FAYA TESS / QUELQUED CLASSIQUES DE TABU LEY (vol.1)

再入荷です!タブー・レイのアフリザ、フランコのOKジャズを遍歴したコンゴを代表するヴェテラン女性歌手、ファヤ・テスが、これまたヴェテラン過ぎる男性歌手、ニボマ(プロデュース兼)と組んで送り出したノスタルジック・コンゴレーズの決定盤!バックを押さえるヴェテラン・ギタリスト、カイエン・マドカ(OKジャズ)とともに綴るタブー・レイ往年の名曲集です!先年のディノ・ヴ …

続きを読む>

V.A. / ZAIRE 74 THE AFRICAN ARTISTS

★V.A./ザイール74~ジ・アフリカン・アーティスツ いや〜久々、ビックリしたなあ、もう!”キンシャサの奇跡” ジョージ・フォアマンvsモハメッド・アリ世界タイトル戦の前哨としてセリア・クルース&ファニア・オールスターズやジェイムズ・ブラウン、BBキング、クルセイダーズほかも参加した1974年の音楽祭 “ZAIRE 74 …

続きを読む>

O.K. JAZZ ‎ / THE LONINGISA YEARS 1956-1961

    限定500枚のところ(当店でも60枚売ってしまったし?)あっけなく売り切れてしまったので、100枚だけ再プレスしたという連絡がありました。なので、再々々入荷しましたよ!これがラストになるでしょうね(もちろん通し番号入り)。 2枚組LPとして、こんなに美しい仕事、滅多にあるものではありません。見た目も内容も、もう美しいとしか言いよう …

続きを読む>

KEKELE / KINAVANA

久々の再入荷(再プレス?)! コンゴのヴェテラン達が結成したノスタルジックな“ルンバ”ユニット=ケケレの06年作~サード・アルバムです!ギジェルモ・ポルタバレスやエリセオ・グレネ、ニコ・サキートやラファエル・エルナンデス等によるオールド・ラテン・ナンバーを、リンガラ語で歌った意欲作で、常よりも、より濃くなっているラテン・テイストを支えるため、ネルソン・エルナ …

続きを読む>

SAM MANGWANA, DINO VANGU / SAM MANGWANA sings DINO VANGU

先般の>ディノ・ヴァング新作で、彼のファンになってしまったお客さん何人かから、もっとほかにリーダーアルバムはないのか?と聞かれ、う〜ん、なかったっけかな?と考えているうちに忘れてしまっていましたが(すみません!どなたから聞かれたかも憶えていません。脳軟化…)、店のCDの棚を整理していたらコレが出てきました。 アフリザやOKジャズを遍歴した名歌手サ …

続きを読む>

JUPITER & OKWESS / KIN SONIC

キンシャサの唯一無二なゲットー・ミュージックがさらに進化した!21世紀以降のコンゴ音楽シーンを、コノノNo.1やスタッフ・ベンダ・ビリリと共に牽引しているのがこのジュピテールだ。90年代初頭よりキンシャサのゲットーにて自身のオリジナル・サウンドを追求しはじめ、2006年の映画『Jupiter’s Dance』で一躍脚光を浴びた彼が、2013年の『 …

続きを読む>

Poete, SIMARO MASSIYA LUTUMBE / MABELE, The Very Best of

再入荷しました!(発売時2003年の当方旧HPより転記〜というわけで、まだあったんですねえ、Ngoyarto 盤CD!)このところ、ルンバ関係の俄然、鋭いコレクションを連発するンゴヤルト・レーベルから、フランコ=OKジャズのギタリストにして作曲家として有名~天使の歌声とも言われたシマーロ作品のシングル=ベスト・コレクションがリリース!60年代後半から70年代 …

続きを読む>

ROBINO MUNDIBU / CHIFFRE 9

昨年2016年の某コンゴ音楽情報HPによるキンシャサCDマーケット総評によれば、売上ベスト5に並んだのが以下のアーティストの新作〜エリティエール・ワタナベ、ロビニオ・ムンディブ、デプリック、ファブレガス、そしてコフィ・オロミデ、次点がJBマピアナだそう。ことにソロ・デビュー作となったエリティエール・ワタナベ、ロビニオ・ムンディブ、デプリックの売上げがめざまし …

続きを読む>

KABOSE BULEMBI / Voici L’artiste ZAKALA AAAH !

カボセ・ブレンビ (Raphael Kabosé Bulembi) 、1979年キンシャサ南西120キロの街、キザンチュに生まれ(16人兄弟の14人目!)、ジェネラル・デファオのビッグ・スターズを皮切りに、ボジ・ボジアナのアンチ・ショックに2001年まで在籍、そこからウェラソン〜ウェンゲ・ムジカ・メゾン・メールを務めて、2006年にリーダー作をリリース。こち …

続きを読む>

SIMOLO KATONDI / SOMMATION

元カルティエ・ラタン~そして元バナ・キンのパーカッション&ヴォーカリストでリーダーだった現パリ在シモロ・カトゥンディ5年ぶりのセカンド・アルバム2015年作です。にしても、この人、相変わらず独特なスタイルですねえ、バナ・キンのフォルクロール・マナー(カサイ)をPOP化して受け継いでいるんでしょうか?よくわかりませんが、この人。セレオ・スクラム&モドゴ・アブラ …

続きを読む>

JONAS BALELA / OFFRE SPECIAL

長らくスイスで活動して来たというジョナス・バレラ(それ以前は、90年代初め頃、カメルーンでキャリアをスタートしたそう)、で、こちら、DRコンゴ復帰後初となる2016年のサード・アルバムとのこと(収録曲はパリ、ロンドン、ブリュッセル、ナイロビで4年間かけて録音!)。Modogo Abarambwa (ex. Quartier Latin) & Desouza …

続きを読む>

SERGE MULOSO / MOT DE PASSE

セルジュ・ムロソ、1977年キンシャサ生まれ〜93年ゴスペル(レリジョン)系オルケストルの歌手兼ギタリストとしてキャリアをスタートし(コンゴはキリスト教徒多し、もちろんルンバなゴスペル楽団多し)、甘いソプラノ・ヴォイスで頭角をあらわすことになりました(ニックネームは “prince charme”)。その後、コフィ・オロミデのカルティ …

続きを読む>

DEPLICK (Deplick Pomba Nuance) / OVERTURE

ファブレガス、エリティエール・ワタナベと来て、このデプリック(本名 Luango Mbankoka Plick)!去年11月末のデビュー・アルバム、キンシャサで大きくブレイクしているようです。本人キンシャサ生まれですが、両親はカサイ出身とのこと(収録曲の “EN AFRIQUE” あたりにそのムード漂ってますかねえ…?)、 …

続きを読む>

RY-CO JAZZ / RUMBA’ ROUND AFRICA

  こちらはフレンチ・カリブへの渡航定住以前、 コンゴはおろか西アフリカ全域にツアーし 人気を誇ったライコ・ジャズの1960年代録音集! 1 Bana Ry-co 2 Mambo Ry-co 3 Veronica 4 Caramba Da Ma Vida 5 Cunvana 6 Ry-co Band 7 Mambe 8 Twist With The …

続きを読む>

go top