴメントの中心人物の一人ローラン・キャヴァリエが率いるグループです。オクシタンの吟遊詩人らが残した詩を、ザブンバやアコーディオン、パンデイロなどブラジル北東部風味をプラスして巧みなコーラス&演奏を聞かせるお馴染みのスタイル~オクシタンのポリフォニーにフォッホーのリズムがほどよくブレンドされたサウンドはお …

続きを読む>

LO COR DE LA PLANA / MARCHA!

祝来日!>詳しくはこちら! 「このアルバムには19 世紀末のマルセイユの労働者たちの政治闘争の歌と私が書いた政治的な曲が並んでいる」(マニュ・テロン) NHK-BSの「Amazing Voice:マルセイユのブイヤベース」編で紹介された南仏マルセイユの刺激的な男声ポリフォニー・コーラス、5 年ぶりの新譜! オクシタニア文化圏の中心都市マルセイユのアーティスト …

続きを読む>

ZOUFRIS MARACAS / PRISON DOREE

南仏モンペリエやセートで育ったアルジェリア移民の二人が中心となり、路上や地下鉄で腕を磨いてきたフランスのストリートバンド=ズーフリ・マラカスの12年デビュー作!生ギターをメインにルンバロックやレゲエ、シャンソンやマヌーシュスウィングを基本に日常を歌う彼ら、かつてのレ・ネグレス・ヴェルトやサンセヴェリーノ好きにはグッとくる世界でしょうね。ZEP同様、こちらもそ …

続きを読む>

EL COMUNERO / SIGUE LUCHANDO

ゼブダのメンバーたちと、かつて革命歌集「モティヴェ!」を作ったこともある、南仏トゥールーズの市民団体=クティコレクティフによる、スペイン市民戦争抵抗歌を綴ったアルバムです!ユルルマン・ド・レオ(ローラン&エルワン)、レール・ド・リアン(トマ・ヒメネス)、17 ヒッピーズ(キキ)、エレクトリック・ゲイシャ(マックス)…そしてノワール・デジール(ドニ …

続きを読む>

LES BOUKAKES / BLEDI

南仏モンペリエのアルジェリア/フランスの混成7人組バンド “レ・ブカク” の4作目!簡単に言えば、ラシッド・タハ風のアラブ系ミクスチュアー/ロック系バンドということになるんでしょうが、ヴォーカルはもう少々アルジェリアっぽくライに近い感じもありです。ウード&ヴァイオリン、ダルブッカとチープな音感のオルガン、ちょっと濁ったカスレ声のヴァイタルな歌、ほんの少しジョ …

続きを読む>

go top