山中一平&河内オンドリャーズ / オンステージ

河内音頭界で数少ないプロであり、幻の音頭取りといわれている山中一平と彼と活動をともにする 河内オンドリャーズによる初のライヴ盤。2010年5月大阪府豊中市服部緑地公園野外音楽堂で開催さ れた関西名物の野外ロックコンサート「祝春一番2010」での実況録音に加え、同月東京藝術大学千住 キャンパスで開催されたイベントでの河内音頭を加えたライヴアルバム。 河内音頭だ …

続きを読む>

LE QUYEN / VOL.3 NEU NHU NGAY DO

  ベトナム女声POPを代表する一人ですね、 アルトなヴォイスが最高です! 2009年の3作目です。 もはやレアーです。 ベトナムにも鹿はいるんだ…。 そんな感じじゃないんですが、 でも、ま、山岳地帯あるし。 関係ナシ、ですが。 >全曲試聴可!

続きを読む>

OKI meets MISAKO OSHIRO / 北と南

沖縄民謡の大御所 / 大ヴェテラン女性歌手とアイヌ音楽の改革者OKIによる共演作で、OKIオリジナルの2曲を除けば、トンコリが大城の三線弾き語りに歩み寄り、一つの歌を結んでいますね。プロデューサー、あるいは器楽奏者としてのOKIの柔軟さは引き立ちますが、どこに共演の必然性があるのかはわからない、ということはあります。が、しかし、その、必然性のないままに北と南 …

続きを読む>

V.A./ THE ROUGH GUIDE TO THE MUSIC OF AFGHANISTAN

紛争が絶えない西アジアの国アフガニスタン。それでもタリバン政権が崩壊した2001年以降、音楽の制限がだんだんと緩和され、現在では国民の3分の1が視聴するというテレビのオーディション番組も放送されているようです。本作はその番組で注目を集めた若手歌手や、1979年に亡くなった “アフガン音楽の王様” などのポピュラー・ミュージックの音源から、各地方の民俗音楽や古 …

続きを読む>

DENGUE FEVER

カンボジア出身の女性歌手をフィーチュアー!魅惑のカンボジアン・ロック!ポルポト政権以前のカンボジア系ポップを忠実に再現?ラテン・ロックとタイのモーラム・ポップを足して割って、サイケデリックにしたような、あの独特なノリのグルーヴを再現しつつ今日化したバッキングもスゴイが、キンキン声がコケティッシュなヴォーカルのコーン・ニモール嬢のアジアなテンション、もっとスゴ …

続きを読む>

鄧麗君 TERESA TENG / 私房相冊 (PHOTO BOOK)

  P.273、1953~1997年までの弐百七拾参頁(どういうわけなのか、1958-97と表紙にありますが…五歳から歌いはじめたということ?今のところ謎、まさかミスプリ?)、たぶん1600枚ぐらいのテレサの写真が載ってます(数えてないけど)。国語(北京語)で書いてある伝記は読めないけど、いろんな写真を眺めながら頁をめくっていると、テレ …

続きを読む>

ANOUSHKA SHANKAR / RISE

ラヴィの愛娘にして、父の薫陶をたっぷりと授かったシタール奏者=アヌーシュカ・シャンカールによるライト・クラシカルなインディアン・アンビエント会心作!北インド古典音楽のエッセンスを活かしながら、エレクトロニックな音色の効果も充分に練り込んだ~新世代のインディアン・インストゥルメンタルを展開しています。これは気持ちイイ! 父との共演で知られる二人のタブラ奏者ビク …

続きを読む>

MANJUSHA KULKARNI PATIL / HIDDEN GEMS , inspiiring hidden talents

1970年生まれ~12歳の時から北インド古典声楽を習い始めたそうですが、これまであまり知られていなかった女性じゃないでしょうか?なるほど“秘密の宝 / HIDDEN GEMS ”~と銘打つだけのことはありますね。さる北インド古典声楽マニアの方が、はじめのアラープの第一声を聴いただけで、コレは拾いもの!と仰っていました。う~ん奥深いマニアの世界ですねえ&#82 …

続きを読む>

SACHAL JAZZ ENSEMBLE / LIVE IN CONCERT-THE ALCHEMY FESTIVAL 2012

大変、申し訳ございません。 お問い合わせいただきました商品『サッチャル・ジャズ』関連のCDは、 2017年8月現在、すべて、品切状態となっております。 EL SUR IMPORT 2CD102 国内配給盤 CD2枚組 ¥3780 (税込み)解説・サラーム海上 ※なお、当店でお買い上げの方には、ライヴDVDより抜粋映像特典DVD-Rをもれなく差し上げます! ☆ …

続きを読む>

DJ CLICK Presents / CLICK HERE JAIPUR

ジプシー音楽とエレクトリック・ビーツの融合に早くからチャレンジして来たDJクリックが、とうとうジプシー発祥の地?とされるラジャンスターン州の州都ジャイプールに乗り込んで制作したクリックヒア、ジャイプール編!彼の地のフォークロア系~POP系~宗教・大道・祝祭系ミュージシャン大挙参加!あくまでも現地主導の演奏をヒップな方向性に導いて、ジプシールーツをダンサブルに …

続きを読む>

TIK SHIRO / BO RAN MAN

浮き沈みはありつつも、長きに渡り第一線で活躍して来たというタイの才人SSW男性=ティック・シロー2006年の新作が初入荷!超ハイテンションの冒頭の~タイ風R&B調コミック系アッパー・トラックがなかなかのものですが、センティメンタルなバラードにも捨てがたいものがあります。なるほど、才人ですね…。

続きを読む>

HI-FI THAI COUNTRY

紙ジャケでなしに、ロングプラケース入りになって再発売! なんという光景でしょう。ひとつのユートピアですね、水牛もいますよ。のどかを絵に描いたようなジャケットに描かれた田園ド真ん中的リスニング環境…、ワイン片手に青空の下で聞くハイファイ・ミュージック~のどかなのにちょっとシュール、それでもってレトロでラウンジーなタイ歌謡 / 60~70年代ルークト …

続きを読む>

ナンジャラホワーズ / 笑ふリズム

「SP音源で綴る二○世紀之大衆藝能」シリーズ第二弾!昔日、オーディーブックの『日本の庶民芸能入門』でたった1曲(本CDトラック1)のみ聴くことができたナンセンス・コーラスのナンジャラホワーズ、待望の初複刻相成りました(生きてて良かった)!~長唄、小唄、端唄、都々逸、民謡、浪花節、浄瑠璃、かっぽれ、詩吟、義太夫、見せ物口上、阿呆陀羅経、唱歌、童謡、とりわけ浪曲 …

続きを読む>

AYU LAKSMI / SVARA SEMESTA

インドネシアらしい伝統性を感じさせつつ、現代性も伴ったサウンドを聞かせてくれるニュー・タイプのアーティストがバリ島から登場!4歳より地元のイヴェントやパーティなどで歌い始めたという彼女は、バリの文化全体を大切にした音楽活動を展開、95年辺りからは自作曲も取り上げ、よりアーティスティックな方向性にシフト~そして本作はそんなアユ・ラクスミが一念発起してリリースし …

続きを読む>

go top