HENRIQUE CAZE e MARCELLO GONCALVES / PIXINGUINHA DE BOLSO

ショー最高のカヴァキーニョ奏者&天才?ギタリスト、マルセーロ・ゴンサルヴィスとのデュエット2000年作〜ブラジル音楽の父ともされるピシンギーニャの作品を、たった二人で奏でます。ピシンギーニャに捧げられた弦の交わり、なんとも淡々としっとりとしたイイ作品になっています。

続きを読む>

CONJUNTO EPOCA DE OURO

1964 年、故ジャコー・ド・バンドリンによって結成され、既に46年の歴史を持つショーロの伝説的楽団~この5月に来日公演を行ってくれたエポカ・ジ・オウロ 2010年の来日記念盤=新作となります!ジョルジーニョ・ド・パンデイロ/パンデイロ, ロナウド・ド・バンドリン/バンドリン, ジョルジ・フィーリョ/カヴァキーニョ, トニ・アゼレード/7弦ギター, アンドレ …

続きを読む>

HENRIQUE CAZES / TUDE E CHORO 『ショーロ・アラウンド・ザ・ワールド』

ショーロで世界一周!異才エンリッキ・カゼスの新作は、世界中から、ショーロ的要素を兼ね備えた楽曲を探し出し演奏するという企画的アルバ ム!例えば日本からは”東京ラプソディー”そしてキューバからはハバネーラの有名曲”トゥ”、ハワイは”フラ・ガール”、中国”何日君再来”と…、こ れはもう、まず選曲の妙&アイデアで、もう既に面白そうでしょ!?

続きを読む>

V.A. / UMA HISTORIA DO CHORO 『ショーロ歴史物語』

1870年代には成立していたとされるショーロの長い歴史を、田中勝則さんのプロデュースのもと、現在のブラジル若手音楽家たちとともに再現したはじめて の試み~神話時代の大物カラードから、ブラジル音楽の父ピシンギーニャ、そしてモダンなショーロの基礎を作ったジャコー・ド・バンドリンやヴァルジール・ アゼヴェードまで、この分野の巨匠たちが残した作品が、いまの若手たちの …

続きを読む>

DEO RIAN / GOTAS DE OURO

ショーロは19世紀後半に生まれ、いまだブラジル音楽の基盤となっているインストルメンタル音楽。そのショー ロが復興された70年代に登場したバンドリン奏者がデオ・リアンだ。このアルバムはそんな彼の最初期である70年と76年の録音をカップリング。新しい世 代のショーロの創造に向けて躍起になる時代をまさに代表する演奏を楽しませてくれる。レパートリーの多くは1世紀近く …

続きを読む>

YAMANDU COSTA, HAMILTON DE HOLANDA / LUZ DA AURORA

ショーロ・シーンの今を代表する二人が共演したライヴ・アルバム! ブラジル独自のインストルメンタル・ミュージックと言えばショーロ。そのシーンの頂点に君臨する二人、 7弦ギタリストのヤマンドゥ・コスタと、バンドリン奏者アミルトン・ジ・オランダが共演した名作ライヴがこれだ。ここで取り上げているのは両者によるオリ ジナルが中心で、それぞれ異なるキャラクターを持つ二つ …

続きを読む>

HENRIQUE CAZES / RELENDO WALDIR AZEVEDO 『デリカード』

縦横無尽に奏でられる弦楽器の響き! ブラジルならではのインストゥルメンタル音楽(ショーロ)の最高に楽しい1枚です。第一人者エンリッキ・カゼスの名作!(メーカーインフォより) 1. Delicado 2. Pedacinhos do Cu 3. Carioquinha 4. Quitandinha 5. Choro Novo Em D 6. Brasileir …

続きを読む>

HENRIQUE CAZES / UMA HISTORIA DO CAVAQUINHO BRASILEIRO

現行ショーロ・シーン、最高のカヴァキーニョ奏者エンリッキ・カゼスが、ブラジル音楽の歴史を新たな視点で捉えた意欲作を発表してくれました。サンバや ショーロには絶対に欠かせない弦楽器カヴァキーニョは大航海時代にポルトガルから伝わったブラギーニャという小型ギターが発展したもの。以後、ブラジル音 楽におけるリズムの要としてだけでなく、特にショーロの分野ではソロ楽器と …

続きを読む>

HAMILTON DE HOLANDA / MUNDO DE PIXINGUINHA

ブラジル音楽の父を偲んで天才バンドリン奏者と世界各地のマエストロたちが奇跡のコラボ! 現代ブラジル音楽の基礎を築いた最大の功労者といえるのが〈ブラジル音楽の父〉ことピシンギーニャ。その名曲の数々を、現在最高のバンドリン奏者アミルトン・ジ・オランダと、その彼と親交のある世界中の一流音楽家らとのコラボレイションで聞かせるのが、このアルバムだ。参加しているのは、ピ …

続きを読む>

LEO GANDELMAN / VENTOS DO NORTE

ひょんないきさつからご紹介が大変遅くなりましたが(??)、 当店的には今年(2013年)のブラジルものナンバー1プッシュですね!?こんなに大人っぽくて、演奏がしっかりしていて、ムード満点なインスト音楽、今時どこにあるでしょうか! ▶こちらで紹介!(無断リンクすみません!) “ヴェントス・ド・ノルチ~北東部サキソフォン奏者たちに捧ぐ” 祖国ブラジルだけでなく欧 …

続きを読む>

V.A. / LE CHORO CONTEMPORAIN 1978 -1999

1970年代後半から、90年代を通してのブラジリアン・ショーロの名演をコンパイルした2枚組。アベル・フェレイラ、シキーニョ・ド・アコルデオン、パウロ・モウラ、エンリッキ・カゼスといったモダン・ショーロのヴァーチュオーゾを収録!

続きを読む>

DANIELA SPIELMANN E GERSON POMP / A VIDA VALE A PENA

『ブラジリアン・ブレス』で、日本でもファンの多いブラジルの美形女性サックス奏者ダニエラ・スピエルマンが、実にユニークなアルバムを届けてくれました。叔父のジェルソン・ポンプが書きためたたくさんの詩にダニエラが作曲。それをモイセス・マルケースやアウレア・マルチンスらに歌ってもらおうという企画〜ダニエラの作曲ゆえにどれもショーロの香りがする粋な旋律ばかり。そんな曲 …

続きを読む>

UAKTI / BEATLES

ウアクチの12年作はビートルズ結成50周年を記念して「ビートルズ」と題されたアルバムになりました。すべてカヴァー、ショーロ系ブラジリアン・インストユニットの彼らにしか演奏できないビートルズ!なんか、笑えたり、可愛かったり、爽やかだったり、不思議な演奏&解釈です。ビートルズ・マニアにもオススメしたいところ。

続きを読む>

RAFAEL MALLMITH / CORDAO AMIGO

リオを拠点に活躍する7弦ギタリスト、ラファエール・マルミッチのショーロ・アルバム。自身による作曲のものが中心ですが、ピシンギーニャ風のものや、ヴォーカル入りのナンバーなど、多彩なスタイルを聞かせます。落ち着いた演奏が心に染み入ります。

続きを読む>

CHORO NA FEIRA / PEDRA RISCADA

フランクリン(フルート)、ビリーニョ(7弦ギター)、イネース(カヴァキーニョ)ら、長年の仲間たちが集まったベテラン・ショーロ・グループの新作。これが4枚めで、すべて自主制作です。いかにも友人たちのグループらしい、気の合った演奏ぶりが魅力。ヘンな野心がない穏やかで優しい演奏に癒されます。

続きを読む>

go top