LES ESPOIRS DE CORONTHIE / TINKHINYI

廉価盤にて再発です!ギニアの首都コナクリのスラム/コロンティで活動する若手音楽集団~レゼスポワール・ドゥ・コロンティの欧州リリース盤です!コラ、バラフォン、ジェンベ、ギター等を中心とした民俗色濃いアンサンブルをバックに、POPと見まがうようなイキのいい歌声&ヴァイタルなコーラスを多数のメンバーが入れ替わり、かわるがわる聞かせてくれます。楽しいですねえ、現地密 …

続きを読む>

TRIO KAZANCHIS / AMARATCH MUSICA -ETHIO SONIC

アフロビートに続いて?数々の欧米フォローバンドを生み出しているエチオグルーヴですが、コレはズバ抜けてハードですねえ!仏BUDA の新レーベル”エチオ・ソニック”からのリリース~スイスを拠点に活動するエチオグルーヴ・ユニット=トリオ・カザンチスのファーストです!エチオピア人でエレクトリック・クラール(伝統竪琴)奏者のメッセレ・アスママウ …

続きを読む>

ANDY BROWN / CHIWOKO

ジンバブウェを度々訪れる>松平勇二さんに買付けていただきました。感謝!というわけで現地ナンバー1人気のアンディ・ブラウン新作です。1962年生まれというから、そろそろ50才、若手若手と言われ続けて来ましたが、いかにせんジンバブウェの状況が悪かった、のかも知れませんねえ…。こちらも当方が知る限り7年ぶりの新作になるんじゃないでしょうか?ドレッド・ヘ …

続きを読む>

THOMAS MAPFUMO & THE BLACKS UNLIMITED / EXILE

ジンバブウェのライオン、トーマス・マプフーモ新作です!今は合衆国で生活しているはずですが、この2010年新作、一向にUSリリースされる気配がなく、シビレを切らして、ジンバブウェ直輸入!が、史上最高のインフレーションに悩む彼の国のこと(状況は少しづつ良くなっているようですが)、どうも稼働しているCDプレス工場は少ないようで、よくよく見るとやっぱりCDRっぽいの …

続きを読む>

VA / AFRICAN GUITAR LEGENDS

ラフ・ガイド・シリーズからまたまたユニークな切り口の編集盤が発表されました。本作はアクースティック/エレクトリックにこだわらず、ギターを用いて独自のスタイルの生み出してきた伝説的なアフリカのアーティストを幅広く選曲~〈砂漠のブルース〉を代表するティナリウェンや〈アフリカ音楽の帝王〉フランコなどはもちろん、ケニアや南アの知られざるスタイルをも収録しています。ア …

続きを読む>

BALLAKE SISSOKO, VANCENT SEGAL / CHEMBER MUSIC

コラの巨匠とチェロのヴァーチュオーゾによる、アコースティック&ストリングス音楽インテリアのような室内楽~ジャズとクラシック、パリのモダンとアフリカの伝統、アートと瞑想、洗練と成熟、知性と和みがインプロヴィゼーションに溶け合います。人種の坩堝パリで、西アフリカ・マリの伝統楽器コラの巨匠と、絶大な人気を誇る仏のチェロ奏者/プロデューサーの二人が出会って生まれた“ …

続きを読む>

MAMAR KASSEY / DENKE-DENKE

サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地帯“サヘル”に伝わる音楽をモダーン化したという、ニジェールのグループによる1998年作の初国内配給!前傾ハチロク・ビートに伝統的な笛セイセや、モロと呼ばれるンゴニ風の弦、そしてトーキング・ドラムほか打楽器もこぞって打ち鳴らされる中、ヴァイタルな女声合唱をかき分けるようにして、フィールド・ハラーを渋く聞かせる男声リードがイイ!援 …

