TRESOR / VII

twitter みとこんどりあ ‏@mitokon さんに教えていただきました。以下、無断転載、お許しを! 「DRコンゴ出身、南アをベースに活動しているシンガーソングライターです。名前はTRESOR(トレゾー)といいます。 このアルバムで6月始めに開催されたSouth African Music AwardsでBEST POP ALBUMを受賞しました! T …

続きを読む>

DEREK GRIPPER / LIBRARIES ON FIRE, Solo Guitar

久久の再入荷!寝苦しい夏の夜にこそ!? >こちら南ア白人ギタリストのデレク・グリッパーがガットギターのソロ演奏アルバム2作目をリリースしてくれました!今作もトゥマニ・ジャバテはじめ、西アフリカの有名コラ奏者の演奏を採譜、ギターに置き換えて演奏してくれます(ラストの曲のみ、デレク自作曲)。いろいろ生ギター演奏のソロ・アルバムは数あるでしょうけど、なんというか、 …

続きを読む>

MADOSINI / EPARADESI NKOSI UZUBE NAM

>こちらで紹介されているのを見て(無断リンク毎度陳謝!?)、6年前のリリースで、しかも限定110枚なんてレアーなCDだから、ま、入って来ないんだろうなと思っていたら、ちゃんとオーダーどおりの数、入荷してきました!なるほど、売れてないんですね…。 が、内容は素晴らしい!南アのコサ人の間で有名なマドシニ婆さん(故ネルソン・マンデラ氏も彼女の大ファンだ …

続きを読む>

V.A. / NEXT STOP SOWETO Vol. 4, Zulu Rock, Afro-disco And Mbaqanga 1975-1985

UK STRUTレーベルによる南アフリカ音源コンピレーション・シリーズ、待望の復活です! 南アフリカのお宝音源を掘り尽くそうという “Next Stop Soweto” 5年振りのシリーズ最新作〜USソウルやディスコ、ロックを、南アならではのフィルターを通じプレイされたアフリカン・ヴギー、ディスコ、ロック、ソウル!強力です。 1. U …

続きを読む>

MIRIYAM MAKEBA / THE INDISPENSABLE 1955-1962

南アフリカ出身のミリアム・マケバ。ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修のミリアム・マケバ 初期録音集3CD。〜こうやってまとめて聴くと、やっぱりイイ歌手だったんですねえ、南ア音楽のPOP&JIVEな50年代的充実をキチッとキープしていたことがわかります。1枚目はデビュー時に参加したマンハッタン・ブラザーズ時代、紅一点の録音3曲に、女声コーラス・グループ、ス …

続きを読む>

V.A. / A GUIDE TO SOUTH AFRICAN MUSIC -南アフリカ音楽入門

アフリカの中でも独特の世界をもつ南アの音楽 その魅力のエッセンスを1枚のCDに集約 複雑な人種社会が絡み合った国の成立がその音楽にも反映されている南アフリカ共和国。80年代末のワールド・ミュージック・ブームでもその混血音楽はいち早く注目されました。本作では伝統的コーラスから始まり、アメリカのジャズに影響を受けた音楽、独自のポップ・スタイルとして60年代頃に生 …

続きを読む>

ASSAGAI

LP在庫ございます!CD は現在再入荷待ちです。 以前CD化もありましたが、既に10年以上、入手困難だったんじゃないでしょうか(LPの相場は5万円!)。ザックス・ンコーシやキッピー・モケーツィ、そしてスポークス・マシヤネらと並ぶ南アフリカの生んだ素晴らしいアルトサックス奏者、ドゥドゥ・プクワナが(60年代前半クリス・マクレガー&ブルーノーツとともに渡英)、ロ …

続きを読む>

MAHOTELLA QUEENS / KAZET

☆マホテーラ・クィーンズ/カゼット 久々の再入荷! <ソウェットのライオン>と仇名された男性ヴォーカリスト、マハラティーニと共に活動し、南アフリカ音楽を世界に向けて強力にアピールした女性ヴォーカル・グループがマホテーラ・クィーンズだ。かつては日本のテレビCMにも登場したことがあった。数年前にマハラティーニが他界したが、その後も元気に単独活動を継続 …

続きを読む>

VUSI MAHLASELA / GUIDING STAR

ヴシ・マハラセラは1965年・南アフリカ生まれ~アパルトヘイトの時代には音楽活動と平行して不平等制度に対する反対運動に参加していたということです。そんな彼はアパルトヘイトが終焉を迎えた91年にデビューを果たし、ズールー語や英語で歌うシンガー・ソングライターとして広く知られることになります。そして07年に作られた彼の最新作がこれ/南アフリカの伝統的な音楽スタイ …

続きを読む>

ASSAGAI / ZIMBABWE

70年代前半、南アJAZZ〜ブルーノーツのメンバー(Louis Moholo, Mongezi Feza, Fred Coker, and Dudu Pukwana)がロンドンへ渡り結成したアフロROCK&フュージョンBANDの1972年作セカンド・アルバムの復刻CDです。

続きを読む>

BONGEZIWE MABANDLA / UMLILO

★ボンゲジウエ・マバンドラ『ウムリロ』来日記念盤! 南アフリカから新世代&新感覚のアフロ・シンガー・ソングライターがやって来る。ヨーロッパでも話題急上昇! ★このタイムレスにしてスピリチャルなアーバン・アフロ・フォーク・アルバムを一聴すれば、これほどに注目された理由を納得頂けるだろう。(新谷洋子) ★南アフリカで強いアイデンティティーを守り続ける東ケープ州は …

続きを読む>

MAHLATHINI / THE LION OF SOWETO

南アフリカ、ンバクァンガ名盤! マハラティーニ聞かずして、アフリカ音楽を語るな! と言いたいところですが、ま、好き好きですからね… A1 Baba-Ye 3:01 A2 Bayasazi 2:39 A3 Kudala Besifuna 2:49 A4 Kwa Mfazi Onge Mama 2:36 A5 Bhula Mngoma 2:45 A6 …

続きを読む>

BIG VOICE JACK / COLOURS AND MOODS

ヨハネスブルグはアレクサンドラ・タウンシップ生まれ、50年代初め、まだロウティーンの頃からマラービ〜タウンシップJAZZの庶民的展開、クウェーラのペニーホイッスル吹きとして(アレクサンドラ・シャンバ・ボーイズ / トマホークスほかで)活躍して来たビッグ・ヴォイス・ジャックことアーロン・リロール翁(1940-2003)〜その代表的ソロ・アルバムと言ってもイイ1 …

続きを読む>

V.A. / SHANGAAN ELECTRO, New Wave Dance Music From South Africa

ワールドカップがらみで久々に南アの音楽が注目される昨今(〜って、もう昔の話し?ですねえ…)、HONEST JON’Sより出るべくして出た 南アの最新ニューウェイヴ・ダンス音楽「シャンガン・エレクトロ」のコンピ盤です!シャンガン族と言えばモザンビークから南アにかけて暮らす少数民族で す。木琴と太鼓を使ったローカルな高速ダンス音楽をこのジ …

続きを読む>

go top