RAUL GARCIA ZARATE / LA GUITARRA ANDINA DE PERU

1931年、アヤクーチョに生まれたラウル・ガルシア・サラテは8歳の頃からギターに親しみ、12歳の時に初めてのコンサートを開きましたが、あくまでもギターは独学で学んだというのには驚きです。そのギターの音色はまさにアンデスの山々からの澄んだ空気が流れて来るようです。とにかく一音一音が深く、それだけで聞かせてしまう説得力のある演奏に圧倒されます。ギター1本でどうし …

続きを読む>

SUSANA BACA / MAMA

母親から聴き継いだワルツ、フェスティ―ホ、タンゴ、キューバンなど南米の名曲の他、ペルー革命時代に残された大物歌手、チャブーカ・グランダの貴重作品にも挑戦!派手な歌唱を避け、円やかな歌声で丁寧に歌詞を綴っていく深い「歌」の世界。洗練された解釈で演奏された「サボール・ア・ミ」など全19曲!スサーナ・バカ自らの企画で遂に実現した入魂の2枚組。プロデュースは、グレッ …

続きを読む>

CHABUCA GRANDA / CADA CANCION CON SU RAZON

ペルーでは今なお特別な存在であり続ける女性作曲家/歌手~チャブーカ・グランダの不朽の名作が再プレス・再発されました!ペルーを、そしてラテン・アメリカを代表する女性作曲家/歌手の一人、チャブーカ・グランダの集大成!代表曲「ニッケの花」、カエターノ・ヴェローゾのカヴァーで知られる「粋な男」等の自作自演ヴァージョンも収録!都会的で洗練されたメロディーと黒人系音楽の …

続きを読む>

JAIME GUARDIA / EL CHARANGO DEL PERU

再入荷しました!南米インディオ系・最高峰の音楽家、リラ・パウシーナのリーダー的存在でもある、最高のチャランゴ奏者、来日もしてくれたハイメ・グアルディアの数少ない1980年代のソロ名義録音21曲が収められた素晴らしい復刻CDです(LPにして2枚のアルバムしか残していないハズです…)。アンデス高地の澄んだ青空、あるかないかの風に揺れる梢を想わせる、よ …

続きを読む>

CONJUNTO LIRA PAUCINA

南米大陸において、アタウアルパ・ユパンキにも匹敵する巨匠=ハイメ・グァルディア(こういうことは言うべきじゃないかも知れませんが、~個人的には、絶対に笑顔を見せてくれないユパンキよりも、いつも笑顔をたやさない?ような雰囲気も漂うこちら、ハイメ翁の方が、好きだったりするんですが…)も参加していた~リラ・パウシーナの復刻コレクション・アルバムです。ペル …

続きを読む>

JESUS VASQUEZ / LA REYNA Y SENORA

10年の4月に齢89才で亡くなってしまった~バルス・ペルアーノの最初のスター女性歌手(1939年リマでラジオ・デビュー)、ヘスース・バスケスの新譜/追悼復刻コレクションCDが届きました!…未だペルーに自前のレコード・スタジオがなかった1940~50年代初頭、ペルーならではのバルス(=ワルツ)をブエノスアイレスでSP録音し、ブエノスはもちろん、メキ …

続きを読む>

ARTURO ZAMBO CAVERO & OSCAR AVILES / CONTIGO PERU

去年、惜しまれつつも亡くなってしまったサンボ・カベーロの追悼/復刻アルバムです。これもまたペルーを代表する1枚と言っていいでしょうね…。シエラ(山岳)の音楽の代表格がリラ・パウシーナであり、ハイメ・グァルディアであるなら、コスタ(海岸)の音楽の代表格は、このアルトゥーロ・サンボ・カベーロであり、オスカル・アビレースだと思います。バルス・ペルアーノ …

続きを読む>

LOS GUARDIANES DE LA MUSICA CRIOLLA / LA GRAN REUNION, CRISTAL HERIDO -2nd

リマの新興サヤリー・レーベルによるペルー/クリオージョ歌謡音楽版“ブエナビスタ”ということで、グラン・レユニオン・シリーズ/ロス・グァルディアネス・ラ・ムシカ・クリオージャの連作~09年リリースのファーストCD「レナシミエント」、そして2010年リリースのセカンドCD「クリスタル・エリード」です!20世紀後半を通じてバルス・ペルアーノ/マリネーラ/ランドー/ …

