CONJUNTO CASINO / VOY A ELEVAR MI VOZ

ロベルト・エスピをリーダーにロベルト・ファス、パタートなどのスターを輩出した1940~1950年代の大人気名門バンド、コンフント・カシーノの伝統と名前を引き継ぐバンドの2010年作。カシーノはトランペット数本を軸としたすきっとしたブラス・セクションと小気味よい歌い口の歌手が、スピード感一杯の曲とフィーリン的なボレロを聞かせるバンド。本CDでもその伝統を引き継 …

続きを読む>

JUAN FROMELL Y LOS VAN VAN / ESO QUE ANDA – VAN VAN FEVER (2DVD)

ロス・バン・バンの新作は、2枚組のDVDとなりました。1枚目は、イアン・パドロン監督によるドキュメンタリー。歴代のメンバーや関係者へのインタビューを中心に編成されていますが、時折挟まれる1970年代の白黒映像はかなり刺激的。テレビ出演時の演奏やスタジオ・ワークの様子など、どれほど彼らの登場がキューバ音楽に刺激を与えたかが手に取るように分かります。皆とにかく若 …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO / ROMPIENDO LA RUTINA -Tributo a Paulina Alvarez

まだまだ元気に一線で活躍する、キューバを代表する世界的歌姫、オマーラ・ポルトゥオンドの新作です。~オマーラの大先輩にあたり、ダンソネーテ(ダンソン歌謡)の先駆者でもある女性歌手パウリーナ・アルバレスのレパートリーの挑戦しています。しかも、パウリーナの当時の録音に、オマーラがオーヴァー・ダビングで歌う内容!パウリーナの歌に絡んだりハモったり、またコーラスを付け …

続きを読む>

ROBERTO FONSECA / LIVE IN MARCIAC

期待のキューバ若手ピアニスト新作は、09年/南フランスのジャズ・フェス”JAZZ IN MARCIAC” におけるパフォーマンス!自身のレギュラー・クィンテットとともに近年のアルバム収録曲をプレイ~白熱のラテン・ジャズを繰り広げています。DVDはNTSCリージョン・フリーなので、国内向けプレイヤーで再生可です。

続きを読む>

ADALBERTO ALVAREZ Y SU SON / EL SON DE ALTURA

現代ソンの巨人アダルベルト・アルバレス。2010年にデビュー35周年を記念したCD1+DVD2枚という豪華企画ライヴ盤が発売されましたが、本作はそれに続いて発売された全編スタジオ録音の新作です。一時期のパン・カリブ路線から00年代に入りルーツ指向に再度舵を切り直したアダルベルト、それ以降、充実したアルバムを発表し続けています。本アルバムもその路線を踏襲、ソン …

続きを読む>

V.A. / HERENCIA AFICANA

キューバ本国からは多分初めて発売された、本格的ラテン・パーカッション教則&歴史&分析DVD。アフロ・キューバンのパーカッションを多角的に極めるのに最適なDVDです。3つのキャプチャーから構成されています。第1キャプチャーは、キューバン・パーカッションの歴史。アルトゥール・ベタンコウト博士によるレクチャーが豊富な写真や図解と共に展開。アフリカ起源楽器のルーツに …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO / REIR Y CANTAR

オマーラが子供たちのために歌った2010年に録音された新作です。全14曲中13曲がエンリケータ・アルマンサが作曲した曲で、どの曲もキューバ人なら誰でも知っている曲ということ~ただし子供のための音楽といっても子供だましなものは1トラックもなく、コンテンポラリー・ソンから始まりチャチャチャ、グアグアンコー、フィーリン、マーチ、ボレロ、グアヒーラ、ソン、キューバン …

続きを読む>

ORQUESTA REVE

1980~90年代にロス・バン・バン、アダルベルト・アルバレスと共に人気を分け合ったオルケスタ・レベ。人気以外でもフアン・フォルメルを始めとした名ディレクターを輩出し、キューバン・サルサのマナーの多くはこのオルケスタから出たと言われているほど重要な存在です。これは当時キューバ音楽に革命をもたらした画期的作品、68年録音。革新のキーはディレクターのエリオ・レベ …

