JUDIT NEDDERMANN / TOT EL QUE HE VIST

1991年生まれのカタルーニャの美形シンガー・ソングライター、ジュディット・ネッデルマン。ビーンズ・レコードよりご紹介のカタルーニャのカタルーニャの女性ピアニスト/ソングライター、クララ・ペーヤのもとなどでも活躍している彼女の2014年のデビュー・ソロ作です。 プロデュースは、イベリアン・パーカッション・オーケストラのコエトゥスや、チャルパなどに名を連ねる打 …

続きを読む>

BARCELONA GIPSY KLEZMER ORCHESTRA / BALKAN REUNION

バルセロナ発多国籍バンド、BGKO(バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オーケストラ)。グループ名にあるとおり、ジプシー音楽やクレズマーを核に、セルビア、イタリア、フランス、ギリシャ、スペインなどからなるメンバーの出自と、バルセロナという開かれた場の特性も背景とする音楽性で、2013年のファースト作『インバルカ』が話題を呼びました。本作は15年のセカンド作。『 …

続きを読む>

ELECTRORUMBAIAO / BOOM

バルセロナのメスティサヘのシーンの立役者オホス・デ・ブルッホの立ち上げメンバーにして現地で人気のDJパンコと、ブラジルはバイーア、サルバドール出身でバルセロナ在住9年を超えるファンタスティックなパーカッショニスト、アラン・ソウサのプロジェクト。オホス後のグループ、レナカイで出会い意気投合した二人はすぐにこのプロジェクトを始動。さらに、モラビア出身でバルセロナ …

続きを読む>

WAGNER PA & BRAZUCA MATRACA / FORN DE PA

ブラジル出身で、1990年代からバルセロナ音楽シーンで暗躍し、当時勃興しつつあったこの街の多文化的なメスティーソ・サウンドの機運にサンバの国の風を運んできたヴァグネル・パ。彼率いるブラズーカ・マトラカの13年作です。ギター、ベース、トランペット、トロンボーンなど曲により入れ替えつつ、小ぶりのアンサンブルによるアコースティック中心の音作りで、小さなバーなどでの …

続きを読む>

RUMBACALI / EL DUENDE, LA LUZ Y LA NOCHE

2015年にして素晴らしいCDがバルセロナから届きました。以前もアチリ・フンクというルンバ(カタラーナ)をDJ/レア・グルーヴ的に復興する集団に後押しされCDもリリースをした60年代から活躍ルンバの父の一人であるチャチョ率いるグループ、ルンバカリ。他にも60年代から活躍するフラメンコ女性歌手、マルハ・ガリドとラ・マーニャという3人を中心に、元オホス・デ・ブル …

続きを読む>

LA SRA. TOMASA / CORAZON, BOMBO Y SON

バルセロナの新世代エレクトロ・メスティサヘ・グループ。ドラムンベース、ダブステップにラテン(グアグアンコ、ルンバ、サルサ、ティンバ)などをブレンド!といったいつものバルセロナの混血スタイルが進化してエレクトリック化が進んでます。カラッとしてポジティブなエレクトリック・サルサでパーティ気分ばっちりです。録音にチャラルト58(元キンキービート)の名も見られること …

続きを読む>

HIGH TIMES / FINS QUE SURTI EL SOL

バルセロナの8人組スカバンド、ハイ・タイムスの2NDがKASBA MUSICよりリリース。余計なギミックなしのオーセティクなスカ、レゲエサウンド。バルセロナのカラッとしてポジティブなポップセンスで街角の風景が浮かび上がりますね。ゲストにラ・トローバ・カンフーのジョアン・ガリーガが参加してるあたりなどこの辺のファンには安心のラインナップ。同じくドクター・カリプ …

