V.A. FIELD RECORDINGS by HUGH TRACEY / KANYOK And LUBA CONGO 1952 &1957

★幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ / カニョク&ルバ – コンゴ南部1952&1957 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。本CDは、コンゴ南部カタンガ州で行われた録音。親指ピアノのかわりにギターがアフリカ音楽に持ち込まれた最初期の貴重 …

続きを読む>

KASAI ALLSTARS / BEWARE THE FETISH

★カサイ・オールスターズ『コンゴトロニクス 5 ~ビーウェア・ザ・フェティッシュ』 ★日本盤初回特典おまけDVD付き! コンゴ・カサイ州出身の異なる5部族の“電気化コンゴ伝統音楽”グループ(バソキン、マサンカ、サンカイ、ディブア・ディエトゥ、オルケストル・タンジョル)の選抜メンバーで構成された「カサイ・オールスターズ」の2作目アルバム。 4年の製 …

続きを読む>

KASAI ALL STARS / CONGOTRONICS 3

クラムド・ディスク presents コンゴトロニクス・シリーズ第3弾!コンゴのフォルクロール=伝統音楽の感電進化形~ルバ、ソンギエ、ルルア、テテラ、ルントゥーという5つの文化も言語も音楽的伝統も異なるトライブのメンバーたちが、部族間の垣根を越えて結成したバンド=カサイ・オールスターズ欧州デビュー・アルバムです! コノノを野性とするなら、こちらにはミクスチュ …

続きを読む>

PAPA WEMBA / MAITRE D’ECOLE

☆パパ・ウェンバ 『メートル・デコール』 ルンバ・ロックの父が4年ぶりの新作を発表! 最高にハッピーで爽やかなコンゴ音楽の今を聴かせる! 日本においては80年代から紹介されてきたアフリカ音楽の大物のひとり、パパ・ウェンバ(1949年生)はコンゴを代表する音楽〈ルンバ・ロック〉の第一人者として今も現役で活躍を続けている。そしてワールド・マーケット向けに発表され …

続きを読む>

V.A. / CONGO GUITARS 1952 & 1957, Hugh tracey historical recordings

20世紀を通じて行われたアフリカ音楽フィールド・レコーディングの最高峰として名高いヒュー・トレーシーですが、本LPは“幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ”を発売するSWPのオーナーであり、自らもフィールドレコーディングを行う音楽家マイケル・ベアードが厳選& マスタリングを施したアナログLPによる『CONGO GUITARS』編。これまでに発売さ …

続きを読む>

V.A. / CONGO TRADITIONAL 1952 & 1957, Hugh tracey historical recordings

20世紀を通じて行われたアフリカ音楽フィールド・レコーディングの最高峰として名高いヒュー・トレーシーですが、本LPは“幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ”を発売するSWPのオーナーであり、自らもフィールドレコーディングを行う音楽家マイケル・ベアードが厳選& マスタリングを施したアナログLPによる『CONGO TRADITIONAL』編。これまで …

続きを読む>

WENDO / NANI AKOLELA WENDO「ギターをかついだ伝道師」

フランコ、パパ・ウェンバら全てのコンゴのミュージシャンからリスペクトされたウェンドは、コンゴのポピュラー音楽に大きな足跡を残した。 1928年にコンゴ東部の赤道直下の町、キサンガニに生まれたウェンドは、コンゴで録音を行った最初のコンゴ人ミュージシャンとしても有名だ。 1949年には「マリ・ルイーズ」を大ヒットさせる。伝統音楽とカリブ海のリズムをミックスさせた …

続きを読む>

V.A. / EAST OF AFRICA, Pioneers of african popular music

1960年代に東アフリカでシングル・リリースされたコンゴ系ルンバEPオムニバス!アフリカン・ジャズ/アフリカン・フェスタ/アフリカン・ティーム/ネグロ・シュクセ/グラン・カレ/ドクトゥール・ニコ等の音源を15曲収めたオムニバス!LP未収録のレアーな曲が揃ってます。

