EVA AYLLON & JEAN PIERRE MAGNET / LA CANTAN AL PERU EN VIVO, LA GRAN BANDA

2001年9月のライヴ録音~ペルーJAZZの人気ビッグバンドを率いるジェアン・ピエル・マグネトが、ペルー混血歌謡 / 現役女王と呼べるエバ・アイヨンのバックをつとめた作です。本作の成功に気を良くしたか、06年のライヴ(キューバンにも挑戦)を収めた続編もリリースされましたが、当店的には、「トロ・マタ」や「ラ・フロール・デ・ラ・カネラ(ニッケの花)~フィナ・エス …

続きを読む>

JORGE PARDO / MUSICA TRADICIONAL PERUANA, Homenaje A Arturo Zambo Cabero & Oscar Aviles

既に、ずいぶん前に >>こちら (無断リンクすみません)で紹介されましたが、やっと入荷しました。ペルーの人気男性バラーダ歌手(71年生まれ)、ホルヘ・パルドの2010年作~タイトル通り、『ペルーの伝統音楽』クリージョ歌謡を慈しむように歌い綴り、故アルトゥーロ・サンボ・カベーロとオスカル・アビレスというペルー音楽界史上最高のデュオに捧げています。バ …

続きを読む>

RAUL GARCIA ZARATE / 15 EXITOS DE ORO

1932年生まれ、既に60年以上のキャリアを持つペルーのギター・ヴァーチュオーゾ=ラウル・ガルシア・サラテ、1991年リリースのソロ演奏ベスト編集CDの再発盤となります。オスカル・アビレスがクリオージョや黒人系音楽のギタリスト最高峰だとすれば、アンデス民謡系ギターの現役最高峰はこの人ということになるでしょう。単純なようで複雑、複雑かと思うと単純な、深いニュア …

続きを読む>

JEAN PIERRE MAGNET Y SERENATA DE LOS ANDES

ペルーのジャズ界を引率してきたサックス奏者ジェアン・ピエル・マグネトの入魂作~セレナータ・デ・ロス・アンデス名義の11年発売最新作です。~アンデス山系の民謡系音楽ウァイノがポピュラー音楽化する過程で盛んとなったブラスバンド・スタイルを、ジャズ的手法を加えながら演じた意欲作!近年はお手軽なシンセ・スタイルに圧され下火になっていたブラスバンド・ウァイノを、ヴァイ …

続きを読む>

OSCAR AVILES Y SU CONJUNTO FIESTA CRIOLLA / GRANDES EXITOS

ウンベルト・セルバンテス&パンチート・ヒメネスという歌い手を得て、1955年から70年まで断続的に活動したペルーの名ギタリスト=オスカル・アビレスが率いたコンフント・フィエスタ・クリージャのベストCDです!多くは60年代録音と思われますが、ヴァルス・ペルアーノを中心に、フェスティーホやポルカ、マリネーラも交えながら、常よりも軽く、どちらかといえば、 …

続きを読む>

MARIA JESUS / SIEMPRE MISKI

ペルーの有名音楽ファミリーに生まれ、TVやラジオの司会としても活躍中というマリア・ヘスース(マリアさま&ジーザスですから、スゴイお名前ですねえ)のウァイノ・アルバム~04年作の再入荷です!アコースティックで爽やかな、親しみやすいアンデス山系のインディオ歌謡を存分に楽しませてくれるわけですが、コレが彼の地で親しまれている現在形ウァイノの中でも、目立って良質な録 …

続きを読む>

LOS AVILES / DICEN QUE EL VALS SE MUERE ?

ペルーのクリオージョ音楽の名ギタリスト、オスカル・アビレスのサウンドを継承したグループ=ロス・アビーレスの07年録音です。アビーレスの息子、オスカル・アビーレス JR. がアレンジと音楽監督を務め、その道の現役玄人たち、ギター、ベース、フルート、カホーン、そして歌い手たちが集結!「バルスが死んだって言われてるけどな(そんなはずは無いじゃないか)」と歌われる冒 …

