V.A. / INDIA: THE KUTCH PEOPLE

フランスBudaからの貴重な音源久々にまとめて入荷しました。 インドの西の果て、シンド地方、グジャラート州カッチ湿地帯に暮らすミラーワークの民族衣装で有名な少数民族メグワル族、またの名をハリジャンの伝統音楽集。彼らは元々ラージャスターン州に住んでいたため、楽器編成やメロディーにはラージャスターン民謡との共通性を感じます。

続きを読む>

WAED BOUHASSOUN / LA VOIX DE LA PASSION

フランスBudaからの貴重な音源久々にまとめて入荷しました。 シリア南部ナバティアの女流ウード奏者で歌い手、ワエド・ブーハスーンの2016年2ndアルバム。シリア南部の民謡からアラブ・アンダルース音楽まで、声のみのアカペラ、声とネイ、声とウードというシンプルな組合せで聞かせます。アラブ古典音楽の神髄ここにあり!  

続きを読む>

AHMED SHIKI / L’ARBRE DES 24 MODES, FES

  フランスBudaからの貴重な音源久々にまとめて入荷しました。 モロッコ人ウード奏者アフメド・シキによるアラブ・アンダルース音楽24の旋法に基づく演奏集二枚組。18世紀から伝わるモロッコの組曲“ヌーバ”2曲 〜モロッコのアラブ・アンダルースのメロディー・システムの中にある4つのカテゴリー、DHIL:土、ZAYDAN:水、MAYA:空気、MAZMU …

続きを読む>

V.A. / LES ESPRITS ECOUTENT, Musique Des Peuples Autochtones De Siberie

こちらはアルタイ山脈周辺シベリアの先住民たちによる精霊信仰の儀礼音楽を集めた2枚組。ハンティ、マンシ、ネネツ、ンガナサヌィ、セルクプ、コリャーク、チュクチ、ユカギール、ニヴフ、エヴェン、ナナイ、オロチ、ウデヘ、ウィルタ、ウルチ、アルタイ、ヤクート・サハ、ブリヤートというシベリア先住諸民族の音楽〜アカペラやチャント、口琴や撥弦楽器、各種太鼓、擦弦楽器、バスクの …

続きを読む>

V.A. / YEMEN, Musiques Du Coeur De L’Arabie

★V.A./イエメン ~ ハート・オヴ・アラブの伝統音楽 アラブ世界の心臓部に位置するイエメンは、同時にもっとも古い音楽伝統をいまも受け継ぐ土地として知られる。エジプトやレバノンなどで古典音楽として高度に成熟し洗練されたアラブ伝統音楽のルーツが、イエメンにはいまも残っているということだ。このアルバムは、そんな現在のイエメンの伝統音楽をフィールド・レコーディン …

続きを読む>

MAECELA BELLAS / SERA QUE CAETANO VAI GOSTAR

本邦初入荷の2009年作、バイーアの女性SSW、 歌心あり!個人的には今回入荷現地買付け ブラジルものの中で一番気に入っています。 カエターノをテーマにした曲もあり。 イイ感じのインディー系POPに仕上がっています! 僅少入荷ですがオススメ〜 けれど、ナイジェリア盤なみの紙ジャケ? しかもCDRでちょとカビてる(拭いたら取れそうだけど、 記念にそのままに&# …

続きを読む>

DAO / NOBRE BALANCO

ブラジル・バイーアから限定入荷! 本邦初入荷じゃないでしょうか? ちょっとジャジー&クールなサンバソウルを なるほど、ノーブルなムード漂わせて歌います。 おそらく、サード・アルバム?

続きを読む>

RADIOLA / TEMPO SEM NOME

シンガー Nancy Viégasとヴィジュアル担当 Glauber Guimarães(ステージのみならず、クリップも担当)を中心としたサルヴァドールのインディーズ実験ポップバンド、ラジオラの2012年3rdアルバム。ヒット曲「3.3.3.3.3.3」はヴォーカルから全ての楽器までマイク1本で録音するなど、なかなかに楽しいことをやってます。 >http:/ …

続きを読む>

BAIANASYSTEM / DUAS CIDADES

2013年に初来日を果たしたブラジル・バイーアのミクスチャーバンドの2016年最新作が現地買い付けで入荷〜おそらく、本邦初入荷! レゲエ&ダブからヒップホップ、エレクトロ、そしてアフロやコロンビアーノ、チャンペタまで飲み込んでバイーアのグルーヴを増幅させようというその方法論、何でもありというのではなく、何でも消化して、“バイアーナシステム” でしかない、とい …

続きを読む>

SARACOTIA / A VISTA DO PONTO

ブラジル北東部ペルナンブーコから新作CDが限定入荷しました。数に限りがありますのでお早めに! バンドリン、7弦ギター、ドラム3人のインストゥルメンタル・ユニット。ショーロだけでなくジャズ、フレーヴォ、フォホーのエッセンス(サプライヤー資料から)  

続きを読む>

JAM DA SILVA / NORD

ブラジル北東部ペルナンブーコから新作CDが限定入荷しました。数に限りがありますのでお早めに! パーカッショニスト、コンポーザーJam da Silvaのセカンド。ファースト「Dia Santo」(2009)がジャイルス・ピーターソンの目に留まる。Elba RamalhoのためにMaciel Saluと共作した“Gaiola da saudade”のセルフカバ …

続きを読む>

AMARO FREITAS / SANGUE NEGRO

25歳とは思えないけど、25歳のピアニスト (ペルナンブーコで活躍中とのこと)のデビューアルバム。 ピアノ、ベース、ドラムのトリオで、 フレーヴォ、マラカトゥの要素も感じさせる演奏! そのピアノ・タッチ、大物の予感? ボサジャズとしてもー級品かと…

続きを読む>

MACIEL SALU / BAILE DE RABECA

ブラジル北東部ペルナンブーコから新作CDが限定入荷しました。数に限りがありますのでお早めに! 4枚目。伝統的なムジカ・ポプラーに回帰。Aliançaという小さな町のバイリからイメージしたフォホー、サンバ、コーコ、マルシーニャ。親しみ、温かみ(サプライヤー資料から) ノルデスチのヴァイオリン、ハベッカの名人メストリ・サルスチアーノの息子、マシエル・サルーのソロ …

続きを読む>

MARCIO OLIVEIRA / ENCABECANDO

ブラジル北東部ペルナンブーコから新作CDが限定入荷しました。数に限りがありますのでお早めに! レシフェの様々なオーケストラでキャリアを積んだトランぺッターのソロデビュー作。澄んだトランペットがアフロジャズ、スカ、レゲエ、サルサ、ヒップホップ、コーコ、マルシャをインストで!どこか現地カーニヴァルにも通じるレシフェ&オリンダらしさも感じられる充実作。プロデュース …

続きを読む>

go top