JANITA / RAIANO

ターラを弾き語り、ベンディールやダルブッカといったアラブ的打楽器も操るソングライター=ジャニータ・サロミを中心としたポルトゥギーズ・トラッド=セッション・アルバム~古い詩のにノスタルジックな曲をつけ、コインブラ派のファドの伝統を下敷きに、トラッドな感覚の自作曲を歌い綴っています。1990年代の充実作・再入荷です!

続きを読む>

ALFREDO MARCENEIRO

February 25, 1891-June 26, 1982~リスボン生まれ、もとは木工職人だったという異色のファド男性歌手~1940年代にはカフェルーゾの王様とも呼ばれましたが、その長い歌手生活において、独特に泣きのある、哀愁のこもった高域の発声とラフなメリスマで歌い続け、人気を保ちました。本盤は、男性ファドを何か一枚という方にオススメしたい1955〜6 …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / ANTOLOGIA

4枚のCDに50年代の録音を100曲収録した驚きの限定盤!ということで、いわずと知れた〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲスの復刻コレクションです。既にオリジナル・アルバムやデビュー曲を含む初期録音集がCDリリースされてますが、その一連のリリースからこぼれおちてしまったのが、50年代半ばから後半の音源。この時代のアマリアはフランスのコロンビアからアルバムを出し …

続きを読む>

RICARDO PARREIRA / CANCIONARIO

弱冠20歳にして発表したデビュー作で衝撃を与えたポルトガル・ギタリストが、その3年後〜2010年に発表したセカンド・アルバム。リカルド・パレイラは10代前半にしてファド歌手の伴奏を務め、コンテストでも上位に入賞していた早熟の天才。そのデビュー作ではファドの名曲を情感豊かに聴かせてくれたが、本作では演奏だけでなく、自らプロデュースも行ない数曲を作曲。しかもその …

続きを読む>

AMOR ELECTRO / CAI O CARMO E A TRINDADE

〈チル・アウト・ファド・エレクトロニカ〉という特異なスタイルで注目を集めたドンナ・マリーア『すべては永遠に…』〜このグループは女性ヴォーカル、マリーザ・リスをフロントにおいた3人組だったが、そのマリーザが新たに組んだバンドがこのアモール・エレクトロ。彼女はここでもヴォーカルを担当、伴奏は標準的なバンド編成にキーボードやエレクトロニクス、そして曲によってアコー …

続きを読む>

DEOLINDA / DOIS SELOS UM CARIMBO

ポルトガル!紅一点キュートでトラッドな歌い手をフィーチュアーするギター&ダブルベース&ウクレレの男子3人= 計4人組のフォークロア・ユニット“デオリンダ”早くも新作を届けてくれました!リスボンのファドはもちろん、カントリー・サイドの民謡や、古来からの学生都市コインブラのフォーキーなファド等々を、明るくハギレいい透明な歌で、最小限の音数のシンプル&アコースティ …

続きを読む>

DEOLINDA / CANCAO AO LADO

ポルトガルから新しい傾向のトラッドPOPが登場!港の嘆き節っぽいファドじゃなくて、キュートで透明感あるファドを歌い演じるデオリンダ~センチメンタリズムやノスタルジーは残しつつも、小気味良いPOPなフォークロアとしてファドを聞かせます!本国ではダブル・プラチナ・ディスクを獲得の人気を得たそう…。ギター&ダブルベース&ウクレレ等を奏でる草食系男子に囲 …

続きを読む>

MARIZA / FADO TRADICIONAL

現在のポルトガル・ファド・シーンを牽引する若手女性歌手マリーザの11年新作。前作ではカーボヴェルデのモルナやブラジリアン・ジャズまで取り入れ、ファドを拡張していた彼女、新作はそれとは全く逆に原点回帰!ポルトガルギター、クラシックギター、アコースティックベースだけをバックにした王道ファド。1920~50年代の忘れられたファドばかりを取り上げ、あるいは一部、当時 …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUEZ / AMALIA NO OLYMPIA

ファドの女王アマリア・ロドリゲスが世界的なスターに成長するキッカケとなった1956年のオランピアにおける公演のライヴ・アルバムが新たなマスタリングで再発されました!オランピアは戦後のパリの音楽シーンの聖堂とも言える重要なミュージック・ホール、そこにポルトガル人としてはじめて出演したのが、フランス映画『過去を持つ愛情』の挿入歌「暗いはしけ」をヒットさせたばかり …

続きを読む>

ANTONIO ZAMBUJO / POR MEU CANTE

ポルトガル人男性歌手アントニオ・ザンブージョ~ファドにボサ・ノーヴァの要素を加えた彼の音楽は、あのカエターノ・ヴェローゾからも高く評価されています。そんな彼が2004年に残したセカンド・アルバムがこの度、ワールド・ヴィレッジから復刻されました!彼の故郷アレンテージョ地方(ポルトガル中南部)に伝わる古い民謡とファドとの融合を目指したという本作~ポルトガル・ギタ …

続きを読む>

V.A. / FADO, SEMPRE ! ONTEM, HOJE E AMNHA

ファド・ファンには絶対見逃せない作品が登場しました。貴重な写真をたっぷり掲載した90ページにおよぶ豪華フルカラーのブックレット&ファドの「過去(昨日)」「現在(今日)」「未来(明日)」そして「永遠(不朽)」をテーマにした4枚のCDセット!さらにブックレットにはファドの起源や歴史、シーンの代表的人物たちのバイオグラフィまで掲載されています。アマリア・ロドリゲス …

続きを読む>

HELENA OLIVEIRA / ESSENCIAS ACORES

ヨーロッパの西端ポルトガルから大西洋に向かって1500km離れた洋上に浮かぶアゾーレス諸島は、アトランティス大陸?の一部だったとも伝えられ、ポルトガルの世界進出において重要な中継地点としての歴史を持ちました。同地出身のエレーナ・オリヴェイラはそんな歴史ある島々の伝統音楽をアクースティックな編成で、現在に通じる音楽として多彩なアレンジで楽しませくれる貴重な存在 …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / ABBEY ROAD 1952

〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲスの主要なオリジナル・アルバムを年代順に復刻する注目すべきプロジェクトが開始されましたが、本作はロンドンのアビー・ロード・スタジオでの録音を集めた1枚、アマリアが海外進出のスタート地点となった作品群となります。当時、SP盤で発売されたこれらの録音ではブラジルやスペインのナンバーを交えつつ、彼女がそれまで歌ってきたファドを集大 …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / GUITARRA PORTUGUESA

ファドの伴奏といえば、ポルトガル・ギターと(クラシック・)ギターが基本。特にポルトガル・ギターはファドを象徴する楽器だ。しかしその出自には諸説あり、研究者の間でも意見は一致していません。そんなミステリアスな楽器でもあるポルトガル・ギターの名手を1枚に集めたのがこの作品で、収録されているのは「女王」アマリア・ロドリゲスの伴奏を務めた腕利きの往年の録音ほか、ファ …

続きを読む>

ANA LAINS / QUATRO CAMINHOS

ポルトガルから新たな美人女性歌手が登場~その名はアナ・ラインス、奥ゆかしい歌いぶり、ナイーブな感性、そしてファドの伝統を受け継ぐ心意気など、ジョアナ・アメンドエイラをも脅かす存在です。この2011年最新作、従来のファドのスタイルを大きく超えたプロダクションでアコースティックなサウンドをリフレッシュさせながら、ファドらしい古風な部分を深めているのがすばらしい。 …

続きを読む>

go top