続きを読む>

LOKUA KANZA / NKOLO

ルワンダ系両親のもとコンゴで育ち、パリで活動を続ける自作自演男性歌手による5年ぶり6作目のソロ作!シンプルに聞かせながらも手の込んだ、生ギター中 心の浮遊感のあるバックにおいて、涼やかなコーラス・ワークに囲まれ、リラックスした丁寧な歌い口で汎アフリカ的なヴォーカル音楽を綴っています。ややゴ スペル色が強くなったほか、仏語やポル語でも歌い、カリブやブラジルの要 …

続きを読む>

MICHAEL BAIRD / LOGO RHYTHMS

>参照!(無断リンクすみません…) 地球上から消えてしまったリズムが幾つあるか知りませんが、コレは再発見・再現されたコンゴの消滅リズム(どうやって再発見したのかは不明?ジョークか)。ヒュー・トレイシー・コレクションの復刻CD化で知られるオランダSWPを主催し、自らドラマーでもあるマイケル・ベアードが、音程の異なる5つの太鼓によって演じるミニマルな …

続きを読む>

SYRAN MBENZA & ENSEMBLE RUMBA KONGO / IMMOTAL FRANCO

アフリカ音楽の帝王~フランコの没後20周年となる2009年を記念するにふさわしいアルバムがリリースされました。フランコが確立したルンバ・コンゴ レーズはアフリカ全土で人気をはくし、途方もない影響を与えましたが、そんな彼を慕い、その音楽を受け継いできたのが、このシラン・ンベンザ!“コンゴ版 ブエナ・ビスタ”と言えそうなケケレにも参加しているシランは、間違いなく …

続きを読む>

MBILIA BEL / BEL CANTO , BEST OF THE GENIDIA YEARS

スターンズの復刻シリーズから、またまたすばらしいアルバムが登場!タブー・レイ・ロシュローが育てた“コンゴ音楽最初の女性スター”ムビリア・ベルの全盛期録音集2CD~ロシュロー楽団のもとで彼女がソロ録音をスタートしたのは1982年、以降、コンゴのファン達は、この国にそれまで存在しなかった歌姫の登場に沸きかえり、おかげでロシュロー楽団はシーンのトップに躍り出たとい …

続きを読む>

FRANCO & LE T.P. OK JAZZ / AU GRAND COMPLET !

フランコのデビュー20周年を記念した1976年6月6日の旧ザイールTV局スタジオ・ライヴ9曲分の映像です。リード・ギターのみならず、フランコがリード・ヴォーカルを取るシーンも何曲かあり、ノリに乗っているフランコが楽しめる、ファンならば絶対に見逃せない充実DVDですよ!ブラス7人、ギターはフランコ、シマロとプラス・ワン3人で、ほかベース&ドラムス&コンガ、そし …

続きを読む>

TABU LEY & MBILIA BEL / LIVE

こちらは、フランコの永遠のライヴァルとも目される大御所・男性歌手タブー・レイ率いるアフリザによるブラザヴィルにおけるTV映像~おそらく、1980年代初め頃に撮られたコンサート映像だと思います。ほぼ1時間半を超える内容で、タブー・レイが育てたコンゴ音楽の女王、ムビリア・ベルとのデュエット&ソロを軽快な演奏で存分に楽しませてくれます。何というか、フランコが重厚、 …

続きを読む>

V.A. / GOLDEN AFRIQUE VOL.2

VOL.1(西アフリカ編)もそうでしたが、今回も初複刻/超レアーな曲というのは少ないと思います…。が、しかし、グラン・カレ(ジョセフ・カバスル)、フランコ、タブー・レイ、ドクトゥル・ニコ、モーゼ・ファンファン、サム・マングワナ、ニボマなどなど、コンゴ/旧ザイールの大スタア達を、まとめて聴けるCDというものが、今はもうあまり無いことを鑑みれば、やっ …

続きを読む>

go top