続きを読む>

PELLO EL AFROKAN / MOZAMBIQUE A BORDO

キューバ革命後の新リズム、カーニバル音楽をアレンジした「モサンビーケ」のオリジネイターとして知られるページョ・エル・アフロカーン。大所帯のパーカッション、みんなが唱うボーカル、沢山のトロンボーンがうなりを上げる強烈なホーン、ハーモニー楽器なし、ベースさえ無し、このファンキーでアフロな感覚を押し出したページョのサウンドは62年に完成され、ニューヨーク・サルサの …

続きを読む>

CUARTETO LAS D’AIDA Y SU GRUPO / SOY LA MULATA

オマーラ・ポルトゥオンド、エレーナ・ブルケという、現代のキューバを代表する大女性歌手が若き日に参加していた4人組コーラス・グループ、ラス・デ・アイダの92年作。この時期は旧メンバーは残っていなくて、テレサ・ガルシア・カトゥルラがリード・ボーカルを取ってます。コーラス・グループのアルバムではありますが、タタ・グイネス、リカルド・レオン、リチャード・エグエスの演 …

続きを読む>

CUARTETO LAS D’AIDA Y SU GRUPO

オマーラ・ポルトゥオンド、エレーナ・ブルケという、現代のキューバを代表する大女性歌手が若き日に参加していた4人組コーラス・グループ、ラス・デ・アイダの82年作。この時期は旧メンバーは残っていなくて、テレサ・ガルシア・カトゥルラがリード・ボーカルを取ってます。たぶん当時行っていたナイト・クラブでの仕事のレパートリーを録音したのではないかと推測できる内容。1、2 …

続きを読む>

JULIO GUTIERREZ / CUBAN JAM SESSION VOL.2

ラテン音楽ファンには言わずと知れた、デスカルガの歴史的名盤にして定番、パナルトの1950年代のキューバン・ジャム・セッション・シリーズの第二弾。フリオ・グティエレスのディレクションとクレジットはありますが実際はペルーチンではないかとも言われています。アレハンドロ・ビバール、エミリオ・ペニャルベール、オスカル・バルデス、ワルフレード・レジェス、サルバドール・ビ …

続きを読む>

JULIO GUTIERREZ / CUBAN JAM SESSION VOL.1

ラテン音楽ファンには言わずと知れた、デスカルガの歴史的名盤にして定番、パナルトの1950年代のキューバン・ジャム・セッション・シリーズの第一弾。フリオ・グティエーレスのディレクション、ペルーチン、アレハンドロ・ビバール、エミリオ・ペニャルベール、オスカル・バルデス、ワルフレード・レジェス、ホセ・アントニオ・メンデス、エル・グラン・フェジョーベなどスタジオで活 …

続きを読む>

LOS REYES 73

73年結成のキューバン・サルサ・バンドのセカンド・アルバム。USファンクとキューバン・リズムを溶け合わせたドラムとパーカッションのコンビネーションは当時のキューバでしか聴けなかった独特のグルーヴ!ロス・バン・バン、JPTなど一連のアーティストと共通点も見受けられますので、当時リズムの革新を競い合っていたのでしょう。それを聴くためだけに買ってもソン無しですが、 …

続きを読む>

LOS REYES 73 / BAILA MI SON

73年結成のキューバン・サルサ・バンドのデビュー・アルバム。USファンクとキューバン・リズムを溶け合わせたドラムとパーカッションのコンビネーションは当時のキューバでしか聴けなかった独特のグルーヴ!ロス・バン・バン、JPTなど一連のアーティストと共通点も見受けられますので、当時リズムの革新を競い合っていたのでしょう。これを聴くためだけに買ってもソン無しですが、 …

続きを読む>

go top