JAGAJAGA BAND / MAMBO OUR CONTINENTO

リンガラ〜ルンバ・コンゴレーズ / スークース で日本とコンゴをつなぐ、在日コンゴ出身ヴェテラン・ドラマー率いる混成バンドの新録です! “コンゴとも、どうぞヨロシク” と、ジャケに書いてあります(ま、それはそれで、困ったものですが…、オヤジギャグか!)。とにかく晴れ渡っていて、カラッとしています!リンガラ語で歌う日本人女性歌手、NIRE のハイト …

続きを読む>

PEPE KALLE, EMPIRE BAKUBA / TRAHISON HADAS

当店コンゴものベストセラーです!久々の再入荷! 一昨年の夏(2013年のこと)、>こちらで初めて聴いて、チョーサイコーだったので、CDは出ていないのか?と探しはじめて苦節1年半、もう諦めかけていた頃に、なんと、あのコンゴ音楽老舗CDレーベルの “ンゴヤルト” が復活!再発&再プレスを開始してくれたのでした。で、その新譜ランナップの中にコノCDが!けれど、ジャ …

続きを読む>

RAY LEMA, BALLOU CANTA, FREDY MASSAMBA, RODRIGO VIANA / NZIMBU

キンシャサ出身の異才ピアノ&ギター&低音ヴォーカル、そしてソングライターでもあるレイ・レマを中心に、ブラザヴィル出身のバルー・カンタ&フレディ・マッサンバの歳の差ヴォーカル・デュオ(パーカッション)に、ブラジル出身のギタリスト、ロドリーゴ・ヴィアナが加わった、名付けて「ンジンブ」プロジェクトの初アルバムとなります。キンとブラザの都市のフォークロアとでも呼べそ …

続きを読む>

PAPY-TEX et L’orhestre Empire Bakuba / NA KOMI BOYE (PAMELO)

オオッ!1977年のアンピル・バクバ feat. パピテックス! 実にマニア向けですなあ、NAGOYARTO 復活の再発? 第3世代ならではのラテンマナーやや離れのガレージルンバ!? >こちら心底好きという方にオススメ、絶対!

続きを読む>

VERCKYS & ORCHESTRE VEVE / CONGOLESE FUNK, AFROBEAT & PSYCHEDELIC RUMBA 1969-1978

☆ヴェルキス&オルケストル・ヴェヴェ/コンゴレーズ・ファンク、アフロビート&サイケデリック・ルンバ 1969―1978 アフロ専門復刻レーベル“Analog Africa” 2014年アフリカン・レアー・グルーヴの最高作品が登場! アフリカ音楽を中心に、世界のレアーなアフロ・サウンドを発掘し続けるドイツのレーベル“Analog Africa”。その真骨頂とも …

続きを読む>

BEBSON DE LA RUE + TRIONYX, GROUPE ELECTROGENE

やっと入荷して来ました、お待たせ致しました!>こちらで紹介されていましたね(無断リンク陳謝)!MM誌輸入盤欄にも bunboniさんが紹介されていました。で、>こちらで  “ワールド系レコ屋の商魂を久々に大胆にくすぐってくれる” CDとツイートしたところ各方面からリクエスト殺到、が、なっかなか入荷しなくて結局は発売元と交渉の末、サイプ …

続きを読む>

V.A. FIELD RECORDINGS by HUGH TRACEY / KANYOK And LUBA CONGO 1952 &1957

★幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ / カニョク&ルバ – コンゴ南部1952&1957 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。本CDは、コンゴ南部カタンガ州で行われた録音。親指ピアノのかわりにギターがアフリカ音楽に持ち込まれた最初期の貴重 …

続きを読む>

KASAI ALLSTARS / BEWARE THE FETISH

★カサイ・オールスターズ『コンゴトロニクス 5 ~ビーウェア・ザ・フェティッシュ』 ★日本盤初回特典おまけDVD付き! コンゴ・カサイ州出身の異なる5部族の“電気化コンゴ伝統音楽”グループ(バソキン、マサンカ、サンカイ、ディブア・ディエトゥ、オルケストル・タンジョル)の選抜メンバーで構成された「カサイ・オールスターズ」の2作目アルバム。 4年の製 …

