GERRY DIALUNGANA & THIERRY MANTUIKA / HOMMAGE A FRANCO

 没後20年以上経過した現在でもリリースや話題が絶えない「アフリカ音楽の王様」フランコ〜2013年には生誕75周年を迎えるそう。それを記念して貴重な作品が再発されたわけですね。故ジェリー・ジャルンガナと、ティエリー・マントゥイカはどちらもフランコの元で研鑽を積んだギタリストで、後期O・K・ジャズで重要メンバーでした。フランコ没後もO・K・ジャズの看板を背負っ …

続きを読む>

VA-FEILD REC. BY HUGH TRACEY / FOREST MUSIC – CONGO 1952

幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ『ベルギー領コンゴ時代の北部の森とその周辺の音楽-コンゴ1952』 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。アフリカ大陸のど真ん中コンゴ(旧ザイール)のコンゴ河(旧ザイール河)流域の森とその周辺に住む民の音楽を中心に収録し …

続きを読む>

FRANCO ET O.K. JAZZ / KITA – MATA – BLOQUE

リンガラ音楽の父フランコの後期名編集盤がまた復刻されました。 1973年からのフランコの参謀の1人ジョスキー・キアンブクタ作の2曲と当時のシンガーのほとりだったジョーとの合作、さらに、女性歌手バニエルとナナをフィーチャーした曲の4曲が収録されています。 後期のフランコは、それまでのキャリアを集大成したような、ポリリズムとハーモニー、流れるような曲展開と、まさ …

続きを読む>

field rec. by COLIN M. TURNBULL / MUSIC OF THE RAIN FOREST PYGMIES

結局~このコリン・M・ターンブルによる、1950年代後半から60年代初めにかけフィールド・レコーディングされたピグミー音楽アルバム~内容的にこれ以上の音源はありませんよね…。旧ザイール/現コンゴの熱帯雨林=イトゥリの森に住まうムブティ・ピグミーの、この上なくシンプルで、この上なく深いニュアンスに満ちた豊饒・静寂の音世界!冒頭の雷の音で、もう持って …

続きを読む>

MOSE FAN FAN / THE CONGO ACOUSTIC

コンゴのヴェテラン・ギター&ヴォーカリスト=モーセ・ファン・ファン/フランコ&OKジャズの全盛期にギタリストを務めたファンファンによる1999年のソロ作が国内リリース!ケケレの03年作『コンゴ・ライフ』より先を行っていたアクースティック・コンゴ音楽路線で、生ギターをメインにした爽やかなサウンドに、アコーディオンやブラス・セクションも加わった温かい響きは、まさ …

続きを読む>

SIMOLO KATONDI / VACCIN D’AMOUR

  元カルティエ・ラタン~そしてバナ・キンのパーカッション&ヴォーカリスト=パリ在住シモロ・カトゥンディのファースト・ソロ!ということで、持って来てくれた(売りつけに来た?)コンゴ人の彼が言うことには、今パリのコンゴレーズの間で一番流行っているのはコレ!とのこと。なるほど、独特の雰囲気、たまには今時のルンバで踊りたいという方にはオススメ!タブー・フ …

続きを読む>

MOSE FANFAN / MUSICATELAMA

おおっ!8年ぶりの新作です。コンゴ音楽史上最高のグループだったフランコ&OKジャズの全盛期に、フランコの右腕としてギタリストを務めた音楽家モーズ・ファンファンが久々に帰って来ました!現在イギリスを拠点に活動しているファンファンが発表したのが、話題となった2004年の前作『バイェケレイェ』~以来8年ぶりとなる新録音アルバムです。コンゴ音楽が本来持っていたキュー …

続きを読む>

DRC MUSIC / KINSHASA ONE TWO

ブラー、ゴリラズ、The Good, the Bad & the Queenなど様々なバンドをかけもつUKロックのリーダー的存在デーモン・アルバーンが世界から貧困を無くすために活動する団体OXFAMと組んだアフリカ音楽プロジェクト第二弾。第1弾MALI MUSICに続き今度はDRC(コンゴ民主共和国)がテーマ。デーモンが今年の夏にキンシャサを訪れ、J …

続きを読む>

STAFF BENDA BILILI / BOUGER LE MONDE !

出ました!来日もしてくれたキンシャサの持たざる者ユニット、スタッフ・ベンダ・ビリリの2作目!でも、~なんかジャケに出ている面々、お金持ちっぽいですねえ、車椅子もギターも新調してますよ、でも、これはコレでカッコイイですねえ、ガツンと儲けてくれたんでしょうか?だとしたら、なんか嬉しいですねえ。というようなことはともかく、音の方もビシッと結構ゴージャス?キンシャサ …

続きを読む>

GRAND MAITRE FRANCO & SEIGNEEUR ROCHEREAU / LISANGA YA BANGANGA

めでたくも再発です!御大フランコともう一人の巨人、タブー・レイことロシュローの共演曲を集めた2CD! LP3枚分+3曲ということで、同タイトルの SYLLART 盤2CDよりもエキストラ・トラック3曲分が多い決定盤です!1981/83年の録音、両雄並び立たず、と思われていた二人の雪解け共演だけに、これは必聴!ロシュローの後期最盛期&フランコ後期全盛時代への開 …

続きを読む>

FRANCO ET LE TOUT PUISSANT O.K.JAZZ / MARIO

〈アフリカ音楽の王様〉フランコ その晩年を飾る最後の大ヒット曲を完全収録! コンゴ音楽において数々の金字塔を打ち立てただけでなく、アフリカ音楽を世界に幅広くプロモートした偉大なる音楽家と言えば、間違いなくフランコの名が挙げられる。彼が亡くなったのは89年のこと。その4年前、85年に生まれた最後の大ヒット曲が「マリオ」だった。本作はその後フランコが何度も録音し …

続きを読む>

LES TAMBOURS DE BRAZZA / SUR LA ROUTEE DES CARAVANES

カルリーニョス・ブラウン&チンバラーダとの打楽器合戦でも名を上げた、ブラザヴィルのフォルクロール打楽器隊~エミール・ビヤイエンダ率いる13人のタンブール・アンサンブル=レ・タンブール・ド・ブラザの6枚目のアルバムにして20周年記念盤~「キャラヴァンの道」は高速パーカッション隊と厚いポリフォニックハーモニーが織りなすフォルクかつPOP&ハイブリットな打楽器ルン …

続きを読む>

FLAMME KAPAYA / BANNINGS VILLE

RDCコンゴのトップバンドのひとつ、ウェラソンとメゾン・メールのリードギタリストとして10 年のキャリアを持つ、ルンバ第4世代~フラム・カパヤ、初のリーダー・ソロアルバムがリリース!ルンバ系スークースのクリスタルなトレモロ・ギターのルールをおおまかには無視!ノイジーでヘンドリックスでパンキッシュなヴィルツォーゾギターと、カパヤ自身のルーツであるバンドゥンドゥ …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / L’HOMME DE BERETTA

初期ベスト再発です。こうしてまとめて聴いてみると、やっぱりカッコイイですねえ…. 初期のコフィ・オロミデ!幾つか他のCDと重なる曲があるものの(パパ・ウェンバの2CDベストに入っているヴィヴァ・ラ・ムジカ時代の “Cherie Lipasa” 等~) 、1970年代末から80年代にかけての音源中心に7曲(冒頭曲は比較的新し …

続きを読む>

go top