ASALA NASRI / 60 DE’EL’A HAYAH

シリアはダマスカス出身のベテラン女性歌手、アサラの2015年最新アルバムが発売されました。前作から3年ぶりとはいえ、91年のデビュー作から数えて本作で24枚目という衰えぬ創作意欲には驚かされます。前作は複数のプロデューサーを迎えエレクトリックなサウンドが目立ちましたが、本作ではアップテンポのダンスチューンはなくなり、ナチュラルなアレンジが彼女の歌を際立たせる …

続きを読む>

WEAD BOUHASSOUN / L’AME DU LUTH

斜め上から見た額がイイじゃないですか。実に端正、なんとも古風で柔らかな歌をうたいます。シリアの女流ウード奏者で歌い手、ワエド・ブーハスーンによるウード弾き語り完全ソロアルバム。スーフィー詩&古典詩と、20世紀詩人アドニス(3編)にブーハスーン自らがアラブ古典調の曲をつけた11曲。まるで、月光の下で歌うように、淡々と透明な感覚を聞かせてくれます。目を閉じれば、 …

続きを読む>

ASALA NASSRI / SHANGHEL BALI

  シリアを代表するベテラン女性歌手アサラ・ナスリの、なぜか夏を感じさせる2013年作品(23作目!)が、なんとイスラエル盤で再入荷しました。レバノン系のイケイケなポップからラテン〜バチャータ調、バラードまで自在に歌いこなすアサラらしいアルバムです。アラブの春以降、アラブのポップCDの入手困難が続いていますが、イスラエルを経由するとは掟破り!(それ …

続きを読む>

KHALED ALJARAMANI, OLIVIER MORET, MOHANAD ALJARAMANI / EXIL

「私は30 年前に音楽を学び始めました。私がすべてを忘れるにはもう30 年間必要です。どこかで再びやり直すにはすべてを忘れなければなりません」ハレド・アルジャラマニ(ル・モンド紙インタヴュー)。内戦で破壊され尽くした故国シリアを思う無念の心です。2002 年からウードのヴィルツオーゾとして世界で活躍し、フランスではノワール・デジールのギタリスト、セルジュ・テ …

続きを読む>

MAYADA EL HENNAWY

シリア首都アレッポで1959年生まれ、1970年代半ばから活躍したヴェテラン女性歌手。ゴージャスなオーケストレーションをバックに、ウム・クルスームをややPOPにしたような、ドラマティックな長尺曲を得意とします。本CDには、おそらく90年代の録音による長尺2曲が収録されました。 △2時間18分収録!?です。冒頭の20分近い曲が本CD収録曲の一つです。

続きを読む>

OMAR SOULEYMAN / JAZZERA NIGHTS, Folk & Pop Sounds Of Syria

シリア〜トルコ国境地帯、クルド系ダンス音楽、ダブケの今日的変異とでも言えそうなエレクトロ&インプロ・フォークロアをハードボイルドに演じるオマール・スレイマン2010年作! 1)Hafer Gabrak Bidi 2)Ala Il Hanash Madgouga 3)Hot Il Khanjah Bi Gleibi 4)Kell Il Banat Inkhat …

続きを読む>

V.A. / EARLY SINGERS FROM BILAD AL-SHAM

レバノンのAMAR(アラブ音楽保存研究基金)から、>ABD AL HAYY HILMI(4CD),  >YUSAF AL-MANYALAWI (10CD) に続いての歴史的録音復刻です。「ビラード・エル・シャム」とは字句通りには「左手の土地」を意味し、東に向かって左側の地方、つまり北方を指すわけですが、現在の国名で言うとシリア、ヨルダン、レバノン、パレスチナ …

続きを読む>

OMAR SOULEYMAN / DABKE 2020

米国西海岸のワールドミュージック・テロリスト・レーベルSUBLIME FREQUENCIESからのスター歌手!シリア~クルドの伝統ダンス音楽ダブケの歌手オマール・スレイマンの第二弾09年作が再入荷。中東諸国向きのキーボードに内蔵されたプリセットのチャチーリズムをならしっぱなしで、後はキーボードやチャルメラ、サズ、太鼓、手拍子、更にオヤジの一本調子な歌だけなん …

続きを読む>

KHALED ALJARAMANI / ATHAR

仏INSTITUT DU MONDE ARABEの2013年末新作はシリア人アラブ古典音楽演奏家ハレド・アルジャラマニによるウード小曲集。東地中海からマグレブの香り高いウード演奏と渋い歌声が5〜8分の比較的短い演奏で全8曲たっぷり味わえます。

続きを読む>

ROUWAYDA ATTIEH / ESMAANI

シリア出身の若手女性歌手、ルーワイダ・アティエーのデビュー作となります。といっても、堂々としたハーリージー、トラッドな風味とダンサブルなリズム処理の中、素晴らしいコブシ使いを聞かせます。とにかくうまい歌手です。今後にも期待大!シリア盤ということで、やや粗雑な作りのCDですが(…CDRではありません)。

続きを読む>

OMAR SOULEYMAN / HAFLAT GHARBIA, The Western Concerts

オマール・スレイマン、まさかの来日決定(2013年10月)!!!? ということで、2009〜11年にかけて欧米をツアーして回った記録である本CDを聴いていただき、このシリアの怪人、シリアン・ダブケ・マスターを観に行くか行かないか、とりあえず決めていただこうじゃありませんか!?って、場違いに強引な物言いですが…。先般の来日時、当店にも寄ってくれたサ …

続きを読む>

OMAR SOULEYMAN / HIGHWAY TO HASSAKE, FOLK AND POP SOUNDS OF SYRIA

2013年11月来日決定!悪趣味ワールド音楽専門レーベル?? SUBLIME FREQUENCY(「崇高な電波系」とでも訳しましょうか)から、またまたドギツい天然の音響派が登場!シリアの結婚式デブケ系歌手オマール・スレイマンのベスト盤です。中東向けカシオトーンに内蔵された高速デブケのリズムをバックに野太く歌い上げるオヤジ声を野外向けのPA(デフォルトでディレ …

続きを読む>

ASMAHAN / DOUBLE BEST

 『アラブの花/伝説の歌姫 録音集』 エジプトにおける近代アラブ音楽の黄金期を築いた偉大な歌手達の録音集から、美貌の歌姫アスマハーンが残した名歌曲集がアラブ〜マグレブのヴィンテージ音源で定評ある仏MLPレーベルより発売されました。本2CDは、日本語解説(by 及川景子)が付された国内配給盤となります。 アスマハーン(本名:アマル・エル・アトラッシュ)は、19 …

続きを読む>

ASALA / QANON KIFAK

2年ぶりですね。1980年代前半のデビュー以来、大国シリアで永らくナンバー1スターの座を保って来た女性歌手、アサーラ/ロターナから移籍しての2010年作が届きました。シリア~湾岸テイストの変拍子曲、スケールの大きなバラード風、そして一癖あるローカルなシャバービー風と、飽かせない曲構成の中、思う存分に第一級のメリスマ・ヴォイスを楽しませてくれます。前作・前々作 …

続きを読む>

go top