MAFIKIZOLO / KWELA

  タイトルも、そのものズバリ”クウェラ”~南ア・ポップ/ジャズの50年代スタイルを彷彿とさせるクワイト人気グループの新作=セカンド・アルバムです。今作には、御大ヒュー・マサケラ(トランペット)やライヴァル・トリオのボンゴ・マフィンも参加し、相変わらずキュートな女声リードをフォロー!打ち込み&生楽器、ノスタルジックなヴォーカル・スタイルで世代を越え …

続きを読む>

FOSTER MANGANYI NA TINTSUMI TA TILO / NDZI TEKE RIENDZO NO.1

再入荷!南アフリカの突然変異的テクノダンス“シャンガーン・エレクトロ”UKオネスト・ジョンズからの第2弾!前近代とポストモダーンの華麗ならぬ融合?脱力ヴォイスが癖になるミディアムなシャンガーン民謡的歌唱が、ガッツのないエレクトロ伴奏に強引に乗せられてユルユルに炸裂しております!08年に現地でカセットとととととして発売された作品をCD化、とのことととと&#82 …

続きを読む>

DARK CITY SISTERS / BEST OF

久々の僅少再入荷、お早めに!全12曲と収録曲も少なく、以前リリースされていたUKアースワークス盤ベストCD(プレミア価格になってますが)と10曲も重複しているということで、あまり強くはオススメできませんが(ジャケもかなりサイテー?後年の年取ったメンバー4人の写真を見ることはできますが)、けれども現在、ダークシティ・シスターズは本CDでしか聴けないわけですね。 …

続きを読む>

V.A. / SAMOSAS, UNE AUTRE AFRIQUE

フランス中東部ローヌ地方の小学校を巡回して開かれるワールド・ミュージック体験フェスティヴァル『レ・タン・ショー』は回を重ねて今年で12 年目~その度に地元子供たちとワールドミュージックのアーチストたちの共演ステージおよび共演CDを発表しているわけですがその最新作=本作のテーマは「もうひとつのアフリカ」ということで、カリブ/マダガスカルなど、肉桂(シナモン)の …

続きを読む>

MAHLATHINI / KING OF THE GROANERS

南アフリカ音楽を語る時、絶対に忘れられないのが男性歌手マハラティーニと、彼のバック・コーラスを務めていたマホテーラ・クィーンズ。同国の大衆音楽ンバクァンガを代表するアーティストとして、本国はもちろん、欧米や日本でも幅広く親しまれました。そんな彼らがもっとも脂がのっていた1972年から77年の間の録音を集めた編集盤がこちら。あばれまくるベースとハジけるビート、 …

続きを読む>

V.A. FIELD REC. BY HUGH TRACEY / TSWANA AND SOTHO VOICES

1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。本CDは、南アフリカ&ボツワナ&レソトの音楽を集めたものです。このあたりの現代ポピュラー音楽にも通ずる力強く躍動感溢れるコーラスを中心に、マウス・ボウやリード・パイプ・アンサンブル(太さや長さの違うパイプを吹いてつくるアンサンブル …

続きを読む>

V.A. FIELD REC. BY HUGH TRACEY / THE NGUNI SOUND, SOUTH AFRICA & SWAZILAND 1955,57,58

“ングニの音楽 – 南アフリカ&スワジランド1955、’57、’58” 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。南アフリカおよびスワジランドのバントゥー系であるコーサ、ズールー、スワジを中心とした人々の音楽を収 …

続きを読む>

DOREEN THOBEKILE / LONDON ZULU

ディストリビューター値下げ品!ドリーン・トベキレは1971年にアパルトヘイト政策下の南アフリカから国外追放を宣告された女性歌手/ダンサー。亡命してすぐにロンドンで音楽活動を始め、90年代後半にはトランスグローバル・アンダーグラウンドと共同作業を開始、そして彼らのプロデュースで05年に発表し、唯一のソロ作品にして遺作となってしまったのが本作(2010年死去)。 …

続きを読む>

DICK KHOZA / CHAPITA

1960年代から活動するマラウィ出身のドラマー、ディック・コーザが76年に南アで制作した幻のアフロJAZZファンク!プロデュースはDブランドで有名な南ア/サン・レーベルのオーナー、ラシッド・ヴァリィです。いろんな意味で奇跡すぎる複刻ですねえ…。ミディアム&アップな南アJAZZテイストのホーンズやコーラス、そしてマロンボ風ギターが、アル・ …

続きを読む>

V.A. / LONDON IS THE PLACE FOR ME 3 & 4

本シリーズ久々の新譜〜VOL.5 & VOL.6のリリースにあわせてVOL.3 & VOL.4も2CDで再発されました!こちらはその英文解説和訳付国内配給盤! VOL.3 =1919年ナイジェリア生まれ、40年代にロンドンへ移住~そこでウェスト・アフリカン・リズム・ブラザーズを結成(その録音は本ロンドン~シリーズ第2集にも収録)、72年頃までロンドン …

続きを読む>

V.A. / THE INDESTRUCTIBLE BEAT OF SOEWTO VOL.1

久々の再入荷!すべてはここから始まった!英アースワークスは、80年代を象徴するワールド・ミュージック・レーベルとして知られますが、20年という時を経て、新たな息吹を与えられて甦ったこの名作!アパルトヘイト(人種隔離政策)に屈することなく、押し込められた黒人居住区(ソウェト)から発せられた黒いビート〜80年代始めの南アのポップ・シーンに躍動した不屈のビートを捉 …

続きを読む>

WEST NKOSI / SIXTEEN ORIGINAL SAX JIVE HITS

1960〜70年代、ガロ傘下のレーベルからリリースしたSingle集〜サックス・ジャイヴ・インストです。初期ンバクァンガの歌なし、と言ってしまうのはもったいないですねえ、この躍動感、やっぱり南アならでは! 1 West Nkosi And His Alto Sax – 2 By 2  2:18 2 West Nkosi Nabashokobezi …

続きを読む>

MIRIAM MAKEBA AND THE SKYLARKS / VOL.1~2

南アの女王ミリアム・マケバが、その若き日に在籍した女性コーラス=スカイラークスのコレクションCD、ヴォリューム1&2が、久々に再入荷!後年、欧米で大きな人気を掴んだマケバの片鱗は、多少、味わえこそすれ、ジャイヴ系コーラス~後のンヴァカンガにつながるファンキーかつ、ジャジー、そしてレトロ!50年代の南ア音楽の充実ぶりがストレートに伝わるコレクションです。クェラ …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / TOWNSHIP SWING JAZZ VOL.2

タウンシップ・ジャズ/ヴィンテージ・コレクション第2集~60年代録音を中心に、エリート・スウィング・スターズ,オルランド・シックス,スポークス・マシヤネ,ジャズ・ダズラーズ等々、スウィンギーかつ南アらしさが、より濃く反映された16曲!91年のリリース(以前、英国盤もありましたが、こちらガロ盤がオリジナル)久々の再入荷です。

続きを読む>

MAGAYISA C. KHOSA / SHANGAAN DISCO

~Kさん感謝!1993年リリースCDデッドストック入荷です!roots of シャンガーンPOPです!曰く、南アフリカの北部リンポポに住まうシャンガーン人が首都ヨハネスへ出稼ぎに出て、何かと不充足な生活の中で、ズールージャイヴ等の影響を受けて作り出した“シャンガーン・ディスコ”がコレです!~近年話題を呼んだ“シャンガーン・エレクトロ”(英オネストジョンズ・リ …

続きを読む>

go top