MAURO SENISE / DANCAS

元アカデミア・ジ・ダンサス、ヴェテラン・フルート&サックス奏者〜マウロ・セニージシン新作は “ダンス” をテーマにMPB BOSSA CHORO 過去曲をカヴァーしたインスト / 大人のブラジリアンJAZZ作品CD&DVD〜ヴァルテル・カルヴァーリョ監督によるアーティスティックな映像も必見〜Jota Moraes / Cristóvão Bastos / A …

続きを読む>

ZEQUINHA DE ABREU com ORLANDO SILVEIRA e ANTENOGENES SILVA / 10 poleg adas -odeon

コピーコントロール!ですが、ブラジル / Odeon の10インチLPをカップリングしたシリーズ。 〜アコーディオン名手、オルランド・シルヴェイラがショーロの名作曲家、ゼキーニャ・ジ・アブリウの曲を綴る1枚と、やはりアコーディオン奏者 ANTENOGENES SILVA がワルツを綴った1枚(SP復刻集)のカップリング。

続きを読む>

LUIZ FLAVIO ALCOFRA / FOTOGRAFIA

ギタリスト – ルイス・フラヴィオ・アルコフラの初ソロ作はショーロ~静かなジャズ~ヴォーカル入りのサンバ~クラシカルな楽曲まで、マルコス・サクラメントら多くのゲスト・プレイヤーを迎えた組曲仕立てのアルバム。 Composição de Luiz Flávio Alcofra, participação especial de Marcos Sac …

続きを読む>

V.A. / CHORA CARTOLA

1908年生まれのカルトーラは今年が生誕100年。ブラジルでは、没後28年にして、たくさんの追悼プロジェクトが組まれています。そんな中で、カル トーラ作品をショーロのアレンジで楽しませてくれるのがこのアルバム。カルトーラは歴代のサンバ作曲家の中でも最高のメロディ・メイカー、それもショーロ の影響を強く受けた人だったので、残された珠玉の名曲をショーロ風のアレン …

続きを読む>

PIXINGUINHA / O MAESTRO DO BRASIL 『ピシンギーニャ ブラジル音楽の父』

ライス・レコード田中勝則氏・入魂!“ブラジル音楽の父”作曲家・演奏家のピシンギーニャ/1920~40年代クロノジカ ル・ベスト・コレクション!何と言っても、知られざる“フルート演奏家”としてのピシンギーニャの魅力を、ストレートに伝えてくれる30年前後の録音が、 初めてまとまったかたちで聴けるのが嬉しいワケですし、渡欧時に受けた刺激をきっかけに、いち早くジャズ …

続きを読む>

井上みつる 『オオクワガタの森』

僕が「オオクワガタの森」に通うようになって20年以上の年月が経ちますが、毎年どんどん森が壊されています。開発、心 無い採集者……..「彼らの 住む森がいつまでも平和でいてほしい。」そんな気持ちで作ったのがこのCD森のメッセージ「オオクワガタの森」です。是非み なさんも森のメッセージを聞いてください。(作者メッセージより)] >http://www.ookuw …

続きを読む>

QU4TRO A ZERO / CHORO ELETRICO

ショーロ若手クァルテートなんですが、面白いのはその編成~エレキ・ギター&ベース、キーボード、ドラムスでショーロを演奏!お手本はラダメス・ニャター リのセクステートだっていうから、これは注目ですね。ラダメス・ナンバーをはじめ、ジャコー、ピシンギーニャらの曲を、斬新なアレンジでカヴァーしています。 参考△

続きを読む>

HENRIQUE CAZES & FAMILIA VIOLAO / DESDEQUE O CHORO E CHORO….

エンリッキ・カゼスが1996年に結成したファミーリア・ヴィオローン名義で発表した作=130年もの歴史を持つブラジルのインストルメンタル音楽ショー ロの歴史を、そのスタート地点から現在まで、駆け足で紹介した内容で、もちろん、弦楽器の響きをタップリ楽しませてくれるます。リマスタリング済み!

続きを読む>

HENRIQUE & BETO CAZES , FERNANDO NOURA / ELETRO PIXINGUINHA

ショーロの父ピシンギーニャの作品が、エレクトロに蘇る?エンリッキ&ベト・カゼス兄弟と、マリーザ・モンチのバックを務めるキーボード奏者フェルナンド・モウラが組んだ異色作!未来派ショーロ?なる造語を生みそうな意欲作? >試聴可!?

続きを読む>

HENRIQUE CAZES & MARCELLO GONCALVES / A MUSICA DE GAROTO POR (ガロートの思い出)

ンリッキ・カゼス(カヴァキーニョ)とマルセーロ・ゴンサルヴィス(7弦ギター)のデュエット、5年ぶりになるデュオ名義の07年作~今回は幻のマルチ弦楽器 奏者ガロート(1915-1955)の作品集! ボサノーヴァのハーモニーをボサ生誕より10年も前に演奏していたというガロート、そんな天才ガロートが残したショーロ作品を、ギターとカヴァキーニョの みのデュオ・インス …

続きを読む>

NOITES CARIOCAS 『ショーロの夕べ』

アクースティック音楽の宝庫ブラジルで生まれ、ジャズよりも古い歴史を持つ極上のインストルメンタル・ミュージック、ショーロ。艶やかな弦の響き、躍動するリズム。 本作は、パウリーニョ・ダ・ヴィオラ、エンリッキ・カゼス、アルタミーロ・カリーリョ、パウロ・モウラら、現代ブラジルを代表するショーロの名 人たちが一同に会して繰り広げた、夢の競演を収めたライヴ・アルバム。緊 …

続きを読む>

HENRIQUE CAZES / TOCANDO WALDIR AZEVEDO

ショーロ界のオピニオン・リーダー格、既に芸歴30年を数えるというエンリッキ・カゼスの1990年セカンド・アルバムが復刻されました。カヴァキーニョをショーロのソロ楽器に高めた師匠ヴァルジール・アゼヴェード作品に挑戦、「ブラジレイリーニョ」「デリカード」といった名曲の数々を、新しいアイデアでカヴァーしています。ボーナス曲”Minhas Mãos me …

続きを読む>

V.A. / SEMPRE JACOB 『永遠のジャコー』

現代ショーロの基盤を築き上げた最高の功労者、ジャコー・ド・バンドリン〜伝統への回帰とモダンな整合性の獲得という相対する成果を、そのバンドリン演奏を通じて見事に成し遂げた人ですね。そんなジャコーへの想いをそれぞれに感じさせてくれるこのジャコー作品カヴァー競演企画盤〜ジョセール・ナシメントからノー・エン・ピンゴ・ダーグア、エンリッキ率いるオルケストラ・コルダス・ …

続きを読む>

go top