V.A. FIELD REC. / PYGMEES M’BENGA DU CONGO

  1989~90年、 コンゴのンベンガ・ピグミーの森に滞在した、 ピエール・ユゲらによってフィールド録音された ンベンガ・ピグミーの歌/コーラス、太鼓、 生活音・自然音ほかの全19トラック~ オリジナル・リリースは1992年 (PITHYS) 、 森の音も人の声も、ともに共鳴しあうようなピグミー達の 音楽的な営みを、知ることができるCDです。 > …

続きを読む>

FRANCO & LE TPOK JAZZ / FRANCOPHONIC – RETROSPECTIVE VOL.1 1953-1980

コンゴ音楽シーンにおいて数々の金字塔を打ち立てたフランコ(1938-89)の新・編集盤がリリースされました。未発表曲・初CD化曲は無い模様です。デビューした1953年から後半生の黄金期前夜1980年までの重要曲をほぼ年代順に収録~さらに貴重な写真と詳しい解説を満載した48ページの豪華ブックレットがつくところがミソ(和訳付)。ルンバからフォルクロール、そして北 …

続きを読む>

FRANCO & LE TPOK JAZZ / FRANCOPHONIC VOL.2

久々に再入荷しました! 全アフリカ音楽ファン必携の2CDですね! “フランコフォニック”第2集!第1集はデビューから70年代音源が並んでいましたが、今回は1980年から亡くなる89年まで~晩年/円熟期の録音を収録しました。40年以上にも及ぶレコーディング・キャリアを誇るフランコですが、特に素晴らしかったのは、自身のスタイルを生み出そうとしていた初期音源と、円 …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / CLASSIC TITLES

現コンゴ~旧ザイール出身/パリとキンシャサを股にかけ活躍~パパ・ウェンバとともに称されるリンガラの人気歌手・80~90年代初めのヒットを網羅したベスト・コレクションです!以下、収録曲~ 1,G.B.Gros Bebe 2,Elle et Moi 3,Ca et Ca 4,Koweit, Rive Gauche 5,Dulcinee 6,Henriquet 7 …

続きを読む>

FRANCO ET L’OK JAZZ / 1957-1958-1959

フランコ1950年代末のヴィンテージ録音集!SPでリリースされたトラックばかり15曲、ということで、約3分間につめ込まれたルンバ・コンゴロワーズ黎明期の躍動感とアイデアが素晴らしく、粒揃いのナンバーを堪能できます。初期録音としては、レトロアフリックからリリースされているCD= “ORIGINALITE” と並ぶ内容でしょう(もちろんダ …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / KOFFI CHANTE LUTUMBA

パパ・ウェンバのViva la Musicaに在籍していたこともあり、現在のリンガラ界のトップ・アーティストであるコフィ・オロミデ。ソロになってからも爆発的ヒットを連発したコンゴの国民的スターでもあります。Viva la Musica以後のキンシャサ・シーンにおいて独自の路線を築き上げ渡仏し、パリからキンシャサに出資して現地の若手アーティストを集めて活動し続 …

続きを読む>

V.A. / THE WORLD IS SHAKING, Cubanismo From The Congo 1954-55

EMIオデオン音源を贅沢に駆使し、またまたスゴイ復刻CDがUKオネストジョンズからリリースされてしまいました!植民地時代のレオポルドヴィル(現キンシャサ)&ブラザヴィルにおけるルンバ・コンゴレーズ前夜~1954-55年音源のキューバン風味たっぷり漂うストリングス・バンド演奏21曲!(あのクラムド・ディスクの “ROOTS OF RUMBA ROC …

続きを読む>

BALOJI / KINSHASA SUCCURSALE

ジャケ変わっての国内リリースです。ボーナス・トラック3曲&DVD付!ゲスト音楽家達に最低限以下のギャラしか支払わず(キンシャサ現地相場以下なのか?)、各所から顰蹙を買いまくっているそのやり口まで含めて、2010年アフリカ音楽最大級の爆弾と目される在ベルギーのコンゴ人ラッパー、バロジの問題作~ついに CD & DVD 仕様で届きました!1曲目から Gr …

続きを読む>

ORCHESTRA SUPER MAZEMBE / GIANTS OF EAST AFRICA

  オールド・ファンには懐かしい?コンゴ出身ながらケニアに出稼ぎ大人気を博したリンガラの人気グループ1970~80年代初めのベスト作品集!当時、ケニアでの活躍をステップに欧米デビューを果たした83年リリースのヴァージン録音からも収められています!純ザイーレアン / コンゴレーズとは、またひとつ違う、汎東アフリカ的なノリは、今、聞き返しても新鮮ですね …

続きを読む>

GERRY DIALUNGANA & THIERRY MANTUIKA / HOMMAGE A FRANCO

 没後20年以上経過した現在でもリリースや話題が絶えない「アフリカ音楽の王様」フランコ〜2013年には生誕75周年を迎えるそう。それを記念して貴重な作品が再発されたわけですね。故ジェリー・ジャルンガナと、ティエリー・マントゥイカはどちらもフランコの元で研鑽を積んだギタリストで、後期O・K・ジャズで重要メンバーでした。フランコ没後もO・K・ジャズの看板を背負っ …

続きを読む>

VA-FEILD REC. BY HUGH TRACEY / FOREST MUSIC – CONGO 1952

幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ『ベルギー領コンゴ時代の北部の森とその周辺の音楽-コンゴ1952』 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。アフリカ大陸のど真ん中コンゴ(旧ザイール)のコンゴ河(旧ザイール河)流域の森とその周辺に住む民の音楽を中心に収録し …

続きを読む>

FRANCO ET O.K. JAZZ / KITA – MATA – BLOQUE

リンガラ音楽の父フランコの後期名編集盤がまた復刻されました。 1973年からのフランコの参謀の1人ジョスキー・キアンブクタ作の2曲と当時のシンガーのほとりだったジョーとの合作、さらに、女性歌手バニエルとナナをフィーチャーした曲の4曲が収録されています。 後期のフランコは、それまでのキャリアを集大成したような、ポリリズムとハーモニー、流れるような曲展開と、まさ …

続きを読む>

field rec. by COLIN M. TURNBULL / MUSIC OF THE RAIN FOREST PYGMIES

結局~このコリン・M・ターンブルによる、1950年代後半から60年代初めにかけフィールド・レコーディングされたピグミー音楽アルバム~内容的にこれ以上の音源はありませんよね…。旧ザイール/現コンゴの熱帯雨林=イトゥリの森に住まうムブティ・ピグミーの、この上なくシンプルで、この上なく深いニュアンスに満ちた豊饒・静寂の音世界!冒頭の雷の音で、もう持って …

続きを読む>

go top