V.A. / LISBOA E AS FADISTAS

TRADISOM ファド・アーカイヴス・コレクション! ファドの偉人達を素晴らしいマスタリングで紹介するシリーズが登場しました!  単独アルバムではなかなか紹介できない様々なファド歌手たちにスポットを当てた編集盤。やはり20~30年代を中心としたセレクションで、後に登場するアマリアたちに影響を与えた歌唱が楽しめます。 1-DINA TEREZA-Novo F …

続きを読む>

MARIA ALICE / A VOZ DO POVO

TRADISOM ファド・アーカイヴス・コレクション! ファドの偉人達を素晴らしいマスタリングで紹介するシリーズが登場しました! アマリア・ロドリゲスの先輩にあたる女性ファド歌手(1904~?)。ファドのレコード会社の経営者として知られるヴァレンティン・デ・カルヴァーリョの奥方でもありました。商業化されたファドの新時代を代表する歌手の20~30年代録音を収録 …

続きを読む>

ARMANDINHO / O GENIO DA GUITARRA PORTUGUESA

TRADISOM ファド・アーカイヴス・コレクション! ファドの偉人達を素晴らしいマスタリングで紹介するシリーズが登場〜 ファドに欠かせない弦楽器ポルトガル・ギターの名手として知られたアルマンディーニョ(1891~1946)。その晩年期に残した貴重なインスト録音(伴奏にクラシック・ギターが加わります)が楽しめる作品です。

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / A DIVA DO FADO

アマリアのデビュー録音全て + ボーナスを収録した貴重な初期音源集! すべてのファド・ファンにとって特別な存在といえる女性歌手アマリア・ロドリゲス(1920―1999)。30年代の終わりに歌手としてデビューした彼女だが、当初ポルトガルでは録音は残さず、1945年にブラジルへ行った際、当時新進のインディー・レーベルだったコンチネンタルにSP8枚(16曲)を残し …

続きを読む>

V.A. / GUITARRA PORTUGUESA ANTOLOGIA

V.A./ポルトガル・ギターのアンソロジー〜ポルトガル・ギターの名匠達によるインストゥルメンタル作品集! 新たなポルトガル・ギター名演集が登場した。 収録されているのはアマリア・ロドリゲスの伴奏を務めたジャイメ・サントスやジョゼー・ヌネス、ラウール・ネリら、名匠ばかりをそれぞれ1曲ずつ収 録し、多くの演奏者を紹介する編集になっている。ただファドの名曲をインス …

続きを読む>

PEDRO CALDEIRA CABRAL / VARIACOES, Guitarra Portuguesa

 独奏家としても名高いポルトガル・ギター奏者ペドロ・カルデイラ・カブラルとギタリストのフランシスコ・ペレスとの共演盤、88年作。ペドロはベルギーの名門ギター・レーベル“GHA”から作品を出す実力派で、ポルトガル・ギターに関する本も出しています。本作では、ポルトガル・ギターの情緒に富んだ音色を活かした味わい深い曲からBGMとしても機能しそうな爽やかな曲まで披露 …

続きを読む>

ANTONIO ZAMBUJO / RUA DA EMENDA

祝来日! ヴェルヴェットのような歌声を持つファド歌手、 3年ぶりのスタジオ録音新作! ポルトガルを代表する歌謡音楽ファドのシーンにおいて、現在精力的に活動を行っている男性歌手がアントニオ・ザンブージョ。アマリア・ロドリゲスによって世界に広まったファドをいまに受け継ぎ、さらにボサ・ノーヴァやジャズ、シャンソンなどの要素を絡め、新しいスタイルを模索し続けてきた彼 …

続きを読む>

REAL COMBO LISBONENSE / Saudade De Voce

★Saudade De Voce – Real Combo Lisbonense As Voltas Com Carmen Miranda ポルトガルに生まれ、ブラジルの歌手/女優として1940年代からは米国で人気を博し、ブラジルのアイコンと化したカルメン・ミランダ。彼女の象徴的イメージとなったバナナをジャケットにあしらった本作は、カルメン・ミラ …

続きを読む>

MARIA BERASARTE / AGUA EN LA BOCA – AU-DELA DU FADO

大西洋のメランコリーにあふれたバスク出身の女性歌手がうたう“ファド” 〜マリア・ベラサルテは、大西洋に面したスペイン・バスク州ギプスコア県の都サン・セバスティアン生まれ。音大生時代にファドを知り、母国語でないにも関わらずとてつもない感銘を受けた。さらにこの音楽を研究し、やがてスペイン(カスティーリャ)語でファドをうたうようになった。本作では元マドレデウスのギ …

続きを読む>

MARIA TERESA DE NORONHA ‎/ O MELHOR DE MARIA TERESA DE NORONHA

マリア・テレサ・デ・ノローニャ(1918 -1993) のBEST CDです。 -1959 / 1961 / 1962/ 1966/ 1969/ 1972年の録音がクロノジカルに並んでいると思われます。寡作の歌い手で。74年には引退、シングル録音のほか、LPアルバムは3枚のみとされていますから、ノローニャのアウトラインを掴むには最低のベストかと。が、ご注意を …

続きを読む>

NOEMI WAYSFELD & BLIK / ALFAMA

  東欧イディッシュ+クレズマーの哀愁+ポルトガル・ファドのサウダーデを融合?スラブ系女性歌手、ノエミ・ウェイスフェルドのちょっとハスキーかつコクのある歌声を前面に、ファーストCDから3年、ノエミ&ブリック(ウード、アコーディオン、コントラバス)のセカンドアルバムが登場。ゲストはSarah Nemtanu (vln), Guillaume de C …

続きを読む>

go top