BENYAMIN S. / DALAM IRAMA ROCK & BLUES VOL.1-VOL.2

中華系の伝統を汲むとされるジャカルタ下町、ブダウィの大衆演芸音楽の流れ、ガンバン・クロモン~木琴のようなガンバンと、ガムランのような壺形の楽器クロモンを中心に、ルバーブなどをまじえて歌われるこの伝統スタイルを、1970年代にモダン化したのがこの男、“ジャカルタのトラさん”こと人気映画俳優にして流行歌手のベンニャミン・S!が、しかし、そんな達成にとどまらずして …

続きを読む>

CHURCHFITTERS / GET WISE

ベルファスト出身のシンガーソングライター、アンソニー・マッカータンが1978 年に結成したフォークバンド、チャーチフィッターズは、現在は女性ヴォーカリスト(&マルチイントルメンタリスト)のロジー・ショートを中心とした4人組となっていて、1993 年からフランスのブルターニュに移住し、36 年選手の大ベテランバンドとしてヨーロッパ中で活躍中です。新アルバム、7 …

続きを読む>

OAISTAR / OAI AND I

マッシリア・サウンドシステムの別働隊ワイスターの2014年作やっと入荷しました(オキヨシさん感謝!)。年甲斐もなく?轟音ギターとタテ乗りビートでガンガンやりまくってます(見倣いたいと思います)。~オクシタニアっぽさはあまり感じられませんが、ポストパンク世代にはツボかと。

続きを読む>

UBK, OUZO BAZOOKA

国内リリースされました! お待たせしました、7月に二度目の来日を果たし、当店にも立ち寄ってくれたBoom Pamのギタリスト/リーダーのウリ・ブラウネル・キンロト(UBK)の初のソロアルバムが届きました! 中東のブラック・キーズまたは中東のホワイト・ストライプスと言ったサウンドです。ギリシャ~中東のギターとバルカン的なチューバの組合せのBoom Pamに対し …

続きを読む>

YOUNG DE BROCK / SIAP MELAYANG

あまりのジャケの良さについ、…ポストパンクかと思えばスティーヴィー・レイボーンばりのブルースロックも、スラッシュ系、ヘヴィメタ、サザンロック風、なんでもありあり!そーとーなロックマニア集団と見受けられます(というか、メンバーそれぞれ趣味が違う?)。

続きを読む>

MANGA / ISIKLARI SONDURSELER BILE

2009年にはMTVヨーロッパにてベスト・アクトに選ばれ、2010年のユーロヴィジョンコンテストにトルコ代表として出演したトルコのロックバンドmaNgaの2014年最新作。バンド名“マンガ”は日本の漫画から取ったそうです。 ノイジーなギターとエレクトロニックなビートにアナドルロック+日本のヴィジュアル系ロックからも影響を受けた泣きの旋律は独特です。

続きを読む>

V.A. / REVOLUTION DISCO

2010年に8年ぶりの来日公演を行なったマヌ・チャオのファンにぜひお勧めしたいコンピレイションが登場した。ザ・クラッシュやマヌ・チャオが提示した、スカやレゲエなどの中南米の音楽などを基調にしながらロックな姿勢を崩さないサウンドは、世界中のバンドに影響を与え続けている。本作はそんなサウンドを現在も追求しているヨーロッパのバンドを中心に集成。フランス、ロシア、イ …

続きを読む>

GIGI / LIVE AT ABBEY

今年デビュー20周年を迎える、インドネシア・ナンバー1の実力と人気を持つ4人組ロック・バンド、ギギ。彼らの通算13枚目のオリジナル・アルバムはタイトル通り、渡英してあのアビー・ロード・スタジオでレコーディングされました。ハイ・テクニックを誇るメンバーで演じられるのは貫禄のポップ・ロック。スケールの大きいサウンドが魅力でしょうか。

続きを読む>

IARA RENNO / IARA

    サンパウロの前衛派カルロス・レンノとアルジーラ・エスピンオラの娘、イアラ・レンノの最新作2014年作。エレキギター&ボーカルのイアラのほか、ドラムス、ポケットピアノ(キーボード?)というトリオ編成を中心に繰り広げられるブラジリアン・ポストロック〜クラウト〜ロック。曲作りはまだ安定していませんが、ブラジルのST. VINCENTと言 …

続きを読む>

JAL / AADAT

パキスタン・ロックの若手ナンバー1グループ=ジャルの2005年大ヒット作・在庫あります!ま、何というか、バッキングはアコ&エレキ・ギターによる ロック・サウンド、U2みたいですが、伸びやかな歌声は大陸的、いかにも南アジア的なメロディーをスッキリとした発声で聞かせています。本作収録曲の“ラ ムヘイ”をボリウッドでアティフ・アラムが歌いスーパーヒットともなりまし …

続きを読む>

RUMAHSAKIT / 1+2

復刻を得意とするBRAVO MUSIKが2012年にリリースした作品。同名のバンドが米国にいますが、こちらは1994年に結成されたインドネシアの爽やかでポップなロックバンドです。凝ったアートワークに厚紙ジャケットは、かなりのこだわりが感じられます。本作は彼らのファースト(1998年)とセカンド(2001年)からチョイスした編集盤ですが、全然音は古臭くないです …

続きを読む>

阿古頓巴 (A GU DUN BA) / 云丹 (DAN YUN)

  故oar編集長~中国買付CDです。バンド名の『アグドゥンバ』というのは、チベットの民話に出てくる主人公の名前です。チベット語で歌った新感覚ロックン ロールです。買い付けは今回の取材先であり4月に大地震のあった玉樹チベット族自治州で購入してきたもので、かなり貴重なCDです。

続きを読む>

BORIS GREVENCHIKOV / AQUARIUM 1995-2013

「ラシアン・ロックの祖父」と呼ばれる、ボリス・グレヴェンシコフの近年ベスト〜 72 年から今も現役のバンド、AQUARIUM を率いてのディラン的な重い抹香臭さが味わい深い。 因みにザ・バンド(ジム・ワイダー、ガース・ハドソン、リンク・ダンコ…)との共演曲3トラック入り! CD 1 1. BLOOM OF THE NORTH / 2, DEAD …

続きを読む>

go top