新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

ANNA BELLO / LAGRIMAS E RIMAS

ブラジル都市音楽の伝統の基盤にある、インスト音楽ショーロの歴史は150年にも及ぶとされています。そしてショーロが歌謡となったのも、もう80年も前のこと…。で、唐突ですが、そんな古い歌謡ショーロの伝統が新人女性歌手=アナ・ベーロの歌声で蘇りました!故アデミルジ・フォンセーカ以来じゃないでしょうか(というか、亡くなる直前までアデミルジにショーロ唱法を …

続きを読む>

TRIO PRETO +1

いわゆるブラック・サンバでは久しぶりの注目作。あのセウ・ジョルジに作品を提供した作曲家たちが中心になってフランス公演をバックアップ。その好評に応えてグループとして正式デビューしてしまったのがこの4人組です。パゴージでもブレーガでもない気骨を感じさせる歌と演奏です。セウ・ジョルジ系のサンバがお好きな方にお勧め。

続きを読む>

MARIENE DE CASTRO / TABAROINHA

バイーア出身の女性サンバ歌手の新作はとってもユニーク。アルリンド・クルースやマルチーニョ・ダ・ヴィーラ、ロッキ・フェレイラの作品を取り上げながら、さらに同郷の大先輩ドリヴァール・カイーミ作品、そしてシスト・バイーアの「イスト・エ・ボン」まで!「イスト・エ・ボン」は1901年、ブラジルではじめて録音されたレコードに収録されたルンドゥーの名曲です。

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / EM FAMILIA

長男が誕生した喜びに溢れる、子供シリーズ三部作の記念すべき第一作目。「ローロ」「ドン・キホーテ」「エン・ファミーリア」とその後も数多く演奏される名曲ぞろいの81年の傑作。日本初CD 化!

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / ALMA

過去の自作曲をピアノ・ソロで再演した名作。EMI 音源からのマスタリングで、ジスモンチの繊細かつ大胆なピアノのタッチがより鮮明に。またECM 盤とは収録曲が異なり「インファンシア(幼少期)」を収録。他にも「水とワイン」「フレヴォ」などベストな選曲で、ジスモンチの初心者にもお勧め。86年作。日本初CD化!

続きを読む>

PAHINUI HAWAIIAN BAND

偉大なスラック・キー・ギタリスト、ギャビィ・パヒヌイの息子であり、パヒヌイ・ブラザーズ名義のヒット・アルバムやダンシング・キャットでの諸作品でもよく知られるシリル・パヒヌイ。ギャビィのスタイルを伝承する一方、幅広い音楽性ももち、ハワイはもちろん日本でも多くのファンを獲得しています。本作は、そんなシリルが長年の仲間であるスティール・ギターの名手でレーベル・オー …

続きを読む>

ANNA RATTO

前作まではアンナ・ルイーザ(Anna Luisa)という芸名。このアルバムからアナ・ラットに変えました。2005年のデビュー作ではセウ・ジョルジやペドロ・ルイスとの共作を聞かせ、2008年の2枚めではエドゥ・ロボやエスコーラ・ジ・サンバの打楽器隊と共演するなど、ユニークなアルバム作りをしてきた人ですが、本作ではダニ・ブラックの新曲、さらにトン・ゼー作品を2曲 …

続きを読む>

CRIOLO / NA ORELHA

あのカエターノも絶賛した新たなブラジルの才能が、このクリオーロ。サンパウロのファヴェーラ(スラム街)で育った彼は、十代初頭にラッパーを目指し、成人してからは教師をしながら地道に活動を展開。三十代になってデビュー・アルバムを発表すると同時に、大人気となったヒップ・ホップ・イヴェントを立ち上げ、地元のシーンの絶大な信頼を得てきたそう。そんなクリオーロがナソーン・ …

続きを読む>

MASTER KONG NAY / MEKONG DELTA BLUES

>こちらで紹介されています(陳謝!) 誰が呼んだか、カンボジアのレイ・チャールズ!もとい”カンボジアの文弥節!” 〜盲目の3弦月琴のチャペイを弾き語る吟遊詩人、コン・ナイ!ポルポトの嵐をくぐり抜け、歌い継いだ弾き語りは、まさにブルース!ミシシッピーならぬメコンの流れを揺籃に、そしてクメールの伝統を足場に、自由な弾き語りで楽しませてくれ …

続きを読む>

LULA E LAILSON / SATWA

伝説のアルバムとも言われる「SATWA」を復刻!UKの老舗レーベルMR BONGO のブラジリアン・サイケ・リイシュー・シリーズです。本作は、南米アンダーグラウンド・サイケデリック・シーンの超重要人物、ルーラ・コルテスと米国帰りの12弦ギターの名手ライルソン が1973年にリリースしたアルバム。ブラジル初のインディー・レコードでもあります。ルーラが奏でるシタ …

続きを読む>

GUILHERME DE BRITO / S/T (幻のファーストアルバム)

サンバの巨匠ギリェルミ・ジ・ブリートが2006年4月26日に亡くなりました。そこで追悼アルバムとして同年に再発されたのが、それまで未CD化だった1980年録音の初ソロ・アルバム。本作はそのリイシュー盤~収録されたレパートリーの多くは、長年一緒に曲を作ってきたネルソン・カヴァキーニョとの共作です。「詩人の涙」「枯れ葉」など、サンバ史上に燦然と輝く名曲を、ギリェ …

続きを読む>

CARTOLA / COLECAO ELDORADO (未発表録音)

最高のサンバ作曲家カルトーラが晩年に残した貴重な録音を2000年に初CD化された作品がついに再発されました。内容はサンパウロのラジオ・エルドラードの番組のために79年頃に録音されたテープを編集したもの。亡くなる直前のカルトーラによる、ギター弾き語りが楽しめるアルバムです。カルトーラは坦々とこれまでの人生を語り、自作曲をギターをつま弾きながら歌ってくれます。い …

続きを読む>

go top