V.A. / 高田渡トリビュート

高田渡と親交の深いミュージシャン達が自ら選曲した高田渡の曲を唄ったトリビュート・アルバム! 各ミュージシャン録音時の写真と、コメントを掲載したブックレット付。 高田渡も久々の新曲を披露! ここでしか聴けない!高田渡最後の新曲、そして録音! 僕が想っているだけかもしれないがとてもステキな友人がいる。 そんな友人達が「トリビュート」をつくってくれた。 本当にうれ …

続きを読む>

V.A. / 瞽女うた 高田瞽女

日本の芸能の重要なルーツの一つでありながら、歴史の陰に消えて行こうとしている瞽女うたをコンパイルした貴重なCDシリーズ、再入荷しています!越後新潟には長岡瞽女と高田瞽女の2派が大きくその組織を形成していたそうですが、こちらは高田瞽女に焦点を当て、20世紀後半の貴重録音で綴るオムニバスCDになっています。まさに、滅び行く至芸の一つのかたちがここにあります。

続きを読む>

山口淑子(李香蘭) / ゴールデン☆ベスト 夜来香〜何日君再来

1. 夜来香 (MONO) 2. 何日君再来 (MONO) 3. 空閨残夢 (MONO) 4. 影を慕いて (MONO) 5. 夢の太湖船 (MONO) 6. さらば上海 (MONO) 7. 青い月の夜に (MONO) 8. 月に寄せて (MONO) 9. 恋の流れ星 (MONO) 10. 情熱の人魚 (MONO) 11. ラ・ヴィ・アン・ローズ(愛の花びら …

続きを読む>

西田佐知子 / 初めての街で ベスト・セレクション

1. 初めての街で 2. アカシアの雨がやむとき 3. 女の意地 4. エリカの花散るとき 5. 夜が切ない 6. 死ぬまで一緒に 7. 故郷のように 8. 赤坂の夜は更けて 9. 東京讃歌 10. 東京ブルース 11. 博多ブルース 12. メリケン・ブルース 13. 裏町酒場 14. 信じていたい 15. 雲の流れに 16. 涙のかわくまで 17. あの …

続きを読む>

岡大介, 小林寛明 / かんからそんぐ

添田唖然坊などの大正演歌を、ともに1978年生まれだという岡大介と小林寛明がカヴァーした異色作。岡大介がカンカラ三線、小林寛明がラッパ二胡という編成も特異です。参加ミュージシャンは、中尾勘ニ、関島岳郎、戸次和歌子、熊坂路得子。「東京節」「復興節」といった有名曲に岡大介の自作曲も織り交ぜ、日本の忘れられた音楽の再生を試みた意欲作です。

続きを読む>

月乃家小菊, 井筒家小石丸 / 踊れ大阪総おどり – 気持ちヨホホイホイ

手に入らない!?という話しを聞きましたので、ド〜ンと再入荷、オススメしますよ〜! 乞うご期待の音頭もの入荷です!夏ですから、やっぱりこーゆーのでビールですねえ、こっちは東京ですけど…。で、とりあえずはギター&三味線&ベース&太鼓&囃子、この鍛え抜かれた音頭インタープレイ!~アジアでは希じゃないでしょうか?こんなポリリズミックでしなやかな演奏、ちょ …

続きを読む>

MAREWREW / MAREWREW

OKIがプロデュースしたアイヌ女性四人組ウポポ楽団。手拍子と足踏みをリズムに四人が素朴な旋律を輪唱する。打楽器もダブ・エフェクトも用いていないのに強烈にトランシー。全16分ほどのミニアルバムですが、かつてアイヌ達が焚き火の周りで繰り広げただろう儀式に参列した気分になります。

続きを読む>

初音家賢次 / 旅立て俊徳丸

これぞ河内の声!半世紀前の河内音頭オリジナル発掘音源+やりたい放題リミックス&ダブ!というわけで、いや~、イイ感じです。故・初音家賢次(平成12年没)による昭和34年頃の大阪八尾市の自宅座敷に於ける個人録音(初音家びいきのオーディオ愛好家が業務用テープレコーダーで録ったものだという)幻の名演「俊徳丸」を、イヤコラセ東京代表 / ex 静岡ロックンロール組合 …

続きを読む>

BLUE ASIA / RADIO MYARK

久保田麻琴率いる日本、マレーシア混成ユニット=BLUE ASIAによる新作です!もちろん主役はミャークの面々〜総勢25名を越す地元宮古の歌い手たち、三線弾きたちの過去音源、ほか地元、島のジャムバンドBlack Waxの面々(紅一点26歳、マリノのサックス素晴らしい!)、SAKEROCKをはじめとする日本の様々なグループで引っ張りだこの人気ドラマー伊藤大地、あ …

続きを読む>

庄司歌江 / 歌江草紙 唄の旅

まさか、こんな愛嬌のある声でこんなにリズミカルで外連味ない唄を歌うお方だったとは…、ハッ、ハア~ッおみそれしましたあーと言わんばかりに入荷初日に店頭でかけまくっていたら、初回入荷分が瞬く間に売り切れてしまったわけで…、かしまし娘の歌江ねえさんが大阪ローオンレコードに残した70年代超貴重音源をまとめた『歌江草紙 唄の旅』~ただごとではな …

続きを読む>

里国隆 / あがれゆぬはる加那

「すごい唄ですよ。押し出すような、呻きのような唄いかた。刃を突きつけられているような。これは、ものすごい絶唱。これぞ”放浪芸の華”だって僕は思いますね。」by 小沢昭一!盲目の唄者、里国隆。生まれた島・奄美の島唄を遥かに超えて全く独自のウタ世界を創出した真の放浪芸人。竪琴を携え、各地を放浪した男が生前残した傑作。

続きを読む>

里国隆 / 路傍の芸

1982年11月17日、沖縄・那覇市・平和通りに於いて路上録音~偶然に通りかかった宮里千里が、その一部始終を録音したという音源です。竹中労の耳を奪い、「琉球フェスティバル」に出演して、その黒い歌声で聴衆を驚愕させた放浪芸人・里国隆の路上レコーディング/奇跡のドキュメントです。 1982年11月17日、沖縄・那覇市の平和通り路上に”聖域&#8221 …

続きを読む>

里国隆 / 黒声

1985年6月、その死の4日前、沖縄じゃんじゃんで録音された遺作~琴弾き語りよりも、三線弾き語りによる録音を中心に収録!もちろんその黒声(クルグイ)と呼ばれたダミ声の歌い口がフィーチュアーされている。合方=山下しげまつ、中村八重、萩原君江、川畑シギ、松山美枝子、他。ボーナス映像に「雨ぐるみ」も収録!

続きを読む>

go top