YALLA / BEST

ソビエト連邦時代から、ウズベキスタンを代表するグループとして活躍したヤッラーのベスト・コレクション、初入荷となります。今世紀に入って来日もしてくれたらしいんですが、知りませんでしたねえ。いかにもウズらしいハチロク系ビートに乗せて、エレキあり、シンセあり、シンドラムあり、ディスコあり、テクノあり、ヘヴィメタあり、笑いあり?ついでに中央アジアのコブシもありの、な …

続きを読む>

ALBERT KUVEZIN AND YAT-KHA / RE-COVERS

ヤトハ(ロシア語:Ят-ха, Ятха、英: Yat-Kha)は、メインヴォーカル/ギターのアルベルト・クベズィンを中心としたロックバンド。1992年、モスクワにて結成。バンド名はモンゴルの箏であるヤトガに由来しているが、トゥバ語で「貧乏野郎」という意のヤドゥー・ハ(ядыы-ха)という隠れた意味を持つ。メンバーの変動を経て、2005年からはおおむね現在 …

続きを読む>

ART FAZIL / SYAIR MELAYU

東京レコオヤジさんのページで絶賛されていたマレー系シンガポール人男性歌手の09年作。かつてサンディーが歌っていた「イカン・ケケ」やディック・リーも歌った「ラサ・サヤン」など、マレーの伝承曲を元に、ガムランのループやタブラやグンダン、ジェンベをバックに生ギターとブルージーなスライドギターを弾きつつ、爽やかに歌い綴る。マレーシア歌謡界の歌手が同じような作品を作っ …

続きを読む>

KHADGA GARBUJA / JHAJHALKO

大まかに分けるとネパール民謡には二つのスタイルがあるそうです。一つは “ドーリ” と呼ばれるスタイルで、こちらは複数男女の掛け合い歌だそう。リズミカルに男性と女性が応答形式でデュエットするスタイルと考えていいようです。このアルバムの収録曲のように、ゆったりと懐かしいようなメロディーを歌うタイプの民謡は、”ギート”と呼ばれいているそうです。ドーリもギートも単な …

続きを読む>

PHAM PHUONG THAO / LOI RU DAT NUOC – VOL.3

北ベトナムのザンカ系女性歌手、ファム・フオン・タオの、おそらく07年作のサード・アルバム!肩の力が抜けた歌い口が聞ける、なかなかの充実作です。ドラマティックさには欠けるものの、淡々と柔らかに音程を上下するメリスマがゆったりと繰り返されて、なんだか温いお風呂に入っているような気持ちになるアルバム、とでも言えるでしょうか?バックはトラッド調の弦アンサンブル&キー …

続きを読む>

SALOMA / BIOGRAFI

手を替え品を替え、毎年のようにリリースされるマレイの歌姫~マレイシア音楽史上最高の女性歌手、サローマのEMI音源ベストですが、やっぱり思い出深いのは、1991年に初めてマレイシアEMIがリリースした2枚シリーズのベストCDじゃないかと思います。その2枚別々にリリースされていたCDを1セットにして再発売したのがこの2枚組~60年代作品を中心に、全盛期録音44曲 …

続きを読む>

GAURI PATHARE / MALHAR

いいジャケですねえ…、これまでのインド音楽には有り得ないようなシンプルさ、白地にタンブーラを抱えた30代半ばの美貌の北インド/若手カヤール女性声楽家、という図ですね。インド新興ミスティカ・レーベルが世に送り出したガウリ・パタァーレ!昨年、ごく少数入荷したのですが、アッという間に品切れとなり、サイトでご紹介することも儘なりませんでしたが、このほど念 …

続きを読む>

GAURI PATHARE / BANDISH

エキゾティックな美貌の北インド若手カヤール女性声楽家、ガウリ・パタァーレ嬢のインド新興レーベル“ミスティカ”からの2作目です!変わらずインド現地録音には珍しい?素晴らしい音質で、過剰なヴィブラートはナシ!装飾的にテクニカルであることより、メロディーに寄り添そい自然で、たおやかなヴォーカルを聞かせることを主眼としたアルバムとなりました。まさしく“バンディッシュ …

