JUU / OLD TO THE NEW AND NEW TO THE OLD

限定販売!タイのカリスマ・レジェンド・ラッパー、ジュウの人生初フィジカルMIX CD。激震のJuu & G. Jeeアルバム『ニュー・ルークトゥン』のサブ・テキストにもなる重要作でB-BOYもアジア音楽好きもクラブ・ミュージック好きも必聴! Juu & G.Jeeを主役に、今年10(ジュウ)月に日韓共同で開催し大成功となった「OMK<ニュー・ …

続きを読む>

OMK(YOUNG-G,MMM,Soi48) / OMK 2562

日本におけるタイ音楽の伝道師であるDJユニット”Soi48”と長きにわたりアジア圏のヒップホップを日本に紹介し、映画製作集団「空族」の映画「バンコクナイツ」をきっかけにタイに長期滞在し現地の音楽シーンに入り込んだstillichimiyaの”YOUNG-G”、日本のミュージックビデオシーンの重要ユニット”スタジオ石”を運営し同じく”stillichimiya …

続きを読む>

Young-G / FM 138 from ISAN, mix CD

昨年8月にElectric Rootsレーベルよりカセットテープでリリースされ即完売となったYOUNG-G(stillichimiya)による60~80年代のタイの音楽(ルークトゥン、モーラム、ラムウォン、レー、ピンプラユック等)をDJ MIXしたCD作品になります。本人が現地で調達したレコード、カセット、CDから選曲し、現地のフィールドレコーディング、ラジ …

続きを読む>

COMPUMA「Lateral Thinking feat.KILLER-BONG」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ *以下、compuma.blogspot より転載〜 COMPUMA名義のMIXCDとしては2013年春「SOMETHING IN THE AIR 2」2014年MIXCDR「MAGNETIC numa study sessions」以来3.4年ぶりの新作MIXCDとなります。 ▽野 …

続きを読む>

NAOJI RULED.

ガッ!(吉幾三風に…) わたくし、エルスール店主も物真似されてしまったのでした。 シリーズ第四弾!『NAOJI RULED』 巷のモノマネ漫談とバツグンな選曲が交互に襲いかかる 狂気の32トラック38分収録![CD-R] 語り:NAOJI 選曲:2yang 問題あり。 解答なし。

続きを読む>

YOUNG-G / PAN ASIA Vol.2, Black Asia

*東南アジア最大のスラム、トンド地区でお互いのスニーカーの話で盛り上がっていた時にフィリピンのラッパーがこう言って笑ったという。「おまえの履いてるアディダスも、俺の履いてるアディダスも、本物か偽物かよくわかんねえけど、、、アディダスなんだよ。違うか?」。『BLACK ASIA』、これはそういうCDなのである。(by 空族 相澤虎之助) *アジアで独自の進化を …

続きを読む>

V.A. -Mix CDR by Yosuke Baobab, Hide Morimoto / RITMO DE SODADE from CABO VERDE

久々の再入荷です! カボベルデミックス松田美緒ちゃんコメント▽ カーボヴェルデは大西洋に浮かぶ小さな宝石。風が吹いたら吹き飛ばされそうな小さな島にへばりつくように家が建ち、たくましいクレオールの人たちが暮らしている。その視線の先に広がる海、その先の広い世界。海に出て行く者のソダーデが音楽のなかで鼓動している。 カボベルデミックスHIDE morimotoコメ …

続きを読む>

Mix CDR by YOSUKE BAOBAB / CARIMBO, FORRO & DEEP AFRO-AMAZONIA MUSIC FROM THE NORTH OF BRAZIL

吉祥寺の酒場「world kitchen BAOBAB」のマスターにして噂の熱帯 VINYL ジャンキー、YOSUKE BAOBAB が編んだ MIX CD とのことですが、びっくりしました! カリンボーですよ、カリンボー!おそらくはベレンとかマラパニンの現地レコ屋&フリマまわり(道端で知り合ったオヤジの自宅まで襲撃してレコ掘りしたという噂)の成果、というこ …

続きを読む>

悪魔の沼「涅槃 -Nirva魔-」

ドラッギーこの上ない、ハウス・ミュージックの魔道… 悪魔の沼 おそるべき3作目! 我々 が生息する世界でハウス・ミュージックほど狂った音楽はないが、トリップこそがその最初の目的である以上、仕方がないと言えば仕方がない。そこに理由はな い。ハウス・ミュージックに比べたら、サイケデリック・ロックなんぞ言い訳である。だいたい何を好きこのんで底なし沼のごとき幻覚の世 …

続きを読む>

go top