SILVIA PEREZ CRUZ , RAUL FERNANDEZ MIRO / GRANADA

こちら>2012年の初ソロ・アルバムはもとより、>ジャズ・トリオとのビル・エヴァンス作品集や、>コントラバス奏者とのフィーリン系ボレーロ&カンシオーン・アルバムや、>イスラエルのハングドラム奏者との共演、>そして女性ばかりのフラメンコ・ユニットなど、旺盛なレコーディング活動を続けて来たバルセロナの女性歌手、シルビア・ペレス・クルース(1983年カタルーニャは …

続きを読む>

ELECTROPUTAS / RABIAKTIVA

バルセロナで00年代に活躍したラ・キンキー・ビートのリミックスでデビューしたグループ、エレクトロプータスの2014年作。ふざけたエレクトロ、というのがコンセプトのようです。なかなか下世話でアシッディでチージーなエレクトロ・トラックに女性MCが乗っかります。バルセロナのダンスミュージック・サイド、何気にベテランです。しっかし悪そうですね。(インポーター資料より …

続きを読む>

LOS MAMBO JAMBO / IMPACTO INMINENTE

前作に引き続き全員リーゼントでビシッときめたバルセロナの変態?4人組、ロス・マンボ・ジャンボ。バンド名はペレス・プラード節絶好調の有名曲を冠し、50~60年代のロック/ロカビリー、R&B、スウィンギンなジャズ&レトロなストリップティーズをクール&ヒップに演奏します。ディック・デールを模したサーフロックな映画のサントラ風レトロフューチャー感覚、好きな人 …

続きを読む>

ZULU 9.30 / TIEMPO AL TIEMPO

スカ、レゲエ、サルサ、サンバ、ルンバ・カタラーナ、ヒップ・ホップ、キューバンまでミクスチャーするバルセロナの雄、スルー・9.30の11年作~カル リーニョス・ブラウンやマカコ、スーコ103らの前座としても活躍したバンドです。一時はメンバーが10人前後に膨らんだようですが、現在は5人編成で ボーカル、ギター、ベース、パーカッションにサックス。とはいえシンプルな …

続きを読む>

NARAINA / ARA TOCA VOLAR

バルセロナのジプシー・ファンク、ルンバ・カタラーナを演る4人組ナライナの2013年作のアルバム。ガト・ペレス一派 でアイ・アイ・アイのメンバーであるPep Llad がプロデュースということで、カタルーニャ音楽の伝統に根ざしたプロダクションながらKASBA MUSICの制作ということもあり、RADIOCHANGO一派とも共振するストリートのルンバ。参加メンバ …

続きを読む>

V.A. / MAS ACHILI FUNK, Gypsy Soul From 21st Century

1969~79年のルンバ・フラメンコ・コレクション “Achili Funk” の続編〜は、オリジナル”Achili Funk” 収録楽曲のリミックス&21世紀のルンバ・フラメンコ(ルンバ・カタラーナ)アーティストの曲(remix)も交えて全16曲!とりあえず、21世紀対応の踊れるルンバ・フラメンコ決定版コンピ …

続きを読む>

BANDA ACHILI FUNK & ORIGINAL JAZZ ORQUESTRA / GITANO REAL

ハハハッ、これはイケます!フィーリーサウンズmixedルンバ・フラメンコ /カタラーナ!?USセヴンティーズBLACKコーラス・グループとジプシー・フラメンコのコラボということに?ま、オージェイズ with ジプシーキングス的感覚(そんなにベタじゃないですけど)がオールドファンには楽しいというか、頼もしい(?)雰囲気醸し出してくれますよ!久々の当店オススメ、 …

続きを読む>

BURITACA / BARAWANIZ

バルセロナのミクスチャーシーンをサポートするレーベル、カスバMUSICの2011年作~バルセロナらしいアフロを中心にレゲエ / ラテングルーヴ(ブーガル、メレンゲ、クンビア)をベースにしたミクスチャーユニットです。同じくバルセロナ、マヌ・チャオ周辺のコロール・ウマーノや好評のテラコタ、あるいはラジオオチャンゴ等のファンは要チェックのアフロ・ミクスチャー秀作で …

続きを読む>

LA TROBA KUNG-FU / SANTALEGRIA

●ドゥスミンゲトのカリスマ・ボーカリストであり、アコーディオン奏者でもあるジョアン・ガリーガ。彼はマヌ・チャオとも親交が深く、マヌ・チャオ・ラ・ベントゥーラにのライブではアコーディオンをもってゲストアクトするバルセロナ重要アーティスト。ドゥスミンゲト時代の音楽性をさらに進化したプロジェクト、ラ・トローバ・カンフーのサードアルバムが国内盤登場です。 ●ガリーガ …

続きを読む>

LA BUNDU BAND / CAT SAMURAI

タイトルは “猫侍”!一体なんでしょう? これまで3枚のアルバムを発表しているブンドゥ・バンド、ダビィでファットなドラムンベース/ジャングルやブレイクビーツの上に乗っかるラップ。一曲目からいきなりRUDE HI-FIが参加、フェルミン・ムグルサ、オブリント・パス、キンキー・ビートらRADIO CHANGOのステッパーズ系/キーパーソン …

続きを読む>

LA FAMILIA RUSTIKA / SIN RUMBA FIJA

バルセロナのルンバ・ファンク、ルンバ・カタラーナバンドLA FAMILIA RUSTIKA。ブラジル、ジャマイカ、ハバナ、ブエノスアイレス、コルシカを経由してバルセロナはラバル地区へ向かう音楽旅行。ボサ、クンビア、タンゴを彼らならではのスウィング感、ラバル地区のゲットーセンスで料理し、彼らのルンバに取り入れています。マヌ・チャオ直系のボーカルのダニはラ・トロ …

続きを読む>

BURRUEZO & BOHEMIA CAMERATA / BARCELONA INTIMISSIMO CAFE

フラメンコ要素などを取り入れた1980~90年代バルセロナのニューウェイヴ系ポップ・ロック・ユニットで、ロバート・ワイアットとの共演も果たしているクラウストロフォビアの中心人物として活躍してきた、ヴォーカル&ギター(ラウーなども弾く)のペドロ・ブルエソによるプロジェクト。2005年のアルバムです。ピアノやヴァイオリンとのアコースティックなアンサンブルで奏でる …

続きを読む>

LA KINKY BEAT / LA KINKY, Massive Underground

バルセロナ/ラバル地区のダブ~ドラムンベース系バンド=ラ・キンキー・ビートの新譜です!打ち込みによるメタリックでアグレッシブなブレイク・ビートとドラムンベース&レゲエ/ダブの重厚な低音のバイブス&そこにガレージ~サーフ系ギターや警告音やサイレンがサウンドを引き締めます。看板女性ヴォーカルのマタハリによるクールなヴォーカルも健在~録音は彼らの運営する自身のスタ …

続きを読む>

MICROGUAGUA / AL BORDE DE LA RUTA

バルセロナ /ラバル地区で結成されたミクログアグアの2012年作です。ルーツレゲエをベースにしたアコースティック・サウンド、マヌ・チャオとバルセロナ・メスティサヘ・シーンのたまり場、バル・マリアッチのコンピレーションに参加したり、サハラ難民救済プロジェクトのコンピCDにも名を連ねたりと「バルセロナ」らしい魅力と行動をたっぷりに、実力をつけて来ました。同じくバ …

続きを読む>

go top