TOKO BLAZE / URBAN GRIOT

ラガ・マルセイユの静かなる男、ニジェール出身の男性SSW~トコ・ブラーズによるソロ4作目となる09年作アルバムです。完全に入手困難でしたが、この度、マルセイユにもいらした ▷DESERT JAZZ さんがトコ・ブラーズ本人に会うとのことでしたので、直接買い付けていただきました。初入荷です。感謝!マッシリア・サウンド・システム/デュパンといったオクシタン・シー …

続きを読む>

TCHEKA / NU MONDE

セネガル沖のカボ・ヴェルデ諸島(旧ポルトガル領)、サンティアゴ島の出身~幼少時よりヴァイオリン奏者の父に音楽を学び、その父に連れられて結婚式やお祭りの席で演奏をはじめ、15歳の頃には、本来女性たちによって演奏されてきた伝統的なビートをベースに、独自の音楽スタイルを生み出したそうです…。バネの効いた抜群のリズム感でパーカッシヴにギターを弾きながら、 …

続きを読む>

MULATU ASTATKE & THE HELIOCENTRICS / INSPIRATION INFORMATION

1950年代末、ロンドンで音楽を学び、その後、渡米、ラテン音楽とジャズに影響を受けたエチオピアン・ジャズの代表格として早くから欧米で活動した~ヴィブラフォン&キーボード奏者=ムラトゥ・アスタッケの、なんと新録です!エクスペリメンタルなUKファンクJAZZ系バンド=ヘリオセントリックスとの共演盤となりました。60年代NYのカルトなレーベル “WOR …

続きを読む>

MULATU ASTATKE / MULATU STEPS AHEAD

エチオJAZZの帝王!当年とって67歳のソロ名義新録で、UKの若手ソウルJAZZユニット=ヘリオセントリックス、北米の老舗JAZZビッグバンド=イーザー楽団、そしてアディスからワシント、クラール、マシンコ等の伝統楽器奏者らが参加!豪華な編成によるエチオでミスティックなエキゾ風情漂うインストJAZZとして、往年のスタイルが蘇っています!

続きを読む>

THIOSSANE ABDLAYE N’DIAYE /S/T

セネガル / ダカール近郊に生まれ、1960年代にラジオ放送で歌いはじめ、画家やシナリオ・ライターとしても活躍し、60年代には名の知られたマルチ・アーティストとなり、1966年には初代大統領レオポルド・セダール・サンゴールが主催した“ネグロ・アーツ・フェス・オヴ・ダカール”でもパフォーマンスを披露したということです。~そして月日は流れ、45年間を経てこのCD …

続きを読む>

VARIOUS FIELD REC. / THE KANKOBELA OF THE BATONGA VOL.2 – recorded in Zambia & Zimbabwe

☆トンガ族のカンコベラ VOL.2 ザンビア/ジンバブウェ国境地帯のザンベジ川流域に住まう、バトンガ人の古老男性たちによる小さな親指ピアノ=カンコベラの演奏をフィールド・レコーディングしたCD第2弾 by ヒュー・トレイシー復刻でお馴染みのオランダSWPレコーズ/マイケル・ベアード!ということで、第1弾は08年の現地録音のみを収めていましたが、このCDでは遡 …

続きを読む>

GROUP INERANE / GUITARS FROM AGADEZ VOL.3

ニジェール内陸の町アガデス出身 / リビア難民キャンプで結成 / サハラ/ トゥアレグ / ギターバンド=待望のサード・アルバム!既にして、砂漠のブルース・シーンにおいて、アンダーグラウンドな大物的貫禄さえ感じさせるグループ・イネラーネ ~もう最初から砂漠のガレージロックでサイケデリック寄りでしたが、ここに来てサイケデリック風味はそのままに、ジャムバンド化し …