続きを読む>

BOUBACAR TRAORE / MALI DENHOU

マリのミシシッピ・ジョン・ハート!?ブーバカール・トラオレの最新アルバム!1960年代から活動していたというからもう半世紀、変わらずバンバラ系マリの生ギター弾き語り自作自演ブルースを聞かせてくれるわけですが、渋さ、軽妙さ、憂鬱、諧謔もないまぜになった淡々とした表現は不変ですね。淡々です。淡々で“カンカン”で、ほんのちょっとサハラでアラビックなブルースです。ギ …

続きを読む>

SIDI TOURE & FRIENDS / SAHEL FOLK

シカゴ音響派のレーベルという観の強かったUSスリル・ジョッキーからのリリース~マリのグリオ/ヴェテラン=シディ・トゥーレ(元ソンガイ・レジオナル・ナシオナル・オルケストル!)によるアコースティック・デュエット・アルバム~それぞれの曲にそれぞれのゲストを迎え、淡々と宅録されたシディのギター弾き語り&コラやンゴニ、クンティギ等~様々な有名無名・伝統的弦楽器奏者弾 …

続きを読む>

CHEBLI MSAIDIE / HALLE

ブンバ・マッサやパパ・ウェンバ10年新作をプロデュースしたシナ社の社長=シェブリ・ムサイディは、自ら作詞作曲家であり歌手でもあり、これまでに2枚のアルバムを発表~本作はその3作目~インド洋に浮かぶコモロ諸島にルーツを持ち、その音楽性もインド洋沖のコモロのPOPを核としたユニークなもの~まったりとしたルンバ調、南部アフリカっぽい音楽性をアコースティックに聞かせ …

続きを読む>

MBILIA BEL / THE QUEEN

往年タブー・レイとのコンビで売った~ザ・クィーン of CONGO~女王ムビリア・ベルの最新作です!変わらぬ軽快さで、POPなルンバ・コンゴロワーズ/スークースを決めてくれます。既に50代~馥郁とした熟女ぶり、なかなかイイ感じに仕上がって来ましたよ!セリアみたいになるんでしょうか? ☆試聴可!!

続きを読む>

SAYON BAMBA / DOUGNA

レ・ザマゾンヌ・ド・ギネー / テアトル・ナシオナル・ド・ギネーを経て“バオバブ・サーカス”の一員として世界を旅するギニア出身の女性歌手=サヨン・バンバの新作~コバルト・レーベル制作になるセカンド・アルバムです!ジェンベ、バラフォン、ギター、コラ、フルートによるパーカッシヴな生演奏曲 & 打ち込み曲もあり & シャンソン風フランス語曲もまじえ、飾らず力強いマ …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / GENERATION MAKOSSA TUBES

カメルーンといえばマコッサ~そのマコッサの現在進行形アーティスト達を集めたのがこのコンピということになります。ハイ・ライフとリンガラの中間的なリズム・スタイルのマコッサは、音楽的な自由度が高いともいえ、本収録曲もムバラやズーク/R&B/欧米POPなどの音楽的要素をそれぞれ取り入れていて、多彩な様相のマコッサを聞かせてくれます。どの曲も脳天気?なフレッシュさに …

続きを読む>

IZE TEIXEIRA / URB’AFRICA

カボ・ヴェルデのサンチャゴ島出身、パリ郊外育ち~90年代にはハードコア・ラップのミニステール・アメール(パッシ、ストミー・ブクシー、ドック・ジネコ)の周辺で音楽活動に入り、カボ・ヴェルデの血を引くストミー・ブクシーのアルバム“featuring”でレコード・デビュー。一方でセザリア・エヴォラ、マイラ・アンドラージとのコラボレーションもあり、仏郊外アーバン・ミ …

続きを読む>

TOUMAST / AMACHAL

いつの間にか出ていたんですねえ…、知りませんでした。>>こちらで教えてもらいました。ニジェールのトゥアレグ解放戦線でギターと機関銃をブッ放していた男(のワリには飄々としていますが)、ムーサ・アグ・ケイナ率いるトゥーマストの09年末のセカンド・アルバム/06年のファーストは当店でもベストセラー、“砂漠のブルース”がワールド・ミュージック …

続きを読む>

go top