続きを読む>

YACINE & THE ORIENTAL GROOVE / PARABOLIC

バルセロナシーンの顔役の一人、元チェブ・バロウスキ / ヌールのヴォーカル、ヤシーンのソロ名義作品、2011年作〜同じくバルセロナのストリートから、ブズーキやギリシャの伝統弦楽器やアラブの笛、ネイを操る08001のヤニスがバンドメンバーとして参加。移民の街でもあるバルセロナからしか出てこない、地中海風、ミクスチャー・アラビック・ロック/マグレブ・グルーヴを全 …

続きを読む>

BONGO BOTRAKO / REVOLTOSA

☆ボンゴ・ボトラコ / レボルトーサ ●ボンゴ・ボトラコは、2007年にバルセロナから東へ80キロ、地中海沿いの町、タラゴナで結成。その後、2年半でスペイン各地とフランスで80回以上のコンサートをこなして人気を博し、2010年にアルバム・デビューを果たします。そのアルバムには、チェ・スダカにラ・ペガティーナ、コロール・ウマーノ、コスタ・リコまで現在のバルセロ …

続きを読む>

ORIOL TRAMVIA / EL 7. EN DIRECTE AL CAT !!

1951年バルセロナ生まれのシンガー・ソングライター/俳優。76年のデビュー作『ベスティア』は、カタルーニャ語ロックの先駆けになったと評される(隠れ)名盤です。本作は2011年にバルセロナのCATで行われたライヴの模様を収録する14年リリース作。声を張ってシャウトしていた『ベスティア』の頃とは違い、すっかり肩の力が抜けたヴォーカルで、10年のアルバム『60オ …

続きを読む>

LA BUNDU BAND / SEMBRANT BESTS, RECOLLINT REVOLUCIO

ダビーでファットなドラムンベース/ジャングル、たまにダブステップ&ブレイクビーツの上に乗っかるラップ。パーティチューン目白押しのメスティサヘ/RADIOCHANGO系のダンスミュージックサイドの代表、ラ・ブンドゥ・バンドの3RDです。プロデュースが00年代にバルセロナで活躍したラ・キンキー・ビートのチャラルト58。アンパロ・サンチェスがマイクリレーに参加した …

続きを読む>

LA BANDA DEL PANDA / A LA FRESCA

カタルーニャから南仏まで年間100以上のライブをこなしてるストリート上がり、パンダ・デル・パンダのデビュー作。マカコ、ペガティナ・チルドレンともいうべきか、ルンバ、クンビア、サルサ、ヒップ・ホップを軽快に楽しく取り入れたバルセロナ直系サウンド。ゲストはアルジェリア、フランス人ら混血バルセロナのバンドCHAQLAL のメンバー。同じくBCからヒップ・ホップグル …

続きを読む>

V.A. / BLACKCELONA 2

“A collection of soul & funk music from the city of Barcelona”というコンセプトで全ておわかりでしょうが、今作はルンバ・カタラーナでもなく、メスティサヘ/マヌ・チャオ系でもないバルセロナのまた違った側面を切り取ったコンピの第二弾。 ブラックといってもアメリカのオールド …

続きを読む>

BARCELONA GIPSY KLEZMER ORCHESTRA / IMBARCA

バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オルケストラ、カタルーニャのリード女性歌手 / インド系セルビア人でクラリネット&バスクラ奏者 (リーダー)/ イタリアのアコーディオン奏者 / フランス人ギタリスト / セルビア人コントラバス / ギリシャ人ダルブッカ奏者 / ドイツ人ヴァイオリン奏者〜というわけで、これがデビュー作ということですが、なんてストレートなグル …

続きを読む>

LENACAY / YREL

ルンバ・フラメンカの絶妙ミックス、レナカイのセカンド・アルバム!バルセロナのストリートを代表するバンドだったオホス・デ・ブルッホからうまれたレナカイはロマ語で「人生の道のり」を意味する「LEN」に、「見る」を意味する「ACAY」、そのふたつの言葉を併せて「人生を見つめる」といったニュアンスの意味がバンド名になっています。セカンド・アルバムのタイトル「イェレエ …

続きを読む>

go top