続きを読む>

VIJANA JAZZ BAND / THE KOKA KOKA SEX BATTALION -RUMBA, KOKA KOKA & KAMATA SUKUMA MUSIC FROM TANZANIA 1975-1980

1971年にタンザニアで結成されたヴィジャナ・ジャズ・バンドは、公用語であるスワヒリ語の歌詞と、コンゴ風ルンバを組み合わせたタンザニアの大衆音楽=“ムジキ・ワ・ダンシ(ダンス・ミュージック)”を演奏し、若者の間で大変な人気を博したグループだそうです。そんな彼らがもっとも勢いのあった1975~80年の、ケニアのA・I・レコーズに残した音源を集めたのがこの編集盤 …

続きを読む>

OMAR PENE / NDAYAAN

ユッスーは大統領選に出るそうですが、ユッスーより三つ上のンバラ歌手~シューペル・ジャモノ・ド・ダカールのヴォーカリストだったオマール・ペンの12年最新アルバム~前作が「NDAM」だったのに対して今度は「NDAYAAN」とよく似たタイトルです。~って、そういうことはともかく、生涯一POPンバラ歌手としての意地が光ってますね!?地味なプロダクションながら、過剰な …

続きを読む>

NAHAWA DOUMBIA / LA GRANDE CANTATRICE MALIENNE

ゲッ!若い!マリのナハワ・ドゥンビア1982年のカセット・アルバムが初CD化!なっ、なんと、今後アフリカのカセットテープ・ヒットを専門に複刻CD化して行くというNYのレーベル の第一弾がこのCD(スゴイことになりそうな気配がプンプンしますよ)で、ワスル地方から世界へ飛び出したナハワの、その出発点 / ディープな“ブーゴウニ(マリ北西端の街)”スタイルのワスル …

続きを読む>

EL REGO / S/T

ベニンのアフロSOUL / FUNK伝説の男~アナログ・アフリカのコンピでも既に紹介済み~1960年代末から70年代初めにかけてのナイスSOUL’Nファンクを12曲~すべて未CD化音源シングル複刻です!60年代末の USソウルの英語歌詞によるフォローから、70年代に入ると、次第にフォン語による独特のアフロビートを作り上げて行くさまがスリリング!

続きを読む>

TCHEKA / DOR DE MAR

カボ・ヴェルデのトラッド系ダンスビート=バツーゲのリヴァイヴァルの立役者チェカ (ことマヌエル・ロペス・アンドラーデ) の3枚めのアルバム『DOR DE MAR(海の悲しみ)』~哀愁のこもったメロディーをハチロク系のアコースティック・グルーヴに乗せてチェカが歌い込みます。どことなく曇った夕刻の海を想わせる音、とでも言いますか….。これから梅雨にか …

続きを読む>

SIA TOLNO / MY LIFE

09年欧州デビューしたギニア出身/汎アフリカ的歌唱を聞かせる女性歌手~シア・トルノのセカンド・アルバムです。ミリアム・マケバの再来と言われたシアが今作表題曲ではアフロビートに挑戦、なかなかヴァイタルな歌声を聞かせていますよ。ほか、汎アフリカ的なアコースティック・アレンジ&メロディーの英語曲 / フランス語曲を収録~なるほどマケバを目指している感じは伝わって来 …

続きを読む>

MAYRA ANDRADE / STUDIO 105 (CD+DVD PAL)

  カーボ・ヴェルデの若き歌姫マイラ・アンドラーデが2010年9月9日にフランスのラジオ局のために行ったスタジオ・ライブを収めたCD+DVD。これまでの彼女のレパートリーのほか、セルジュ・ゲンスブールの「ラ・ジャヴァネーズ」、ビートルズの「ミッシェル」をカヴァー。ジャズやブラジル音楽、そしてカーボ・ヴェルデ音楽の香りを漂わすお洒落なアレンジをバック …

続きを読む>

V.A. / MAKOSSA ANTHOLOGIE

1950 年代に発祥したカメルーンのダンス音楽マコッサ。アフリカ音楽においても、これまであまり顧みられることのなかったジャンルです。その最初期から2011年の最新曲までの半世紀 全57曲4CDで紹介するアンソロジー。もちろんマヌ・ディバンゴやフランシス・ベベも収録されていますが、聴き通すにつれ、スークースだったり、ハイライフだったり、ズークだったり、一体何を …

続きを読む>

go top