GRAND MAITRE FRANCO & SEIGNEEUR ROCHEREAU / LISANGA YA BANGANGA

めでたくも再発です!御大フランコともう一人の巨人、タブー・レイことロシュローの共演曲を集めた2CD! LP3枚分+3曲ということで、同タイトルの SYLLART 盤2CDよりもエキストラ・トラック3曲分が多い決定盤です!1981/83年の録音、両雄並び立たず、と思われていた二人の雪解け共演だけに、これは必聴!ロシュローの後期最盛期&フランコ後期全盛時代への開 …

続きを読む>

FRANCO ET LE TOUT PUISSANT O.K.JAZZ / MARIO

〈アフリカ音楽の王様〉フランコ その晩年を飾る最後の大ヒット曲を完全収録! コンゴ音楽において数々の金字塔を打ち立てただけでなく、アフリカ音楽を世界に幅広くプロモートした偉大なる音楽家と言えば、間違いなくフランコの名が挙げられる。彼が亡くなったのは89年のこと。その4年前、85年に生まれた最後の大ヒット曲が「マリオ」だった。本作はその後フランコが何度も録音し …

続きを読む>

LES TAMBOURS DE BRAZZA / SUR LA ROUTEE DES CARAVANES

カルリーニョス・ブラウン&チンバラーダとの打楽器合戦でも名を上げた、ブラザヴィルのフォルクロール打楽器隊~エミール・ビヤイエンダ率いる13人のタンブール・アンサンブル=レ・タンブール・ド・ブラザの6枚目のアルバムにして20周年記念盤~「キャラヴァンの道」は高速パーカッション隊と厚いポリフォニックハーモニーが織りなすフォルクかつPOP&ハイブリットな打楽器ルン …

続きを読む>

FLAMME KAPAYA / BANNINGS VILLE

RDCコンゴのトップバンドのひとつ、ウェラソンとメゾン・メールのリードギタリストとして10 年のキャリアを持つ、ルンバ第4世代~フラム・カパヤ、初のリーダー・ソロアルバムがリリース!ルンバ系スークースのクリスタルなトレモロ・ギターのルールをおおまかには無視!ノイジーでヘンドリックスでパンキッシュなヴィルツォーゾギターと、カパヤ自身のルーツであるバンドゥンドゥ …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / L’HOMME DE BERETTA

初期ベスト再発です。こうしてまとめて聴いてみると、やっぱりカッコイイですねえ…. 初期のコフィ・オロミデ!幾つか他のCDと重なる曲があるものの(パパ・ウェンバの2CDベストに入っているヴィヴァ・ラ・ムジカ時代の “Cherie Lipasa” 等~) 、1970年代末から80年代にかけての音源中心に7曲(冒頭曲は比較的新し …

続きを読む>

MADILU SYSTEM / LA BONNE HUMEUR

以前、英スターンズでジャケ違い曲順違いで出ていましたが…、再発です!コンゴ音楽のビッグ・ボス=フランコの楽団に80年代から参加、その後フランコが亡くなった88年以降もコンゴ音楽のリーダー的存在として広く親しまれてきた男性歌手=マディルー・システム/残念ながら07年の8月8に心臓発作のため亡くなってしまったのですが(享年57歳)、今作は彼が亡くなる …

続きを読む>

KEKELE / RUMBA CONGO

2001年にリリースされこれまで輸入盤としてロング・セラーを続けてきた名作が再発国内発売~アフリカ中部に位置するコンゴのポピュラー音楽の歴史を彩ってきた老雄たちが一同に顔を揃えたプロジェクトがケケレ。これはそのファースト・アルバムだ。アクースティック楽器をメインにした、なんともさわやかなサウンド。サックスやアコーディオンの温かい音色に包まれて、歌手たちはキラ …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / ABRACADABRA