続きを読む>

KASAI ALL STARS / CONGOTRONICS 3

クラムド・ディスク presents コンゴトロニクス・シリーズ第3弾!コンゴのフォルクロール=伝統音楽の感電進化形~ルバ、ソンギエ、ルルア、テテラ、ルントゥーという5つの文化も言語も音楽的伝統も異なるトライブのメンバーたちが、部族間の垣根を越えて結成したバンド=カサイ・オールスターズ欧州デビュー・アルバムです! コノノを野性とするなら、こちらにはミクスチュ …

続きを読む>

PAPA WEMBA / MAITRE D’ECOLE

☆パパ・ウェンバ 『メートル・デコール』 ルンバ・ロックの父が4年ぶりの新作を発表! 最高にハッピーで爽やかなコンゴ音楽の今を聴かせる! 日本においては80年代から紹介されてきたアフリカ音楽の大物のひとり、パパ・ウェンバ(1949年生)はコンゴを代表する音楽〈ルンバ・ロック〉の第一人者として今も現役で活躍を続けている。そしてワールド・マーケット向けに発表され …

続きを読む>

V.A. / CONGO GUITARS 1952 & 1957, Hugh tracey historical recordings

20世紀を通じて行われたアフリカ音楽フィールド・レコーディングの最高峰として名高いヒュー・トレーシーですが、本LPは“幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ”を発売するSWPのオーナーであり、自らもフィールドレコーディングを行う音楽家マイケル・ベアードが厳選& マスタリングを施したアナログLPによる『CONGO GUITARS』編。これまでに発売さ …

続きを読む>

V.A. / CONGO TRADITIONAL 1952 & 1957, Hugh tracey historical recordings

20世紀を通じて行われたアフリカ音楽フィールド・レコーディングの最高峰として名高いヒュー・トレーシーですが、本LPは“幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ”を発売するSWPのオーナーであり、自らもフィールドレコーディングを行う音楽家マイケル・ベアードが厳選& マスタリングを施したアナログLPによる『CONGO TRADITIONAL』編。これまで …

続きを読む>

WENDO / NANI AKOLELA WENDO「ギターをかついだ伝道師」

フランコ、パパ・ウェンバら全てのコンゴのミュージシャンからリスペクトされたウェンドは、コンゴのポピュラー音楽に大きな足跡を残した。 1928年にコンゴ東部の赤道直下の町、キサンガニに生まれたウェンドは、コンゴで録音を行った最初のコンゴ人ミュージシャンとしても有名だ。 1949年には「マリ・ルイーズ」を大ヒットさせる。伝統音楽とカリブ海のリズムをミックスさせた …

続きを読む>

V.A. / EAST OF AFRICA, Pioneers of african popular music

1960年代に東アフリカでシングル・リリースされたコンゴ系ルンバEPオムニバス!アフリカン・ジャズ/アフリカン・フェスタ/アフリカン・ティーム/ネグロ・シュクセ/グラン・カレ/ドクトゥール・ニコ等の音源を15曲収めたオムニバス!LP未収録のレアーな曲が揃ってます。

続きを読む>

LOKUA KANZA / NKOLO

ルワンダ系両親のもとコンゴで育ち、パリで活動を続ける自作自演男性歌手による5年ぶり6作目のソロ作!シンプルに聞かせながらも手の込んだ、生ギター中 心の浮遊感のあるバックにおいて、涼やかなコーラス・ワークに囲まれ、リラックスした丁寧な歌い口で汎アフリカ的なヴォーカル音楽を綴っています。ややゴ スペル色が強くなったほか、仏語やポル語でも歌い、カリブやブラジルの要 …

続きを読む>

go top