続きを読む>

OM. SONETA & RHOMA IRAMA / CD 1~6

向かって左から CD1-2-3-4 〜 インドネシアearly70’s に誕生したトラッドなミクスチュアー・ダンスにしてカウンター・ミュージックだった“ダンドゥット”~そのイノヴェイター / 帝王ロマ・イラマが、あのエルフィ・スカエシ (CD1~3) &リタ・スギアルト (CD4) という2大女性歌手を擁し、その全盛期に率いたグループ=OM.ソネ …

続きを読む>

チャンタナー・ギティヤパン / カーオ・ノーク・ナ―

謎の70’s THAI-GROOVE シリーズ “THAI FUNK ZUDRANGMA”でも思いっきり選曲・フィーチュアーされていたタイ70年代のソウル・レディ、チャンタナー・ギティヤパンの単独ベストがとうとう入荷しました!70’sスタックス・サウンド風のバッキングも驚きですが、ジワジワ来るソウルフル・ヴォイ …

続きを読む>

ASHA BHOSLE & SHUJAAT KHAN / NAINA LAGALIKE

当年とって78歳(フェイルーズより三つ上!?)未だに少女のようなハイトーンで、この上なくソフト、慈愛に満ちあふれた歌声を届けてくれるアーシャ・ボスレーの新作は、ヴィラヤット・カーンの息子で既にヴェテランと言うべきシタール奏者、スジャアット・カーンとの共演作~なんだかヴェテラン・サーランギ奏者のウスタッド・スルタン・カーンみたいな行き方をするのか?どうかはとも …

続きを読む>

TRIO MACAN

初入荷です!イヌル仕様のドリル腰をトリプルで決めるゴヤン・ダンドゥット3人娘~トリオ・マカンのVCDが初入荷です!って誰も待っていた形跡はないのですが、今時のダンドゥット・ダンスがどーゆー風になっているのか(音楽性は見事に停滞してますが)、これで研究して男だてらに踊って見て下さい!完全にクリップ集です。  

続きを読む>

ABANG GANTENG / UBAT NI STRESS

インドネシア/スマトラ島北部~メダンの西のトバ湖を故郷とするバタック人の間でPOP化したと見られる“トルトル・バタック”なるダンス系POPの女性5人組!?~おそらく、キリスト教徒も多いというバタックの人々に伝わる混血的民謡にPOPインドネシア風の歌い口を加味し、ゴンダン・トバ等と呼ばれる調律された複数太鼓が生み出す独特のビートを基本にしたダンス系の“POPバ …

続きを読む>

HANGGAI / HE WHO TRAVELS FAR

2011年フジロック来日決定! >>こちらで紹介されています(無断リンクすみません)。内モンゴル自治区出身の父を持つ元パンク・ロッカーが北京で結成したというハンガイ(杭盖) のセカンドです!~数年に渡るモンゴル音楽の学習・調査の末にリリースしたという08年のファーストから2年、モンゴル特有の歌唱テクニックであるホーミーを駆使、馬頭琴やトプシュール …

続きを読む>

V.A. / 萬歳から漫才へ、ルーツ篇

これは嬉しい再入荷!ストック発見お蔵出し!勿論、新品です。 日本の近代大衆芸能の原点を探る大道楽レコードの名篇~基調なSP音源で網羅する漫才の原点がココにあります!舞台萬歳の元祖とされる玉子屋円辰が残した唯一のSP音源をはじめ、鈴木十郎一座、早川伊之助一行、荒川家浅丸一行、菅原家千代丸ほかほか、舞台萬歳のルーツに迫る周辺芸能から萬歳初期の大物達の録音を一挙に …

続きを読む>

go top