キンシャサ / スタジオ録音新作!47P歌詞ブックレット付き前代未聞!?~さすが、コンゴレーズの詩人ですねえ… 知り合いの旧ザイール人はコフィは歌詞が魅力と昔言っていましたが、そういうことなんですねえ。ささやきかけるように、問わず語りのように延々と2CDめいっぱい歌いづけるコフィ新作です!リリカルさとグルーヴとカリスマ性が、~光ってますよ。&#8 …

続きを読む>

MODOGO & SAM / BLACK BAZAR

09年仏で刊行のベストセラー小説『ブラック・バザール』(アラン・モバンクー著)の仮想サウンドトラックをその筆者アラン・モバンクー自身がプロデュースしたアルバム!~ということで、モドゴ・アバランブワとサム・ツィントゥをリード・ヴォーカルとするブラック・バザール、コンゴレーズを中心にキューバ、コロンビア、カメルーン、セネガル、ブラザヴィルなどのミュージシャンも合 …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / KOFFI CHANTE TABU LEY, LIVE

コフィ・オロミデがフランコと並ぶ20世紀コンゴ音楽の至宝タブー・レイ・ロシュローの曲ばかりを取り上げたコンサートのライブCD~大所帯のスムーズなリンガラ系バンドを従えた彼のなめらかな歌声はフランコやパパ・ウェンバを歌うよりもタブー・レイを歌うほうがやはり似合ってます。全18曲80分にわたり繰り広げられるサップールの粋~2010年のキンシャサでのライヴです!

続きを読む>

RAY LEMA / 99

コンゴ出身、マルチカルチャーなマルチ・インストゥルメンタリストにして、わが道を行く唯一無二の音楽世界を持つアフリカン・ポップ職人=レイ・レマの新作は、エチエンヌ・ムバペ(グエン・レー&ウルトラマリーンのベーシスト) / コンティ・ビロン(カメルーンのドラマー) / バルー・カンタ / ルチアナ・デミンゴンゴ / カティー・ルノワール / イサベル・ゴンザレス …

続きを読む>

AWADI / PRESIDENTS D’AFRIQUE

再入荷!~お待たせしました。セネガル出身~元ポジティヴ・ブラック・ソウルの人気ラッパー、アワディの2010年のサード作です!昨年のアフリカ諸国独立50周年ということも受けての、実にストレートで真面目な作品となっています。~クワメ・エンクルマ / ナセル / セク・トゥーレ / ジョモ・ケニヤッタ / ネルソン・マンデーラといったアフリカの指導者たちの演説&キ …

続きを読む>

AWILO LONGOMBA / MONDONGO

今現在、たぶん全アフリカで一番人気があるPOPスターと言えば(やや無理矢理ですが…)、このアウィロ・ロンゴンバということになるんじゃないでしょうか?で、そのアウィロが、別にお忍びでもないんですが、プロモーション来日して当店にも寄ってくれました!~元ストゥーカス、そして元ヴィヴァ・ラ・ムジカの名ドラマーであり、ヴィヴァ脱退・独立後は歌手に転身、あれ …

続きを読む>

V.A. / THE KARINDULA SESSIONS

“カリンドゥラ”と言えばザンビアやマラウィ、だと思っていましたが(参照 FROM STAFF )、コンゴ南部も地続きなんですから、そこにカリンドゥラがあっても不思議はないわけで、というより、ザンビアのカリンドゥラ自体、コンゴ的な感覚と南部アフリカ的な感覚が交わっている風に聞こえるように、本CDで聞ける、よりコンゴ的な感覚が強いカリンドゥラには(~世界初紹介と …

続きを読む>

SOLO SITA / BEST OF

アンピル・バクバ / マリンガ・システム / キンスターを遍歴したコンゴ人男声 “ソロ・シータ” のベスト盤!この人ならではの、変わることのない明朗快活ダンサブルなスークース路線が楽しめます!夏向きですねえ、内陸の国コンゴなのに、海辺のジャケットに違和感ナシ~なんと現在、アンピル・バクバ再結成準備中とのこと!

続きを読む>

go top