続きを読む>

JESUS VASQUEZ Y VICTOR DAVALOS / CANTAN JUNTOS…

バルスの女王ヘスース・バスケスと、ペルー山岳地方 / リマに次ぐペルー第2の都市アレキパの地で最も名高い兄弟ヴォーカル・デュオの名歌手=ビクトル・ダバロスによるデュエット・アルバム1960年代バルス作品の複刻CDです。いつに変わらず華麗でいて清楚、丁寧な歌声を聞かせるヘスースに、これでもかのディープな哀愁&泣きの高音声で寄りそうビクトル・ダバロスです。優雅な …

続きを読む>

EDUARDO ABAN, WILLY TERRY / EN SU PUNTO

ペルー版『ブエナ・ビスタ』もしくは『すばらしきサンバの仲間たち』とも言われる『ラ・グラン・レウニオン』シリーズ / ペルー海岸地方都市部を中心に庶民の中で受け継がれてきた伝統音楽ムシカ・クリオージャをその古老たちの演奏で紹介し、大きく話題となったシリーズです。~その企画発案者であり音楽プロデューサーでもあった、ギターのウィリー・テリーとカホン奏者パペオ・アバ …

続きを読む>

ROSA GUZMAN, SERGIO VALDEOS & EDWARD PEREZ / DESPERTAR

ラ・グレン・レウニオンを発売しているペルーの新興レーベル、サヤリーの新作は、ペルー・ムシカ・クリオージャの注目作です。女性歌手ロサ・グスマン、ペルーヴィアン・ギター=セルヒオ・バルデオス、ダブルベース=エドワルド・ペレスという3人を中心に、曲によりアコーディオンやパーカッションが加わるという構成で、もちろん完全アコースティック、格調高いペルー混血歌謡を聞かせ …

続きを読む>

V.A. / VAMOS DONCE PORFIRIO

ペルーの首都リマの歴史地区バラコアで1984年から営業するペーニャ(ライブ・ハウス)、ドン・ポルフィリオゆかりのアーティストを集めて録音されたアルバムです。タイトル『バモス・ドンデ・ポルフィリオ』は、「ポルフィリオに行こう」という意味で、このペーニャはクリオーヨ音楽を専門に聞かせ、ほぼ現地の人しか行かないのですが音楽好きには有名な場所です。店名のポルフィリオ …

続きを読む>

ABELARDO VASQUEZ / HOMENAJE A…DON PORFIRIO, PIPO Y VIGENTE

名盤再入荷です!ムシカ・クリオージャ、アフロ・ペルー音楽の名盤がついに複刻されました。首都リマの歴史地区バラコアで、1884年から営業するペーニャ(=ライブ・ハウス)<ドン・ポルフィリオ> ゆかりのアーティストによる、トリビュート・アルバムです。そのドン・ポルフィリオとは、本作で演じるアベラルド・バスケスやペペ・バスケスの父“アフロ・ペルー音楽の首長”とされ …

続きを読む>

SUPER CHOLO BAND / HUANCA

2010年に結成されたスーペル・チョロ・バンドは、ペルー中央高地のフニン県マンタロ谷周辺のフォルクローレとロックを融合させたオリジナリティ溢れるサウンドを披露します。ウアンカ族も多く住むマンタロ谷周辺のフォルクローレに、クンビア、ウアィノ等の要素をプラス、そしてエレキギターやドラムなどの楽器を駆使し、ロック・テイストに仕上げています。強烈なグルーヴと、ペルー …

続きを読む>

LOS TERAPEUTAS DEL RITMO / 80’s EN CUMBIA

2011年、ペルーで最も売れたCD!?80年代の世界的ヒット曲をクンビアでカバー!とにかく踊れるクンビア・アルバムがペルーから届きました!マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」からザ・ローリング・ストーンズの「サティスファクション」まで誰でもがどこかで聞いたことのある大ヒット曲をいなたいリズムとキッチュなキーボード、エレキ・ギターの音で大胆アレンジ。ギター …

続きを読む>

笹久保伸 SHIN SASAKUBO / SEMILLA DE ALAS

笹久保伸、21歳の時、単身ペルーに渡り、現地の巨匠たちと交流を重ね、さらにアンデスの村々まで出向き音楽採取を行い、生活に根ざしたフォルクローレを独自に習得。滞在中にペルーの名門レーベル、イエンプサの目にとまり、他の現地レーベルも含め、現在までに13枚のアルバムをリリース。ペルーのみならず、伝統的な音楽の分野では異例中の異例といえる出来事です。本作は、29歳に …

続きを読む>

go top