続きを読む>

LOS GUARDIANES DE LA MUSICA CRIOLLA / LA GRAN REUNION, RENACIMIENT -1st

リマの新興サヤリー・レーベルによるペルー/クリオージョ歌謡音楽版“ブエナビスタ”ということで、グラン・レユニオン・シリーズ/ロス・グァルディアネス・ラ・ムシカ・クリオージャの連作~09年リリースのファーストCD「レナシミエント」、そして2010年リリースのセカンドCD「クリスタル・エリード」です!20世紀後半を通じてバルス・ペルアーノ/マリネーラ/ランドー/ …

続きを読む>

ROMULO VARILLAS

ペルーのクリオージョ系名門ギター&ヴォーカル・トリオ=ロス・エンバハドーレス・クリオージョスで40年代から初代リード・ヴォーカルをつとめ、ピラータ(海賊)と渾名され親しまれたロームロ・バリジャス(1922~98)のソロをフィーチュアーした旧録複刻集です。多くは50~60年代頃の録音と思われますが、いかにもペルーらしいバルス(ワルツ)やボレーロがメランコリック …

続きを読む>

V.A. / EL PARRAL POTPOURRI DE VALS, POLKAS Y MARINERAS

DISVENSA or SONO RADIOレーベルより発売されていたペルー・クリオージャ系、バルス~ポルカ~マリネーラの70年代の企画版アルバムの復刻ではないかと思われるCDです。まず1曲目の、エディット・バール、デゥオ・ラ・リメニータ・イ・アスコイ、コンフント・フィエスタ・クリオージャなどによる17分35秒に及ぶメドレーが圧巻!バルスから始まりポルカを経 …

続きを読む>

FAMILIAS CASTILLO Y TERRY / DE FAMILIA, PUREZA DE UNA TARADICION

ペルー現役古老によるクリオージョ歌謡新録・バルデロマール家とダビラ家共作に続く第2弾!ペルーの首都リマの下町で19世紀の終わり頃から演奏され1930代ごろにはスタイルが出来上がったといわれるクリオージャ音楽バルス(ペルー版ワルツ)。ヘスス・バスケス、そしてチャブーカ・グランダなどが高度に洗練させペルーを代表する音楽へと導いたわけですが、その下地というかそのル …

続きを読む>

FAMILIAS VALDELOMAR Y DAVILA / DE FAMILIA, PUREZA DE UNA TARADICION

ペルー現役古老によるクリオージョ歌謡新録・第1弾の充実盤です!ペルーの首都リマの下町で19世紀の終わり頃から演奏され1930代ごろにはスタイルが出来上がったといわれるクリオージャ音楽バルス(ペルー版ワルツ)。ヘスス・バスケスやチャブーカ・グランダなどが高度に洗練させペルーを代表する音楽へと導いたわけですが、その下地というかそのルーツでもある、リマ庶民が楽しみ …

続きを読む>

LOS DESTELLOS / SOLO ELLOS…

久々の再入荷!ペルーの大衆酒場ダンス・ミュージックであるチーチャ、90年代にはテクノ・クンビアやアマゾン・クンビアなんて呼ばれてもいました。近年NYのレーベルからリリースされ国内配給もされた>「ザ・ルーツ・オブ・チーチャ」シリーズが話題となり、ワールド・ミュージック・ファン以外にもウケてますよね。で、本作はペルーの名門レーベル、イエンプサから09年デジパック …

続きを読む>

PASTORITA HUARACINA

1940年代頃から“ペルー・フォルクローレの女王”といわれるウァイノ系女性歌手パストリータ・ウアラシーナ(ウアラの羊飼い娘)の代表的CDの一つとなります。~原盤はペルーのヴィーレイもしくはメキシコのオルフェオンじゃないでしょうか?で、このパストリータ、生まれはペルー北部アンデスのアンカシ地方、8歳で首都リマに移り住み12歳から人前で踊ったり歌ったりし始めたそ …

続きを読む>

go top